【ハイクラス37選!】伊豆の露天風呂付き客室がある高級宿まとめ編

(伊豆:月のうさぎ 良夜客室)

 

「伊豆の露天風呂付き客室に泊まりたい!」という方のために露天風呂付き客室のある高級宿を紹介します。

 

高級宿予約サイトの『Relux』や『一休』で予約できる宿を中心に掲載していますので、宜しければこれから予約される方はご利用下さい。

『Relux』については初めてご利用される方限定の¥5,000円OFFクーポンと使い方も解説していますので、こちらも合わせてご利用下さい。

「Relux」の初回限定¥5,000円OFFクーポンを紹介!

こちらの記事でクーポンとその使い方を紹介していますので、是非ご利用下さい。

記事:実際に『Relux』¥5,000円OFFクーポンとその使い方を解説します!

 

 

熱海エリア

このエリアは東海道新幹線も通っており、伊豆半島の入り口でアクセスが良いため高級宿が多くあります。

露天風呂付き客室がある高級宿も多く、歴史を思わせる宿からハイセンスで現代的な宿まで多様です。

 

GLAMDAY VILLA 海森風

熱海伊豆山地域にある露天風呂付き客室のある絶景の一棟貸切の別荘。最大11名まで宿泊可能です。

遠くには相模湾に浮かぶ初島が望めます。

 

テラスも広く天気が良ければ、最高でしょう。

 

室内は非常に綺麗な洋室で、客室は「庭」「葉」「風」「灯」があります。

1日1組限定で食事は素泊まりになりますが、大人数でも使えることが特徴です。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

ATAMI せかいえ

熱海の高台に位置しており、露天風呂付き客室からの眺めも抜群です。

特に最高級のスイートルーム(オーシャンビューペントハウス TSUKI NO MICHI)は大きな露天風呂が付いています。

やや北東方面に開けている宿のようです。季節によっては朝日は見にくいかもしません。

スイートルームの客室には源泉掛け流しの露天風呂が付いています。

客室はモダンで落ち着いたデザインが多くなっています。

東京からもアクセスが良く、非常にキレイで高級な宿です。宿泊料金は高いのですが、相模灘の海を見ながら源泉掛け流しの温泉に浸かってみたいものです。

 

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

熱海の山の上に位置する高級ホテルで、スイートルームに露天風呂尽き客室があります。

客室は洋風で非常にキレイな造りをしています。

熱海の高台から熱海の町並みを眺められる内装が美しい高級宿で、贅沢なフレンチもこの宿の魅力です。

 

⇒「Relux」での予約はこちら

 

 

ホテル ふたり木漏れ日

熱海から伊東へ向かう国道134号線沿いにある高級ホテルで、海を向いた造りになっているオーシャンビューの露天風呂付き客室です。温泉に浸かりながら海も見られますし、天気が良ければ朝日、月齢に合わせればムーンロードも見られそうです。

眺望の良い客室と南側の国道を向いた客室があるので海が見たい方は客室選びの際に北よりの客室を選ばれると良いと思います。(プレミアムスイートなど上位客室の方が眺めが良いようです)

 

特に眺望の良い部屋では正面の大きなガラスの向こうに雄大な相模湾が望めます。

 

朝食は和食または洋食から選ぶことができます。これだけ絶景の客室で、晴れた日には海を見ながら食事をしたいものです。

 

⇒「Relux」での予約はこちら

 

海のはな

熱海南部の網代の南側の高台に位置しており、網代湾と熱海方面の夜景が望めます。

露天風呂付き客室は和のデザインが多く、ゆったりと過ごせると思います。

外観の雰囲気も良く趣のある旅館です。

網代という交通アクセスも良い地域ですから、東京から少し伊豆に泊まりたい時には丁度良いかもしれませんね。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

熱海ふふ

「熱海ふふ」は熱海の緑に囲まれ、全室に露天風呂付き客室を備えています。

客室の色合いも落ち着いており、豪華です。

自家源泉掛け流しの温泉をゆっくりと味わえます。

熱海というとオーシャンビューの高級宿が多いのですが、緑に囲まれた場所でゆったりとしたいものです。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

熱海 石亭

熱海にある高級旅館で露天風呂付き客室は「熱海」「黄金崎」「伊東」「熱川」です。こちらは「伊東」の露天風呂です。

 

