【私が行って良かった】伊豆の観光地と旅館を紹介!私の評判と口コミでランキング紹介しています!

【私が行って良かった】伊豆の観光地と旅館を紹介!私の評判と口コミでランキング紹介しています! 伊豆

 

実際に伊豆へ行った際に「ここへ来て良かった!」と私が感じた場所を紹介します。
観光地から宿泊するホテルや旅館も紹介していますので、参考情報としてご活用下さい。

ページ最下部でここで紹介している観光地や旅館・ホテルなどの記事も紹介しています。

 

熱海〜伊東〜東伊豆エリア

熱海は東京からも東海道新幹線・自動車でもアクセスしやすい伊豆の限界口です。
近年は再開発が進み、リゾート旅館やタワーマンションまで建設されるほどです。

熱海サンビーチ:伊豆の玄関口最大のビーチ

熱海サンビーチ

熱海の有名な海水浴場で夏場は家族連れで大賑わいになります。
夏期以外でも花火大会が開かれることから、人気のあるビーチです。

 

熱海サンビーチの海水のキレイ度

海水は非常に透明でキレイです。
小田原を過ぎて根府川を超えると、水がキレイになりますが、ここは特にキレイでした。

 

熱海城:熱海を見下ろす絶景の天守閣

熱海城

熱海市街地から南の高台を見ると、佇んでいる熱海城です。
中に入ると、武家文化資料館で刀を触ったり、天守閣からの熱海の街並が見られます。

 

熱海城天守閣からの眺め

天守閣からの眺めは、熱海市街地が一望できますし、東は相模湾や初島、南には伊豆大島も見えます。
熱海へ旅行へ行くならば、景色のためにも立寄りたい場所です。

 

【味くらべ】活魚や海産物が食べられる網代のお店

味くらべの入り口

伊豆網代の国道沿いにある海産物の飲食店です。
店の前にはいけすがあり、サバやイカ、イナダや鯵、カワハギに石鯛など様々な魚が泳いでいました。

 

味くらべの活けサバ

この日はサバがいたので活けサバを食べてみました。
アニサキスが心配でしたが、活けサバを食べる機会はまず無いので良い経験になりました。

 

伊豆スカイライン

伊豆スカイライン

伊豆スカイラインは箱根峠から国道で南下し、熱海から天城高原までを結んでいる道路です。
見晴らしが良い区間が多く、夏は気持ちよくドライブできるのでおすすめです。

ちなみに伊豆スカイラインから箱根を経由して東京に帰られると、渋滞を避けられる近道になります。(関連:箱根カテゴリー)

 

伊豆スカイライン滝知山展望台

ここは滝知山展望台で、熱海と相模湾の景色や反対側には沼津市街地と富士山、駿河湾も望むことができます。
私もここが好きなので、伊豆スカイラインを走る時は休憩に利用しています。

 

大室山:プリンをひっくり返したような形の休火山

大室山のリフト

大室山は、伊東付近