美しい庭木や灯籠がる趣のある露天風呂です。

 

露天風呂も大きな造りになっています。

 

熱海でも和の情緒を感じる風情のある旅館と言えます。

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

 

伊東〜伊豆高原エリア

このエリアは熱海よりも南部にあり、落ち着いた高級宿が多くなっています。

伊豆高原など自然の中にある宿が多くなっており、露天風呂付き客室からは海が遠くに見える宿が多くあります。

川奈別邸

伊東川奈にある5つの離れの高級宿。客室「曙」「琥珀」「珊瑚」「暁」「煌」にはそれぞれ異なる趣の露天風呂が付いています。この画像は「琥珀」の露天風呂付き客室です。

 

ここは遠くに相模湾を望みます。月の灯りが海に映える「ムーンロード」もキレイです。

 

こちらは「暁」の庭園露天風呂です。「暁」「煌」は庭園型露天風呂が設置されているのでおすすめです。空が見られる庭園型露天風呂というのは伊豆でも少ないので貴重な宿です。

川奈駅の静寂に包まれた山あいにあり、伊東や熱海とは違った情緒を感じられそうです。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

青山やまと(伊東)

南伊東駅から57号線を行くと、伊東市街地を一望できる場所に青山やまとがあります。

客席はスタンダード客室から源泉掛け流し露天風呂付き客室、源泉掛け流し露天風呂付きバリアフリールームとあり、体が不自由な方でも利用できる客室があります。

 

 

客室は落ち着いた和の空間でゆったりと過ごせます。

 

露天風呂は大きめですからゆったりと出来るでしょう。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

伊東 緑涌

伊東小涌園に隣接している宿で源泉掛け流しの露天風呂付き客室があります。どちらかというと庭園型露天風呂といえます。

客室は和室であり、2016年にリニューアルされています。

こちらは露天風呂というよりも庭園型露天風呂と言えます。ホテルのテラスにある露天風呂よりも開放的でゆったりとできるでしょう。

伊東 緑涌は伊東小涌園のすぐ隣にあります。伊東市街地から南伊東へ行った場所にあり、海は見られませんが、落ち着いて過ごせそうです。m

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

風の薫

伊東から伊豆高原方面へ向かう国道134号線沿いにあるオーシャンフロントの高級宿。全室に温泉露天風呂が付いています。

目の前が相模湾で客室によっては熱海方面、初島方面を望めます。

客室は和洋室であり、過ごしやすいデザインになっています。

この宿は目の前が相模湾の海ですから波の音を聞きながら、温泉を味わえる伊豆でも少ない宿です。

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

お宿うち山

伊豆高原の大室山付近にある全室露天風呂付きの客室で2階建ての離れになっています。

2階の露天風呂からは空を眺められ、遠くには相模湾が望めます。

客室内は和洋室であり、離れらしいゆったりと過ごせる木の造りをしています。

 

すぐ横には大室山があります。

露天風呂が大きく、家族や恋人でもゆったりとできそうです。さらに、懐石料理も美味しいようでいつかは泊まってみたい高級宿といえます。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘

伊豆高原の5,000坪ある敷地内に風光明媚な「本館」とプールや露天風呂が付いている「ヴィラ」の2タイプがあります。特に露天風呂とプールが独り占めできるというのも伊豆でも珍しい高級宿です。

 

客室の露天風呂の大きさも十分だと思います。

リゾートを思わせるような水と和のデザインの庭園です。テラスも広いのでゆったりとできます。

プール付きの露天風呂付き客室は高級で、料理も和会席やフレンチ、鉄板焼きなどがあります。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

月のうさぎ

伊豆の川奈にある絶景の全室露天風呂付きの客室で有名な「月のうさぎ」。目の前には雄大な相模湾が広がり、伊豆大島が正面に見えます。

特に客室「良夜」は敷地が広く、露天風呂にもゆったりと入れます。「良夜」はこの画像の木で出来た屋根が温泉の真上から逸れてかかるデザインになっています。出来ればこの客室に泊まりたいですね。

断崖絶壁に立っているため標高があり、景色が雄大です。

朝日はもちろん、満月であればムーンロードも見られるので趣のある宿だと思います。

テレビでも放映されたことのある絶景の宿です。温泉に浸かりながら、海を眺めるには最高の高級宿かもしれません。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

DHC 赤沢迎賓館 (伊豆高原)

伊豆高原の赤沢付近にある赤沢迎賓館では、濃縮海洋深層水の掛け流し露天風呂です。

 

客室も日本建築で落ち着いて過ごすことができます。

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

花の雲(伊豆高原)

伊豆高原にある全7室に露天風呂付き客室のある隠れ宿です。本館と別荘があり、本格は木々に囲まれた自然豊かな場所にあり、リスが飛び交うこともあるようです。

 

本館は、「麹塵 kikujin」「木蘭 mokuran藍錆 aisabi」「紅紫 koushi」「蘇芳 suou」の5室があります。

こちらは藍錆 aisabi」で客室には伊豆石の露天風呂が付いています。

 

この画像が石造りの六角形の浴槽の「麹塵 kikujin」です。

 

こちらが紅紫 koushi」で石と檜の露天風呂です。画像はありませんが、「蘇芳 suou」には檜の露天風呂が付いています。

 

そして、こちらが別荘です。「スウィートヴィラ 閑 Suite Villa kan」「スウィートヴィラ 悠 Suite Villa yu」の2部屋があります。

この画像はスウィートヴィラ 悠 Suite Villa yu」の露天風呂です。客室には展望風呂も備えられています。

別荘はそれぞれ長野県と群馬県の築100年を超える古民家をリノベーションしたもので趣と開放感が感じられます。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

茄子のはな

伊豆高原の大室山の南側に位置する「茄子のはな」は遠くに相模湾と伊豆大島が眺められます。

 

客室は全6室「まめの間」「みかんの間」「たけのこの間」「ねぎの間」「わさびの間」「ふきの間」で構成されています。この画像は「ふきの間」でチェアー付和テラスからは伊豆大島と相模湾が望めます。

 

こちらは「まめの間」で、4名ほど入れる大きな専用露天岩風呂が付いています。

客室は温かみがある和室が中心になっており、部屋食であるためゆっくりと過ごすには最適な宿だといえます。

 

⇒「Relux」での予約はこちら

 

東伊豆(伊豆北川〜伊豆稲取エリア)

東伊豆エリアは伊豆北川や伊豆熱川、稲取などが中心でここは海までの距離が非常に近い宿が多くあります。

客室や露天風呂からは「朝日」や「ムーンロード」なども見られる所が多く、是非泊まってみたいエリアです。

つるや吉祥亭(伊豆北川)

伊豆北川の道路を挟んで海の目の前に立っている旅館です。波の音を遠くに聞きながら、温泉を楽しめます

ここは庭園型露天風呂付き客室が3室あります。「伽羅」「潮騒」「瑠璃」の3室でそれぞれ露天風呂の特徴があります。

まずこれが「伽羅」です。

こちらは正面に伊豆大島が見られます。

そしてこちらが「潮騒」です。

 

そしてこちらが「瑠璃」です。こちらは岩風呂となっています。

 

他にも一般客室や露天風呂付き客室もありますが、つるや吉祥亭に来たらこの3部屋が特に泊まりたい部屋でしょう。

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

風月無辺(伊豆大川)

風月無辺は伊豆大川の山の上に駿河湾と相模湾を見下ろす場所にあります。一般客室と離れがあり、特に離れの露天風呂からの眺めは絶景です。こちらは離れの特棟の露天風呂です。

 

こちらは離れの2階建て客室の露天風呂です。

 

こちらも露天風呂に入りながら、遠くに相模湾が眺められます。

 

客室は和モダンタイプで部屋からも海が見られそうです。

 

ここは伊豆の山の上にあり、星がキレイだそうです。露天風呂にゆっくりと入りながら相模湾を眺められうこともおすすめです。

⇒ 「Relux」で予約する

粋光(伊豆熱川)

伊豆熱川の南側の高台に位置している旅館で、最上階には露天風呂付き客室があります。

高台なので遠く伊豆大島まで眺められる、眺望が素晴らしい宿です。

客室から海が眺められる和室の客室です。

露天風呂付き客席は特別客室のみなので、一般客室には付いておりません。

 

⇒ 「Relux」で予約する方はこちら

 

食べるお宿 浜の湯(伊豆稲取)

伊豆稲取の金目鯛の煮付けと朝晩舟盛りを客室で楽しめる宿として有名な浜の湯です。どちらかというと「食べる」ことに定評があります。

ここ数年リニューアルが増え、露天風呂付き客室が新しくなっています。

こちらが2017年にリニューアルした「」

 

こちらはタイプAの客室です。奥にハンモックもあります。

 

こちらも客室の露天風呂から伊豆大島方面の海を眺めることができます。

 

こちらは新しく改装された客室の露天風呂です。

 

こちらはタイプGの客室で露天風呂が付いています。

 

露天風呂付き客室のタイプが多いため、浜の湯に泊まられる場合は「客室の選別」はしっかりとされた方が良いと思います。

 

「風音」や「タイプA」や「タイプB、C」などは室内もモダンなデザインになっています。

 

浜の湯は大浴場が屋上にあり、そちらも有名ですが、露天風呂付き客室が多いので大浴場の人が少ないことがあります。露天風呂付き客室に泊まっても屋上の大浴場もおすすめです。

⇒「Relux」での予約はこちら

 

玉峰館(河津)

大正15年に創業した歴史のある宿で大人2人が入れるほど広い露天風呂が付いています。

 

露天風呂は「露天風呂付き客室」と「離れ」にのみ付いています。こちらは「離れ(和室)」で源泉掛け流しになっています。

 

こちらは露天風呂付き客室の露天風呂です。

河津桜が咲く季節には、この宿に立寄ってみたいですね。

 

⇒ 「Relux」で予約する方はこちら

 

いなとり荘(伊豆稲取)

伊豆稲取の南部、海の目の前に位置する「いなとり荘」の「潮騒倶楽部」には露天風呂付き客室があります。テラスに露天風呂が設置されているので温泉に浸かりながら海を眺めることができます。

これが客室(星辰)です。「星辰(せいしん)」と「粋(すい)」は東側の角部屋であり、朝日も見やすいことが特徴です。

 

そしてこちらが「暁」です。この客室は露天風呂が石(御影石?)で出来ています。

 

客室もリニューアルされたので新しく、キレイなデザインになっており、洗面台、シャワー室から露天風呂に入れます。

 

そして、こちらが「暁」の客室です。

 

いなとり荘は最上階の6階が「燎」「海月」「颯々」そして角部屋の「星辰」。そして五階は「暁」「海邦」「月灯」「恵海」そして角部屋の「粋」です。

角部屋を希望する方は「星辰」「粋」が朝日も見やすく(東側を見やすい)おすすめです。しかし、2017年現在は東側の隣に廃墟ホテルがあるのでそこが気にならない方なら。

「星辰」「粋」は大人2人で一人24,000円くらいで泊まれるのでカップルや夫婦での旅行にはリーズナブルな方だと思います。

実際に「いなとり荘 潮騒倶楽部 粋」に泊まった内容を簡単にレポートしていますので、これから宿泊を検討されている方は以下の記事を参考にどうぞ。

関連記事:実際に『いなとり荘 潮騒倶楽部《粋》』の露天風呂付き客室に宿泊!私の口コミも最高です!

 

⇒ 「Relux」で予約する方はこちら

 

稲取東海ホテル(伊豆稲取)

稲取東海ホテルでは一部の客室に露天風呂が付いています。高級宿としては他の宿よりもリーズナブルに宿泊できます。

 

客室によっては樽型の露天風呂もあります。

 

この宿も客室によって露天風呂のタイプが異なりますので、予約前に露天風呂のタイプをチェックしておかれると良いでしょう。

この稲取地域は海の前に「浜の湯」「いなとり荘」「稲取銀水荘」などの高級宿が沢山あるため競争が熾烈です。この宿は露天風呂付きでも比較的安く泊まることができます。

 

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

稲取銀水荘(伊豆稲取)

伊豆稲取の高級旅館の銀水荘がリニューアルし、露天風呂付き客室がオープンしました。銀の栞と言われるスイートルームや2018年にリニューアルしたラグジュアリールームなどはモダンなデザインになっています。

 

こちらはスイートルームの客室で、客室には露天風呂が付いています。

 

展望露天風呂からは下田方面の海も見られます。

 

こちらは2018年にオープンしたラグジュアリールームです。「茜」「黄はだ」「紺碧」「小紫」「朱砂」「琥珀」「山吹」があります。こちらも展望露天風呂付き客室で室内は高級な造りになっています。

 

フローリングと畳の両方があり、どちらでも過ごしやすいでしょう。

 

他にも一般客室もありますが、高級な客室でゆったりとしたいものです。

⇒「Relux」で予約する方はこちら

 

下田エリア

伊豆半島の最南端の下田エリアは海が大変キレイです。

 

別邸 洛邑(下田)

国道135号線沿いにある交通アクセスの良い高級旅館です。全客室には源泉掛け流しの露天風呂が付いています。

 

目の前が下田の外浦海岸です。

下田のキレイな海岸の目の前にあるいつかは泊まってみたい高級宿でしょう。

⇒「一休」で予約する

 

里山の別邸 下田セントラルホテル(下田)

伊豆下田の稲生沢川沿いにある里山の自然を楽しめるホテルです。露天風呂付き客室は3タイプあり、露天風呂付き客室では「陶器・御影石・ひばの湯船」、庭園露天風呂付き客室では「檜・岩・石」、そして庭園型露天風呂付き特別室があります。

まずこれは陶器の露天風呂付き客室です。

 

こちらは御影石の露天風呂です。

 

そしてこちらが庭園型露天風呂です。

この宿は、海が見えない立地で露天風呂付き客室が比較的安く泊まれる下田の穴場の高級宿です。

 

⇒ 「Relux」で予約する

 

 

下田大和館(下田)

下田大和館は下田の多々戸浜海水浴場の隣に位置する旅館です。下田の透明度の高い多々戸浜が目の前にあり、オーシャンビューの絶景です。

 

ここは露天風呂付き客室が豊富で、「コーナースイートの212号室」「ワイドデッキスイートの206号室」「特別室415号室」「信楽焼の露天風呂付き客室」「伊豆石の露天風呂付き客室」とあります。温泉のタイプは濾過循環式です。

 

こちらはワイドデッキスイートの専用露天風呂です。

 

そしてこちらは伊豆石の露天風呂です。

 

下田大和館は比較的安く泊まれる露天風呂付き客室の宿です。一般客室には露天風呂が無いので気をつけて下さい。

⇒ 「Relux」で予約する

 

 

中伊豆:伊豆長岡〜修善寺〜湯湯ヶ島エリア

東府や Resort&Spa-Izu(中伊豆)

吉奈温泉は奈良時代に行基が発見したという名湯です。ヴィラスイート蔵・ヴィラスイート別邸では、目の前の川のせせらぎの音を聞きながら、温泉を楽しむことができます。

 

こちらはヴィラスイート蔵です。吹き抜けの2階建てになっています。

 

中伊豆の自然が豊かな山あいにあり、竹林のライトアップも大変キレイです。

 

この宿の露天風呂付き客室はスイートルームで一人3万円はします。自然に豊かな地域にあるいつかは泊まってみたい宿と言えます。

 

⇒「Relux」で予約する

 

 

雲風々 -ufufu-(中伊豆)

中伊豆の修善寺から天城・下田方面に向かった月ヶ瀬温泉にあります。目の前には狩野川が流れる趣のある宿です。「OUMEI~鶯鳴~」「SASANE~笹音~」「SEIFU~栬風~」「GEKKYOU~月響~」「SENKA~茜香~」「RYUSEI~流清~」「KEIKA~蛍火~」の全7室。こちらは「OUMEI~鶯鳴~」で露天風呂付専用テラスのある客室です。

 

そしてこちらは「SASANE~笹音~」です。

 

こちらは中伊豆でも一人3万円を超える高級宿です。しかし、大事な時に利用したいと思える宿と言えます。

⇒「Relux」で予約する

 

嵯峨沢館(中伊豆)

狩野川を望む静かな宿で源泉掛け流しの露天風呂です。

 

下田街道を南下し、天城に近いところに嵯峨沢館は位置します。鶯の鳴き声や蛍が見られる程、自然が豊かな場所です。

 

お風呂は源泉掛け流しで和の情緒を活かした客室になっています。

大人2人で7万円は超える程の高級宿ですが、料理も美しくいつかは足を運びたい宿です。

 

⇒「Relux」で予約する

 

湯めぐりの宿 吉春(伊豆長岡)

伊豆長岡にある露天風呂付き客室のある高級宿です。露天風呂付き客室には「メゾネットスイート(竜田・逢菜・羽衣・隅田・千鳥・芙蓉)」「スイート(胡蝶・浮舟・夕霧・平安)」の客室があります。こちらは夕霧の客室です。

 

そしてこちらは胡蝶です。檜の露天風呂と伊豆石の内風呂が備えられています。

 

一人あたり4万円を超える高級宿ですからいつかは足を運んでみたいですね。

⇒「Relux」で予約する

 

西伊豆エリア(沼津〜戸田〜土肥〜堂ヶ島エリア)

西伊豆は駿河湾に面しており、富士山が見られる宿や海に沈む夕陽が見られる宿がある隠れスポットです。

熱海や伊東の東伊豆エリアよりも安い高級宿が多く、大変おすすめです。

 

粋松亭(土肥)

土肥港の目の前にあり、駿河湾に沈む夕陽を見られる粋松亭です。

露天風呂付き客室には「やさしさに包まれて」「ほほえんで見つめて」など多数あります。

 

この宿の特徴は西側に開けているため駿河湾に沈む夕陽を見ることができます。公式hpを見る限りでは「ほほえんで見つめて」という客室からは直径190cmの露天風呂に入りながら、夕陽を見ることができます。

 

この宿に付いている露天風呂は最低でも直径150cm、最大は直径190cmと非常に大きく作られています。

西伊豆の温泉に浸かりながら、駿河湾の夕陽を眺めたいなら粋松亭がピッタリだと思います。

 

⇒「Relux」で予約する

 

 

森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷(土肥)

古民家風の離れの高級宿で露天風呂付き客室が人気です。海沿いではなく、山の麓にあり、駿河湾を望めます。

全8室の離れの客室には厳選掛け流しの露天風呂が付いています。客室は吹き抜けタイプの「茜」「潮」「蛍」と平屋タイプの「橙」「筍」「蕪」「菫」「鶉」です。上記の画像は「菫」の露天風呂です。

 

こちらは「蕪」の客室で石の露天風呂です。客室によって露天風呂の形やタイプが異なるので、確認されることをおすすめします。

 

⇒「一休」で予約する

 

 

和の匠 花暖簾(土肥)

土肥温泉にある全5室の宿。松籟の客室には露天風呂が付いています。(他は露天風呂なし、または半露天風呂のみ。)

 

松籟には石をくり抜いた露天風呂があります。

 

こちらは部屋食であるためゆったりと過ごすことができます。

土肥でゆったりと過ごすには大変いい宿でしょう。

 

⇒「Relux」で予約する

 

 

牧水荘 土肥館(土肥)

詩人の若山牧水が泊まっていたことでも知られている宿です。

「倶楽部 海の聲」の「牧水」「禅」「慧」「庵」には露天風呂が付いています。

 

特にこの「牧水」の客室は2016年にリニューアルされ、直径150センチの特大樽露天風呂があります。

 

こちらは「禅」「慧」「庵」の露天風呂付き客室です。

 

土肥の中では比較的安く泊まれる歴史のある高級宿です。

 

⇒「Relux」で予約する

 

 

新・海花亭いずみ(土肥)

土肥の市街地の南端にある旅館で国道136号線沿いにあります。駿河湾を北側に望み、目の前にある土肥フェリー乗り場*(注1)に清水港からの船が往来します。(注1 2019年3月末でフェリーは運行中止 *追記 2018年 駿河湾フェリー存続の可能生へ)

 

最上階の「桜桃花」は直径2mの檜露天風呂付き客室であり、源泉掛け流しです。

 

源泉は約50度を超えるようですが、薄めることで調整も可能なようです。

 

新海花亭は最上階の露天風呂付き客室が素晴らしいので、いつか泊まってみたい西伊豆の宿だといえます。

⇒「Relux」で予約する

 

 

富岳群青(南土肥)

土肥市街から国道136号線を松崎方面に行くと

全室露天風呂付き客室で富士山を望める眺望が売りです。

 

客室は「虹の端」「雲引き」「潮満つ」「山の音」「海の丘」「波の風」「沖の嶺」「月待つ」の全部屋で、それぞれ多少異なり、「御影石の露天風呂」または「檜の円形樽風呂」が付いています。

 

富士山を眺めながら温泉に浸かれば、都会での喧騒も忘れて過ごすことができます。

 

西伊豆で富士山と駿河湾を一緒に眺められる数少ない高級宿です。

 

⇒「一休」で予約する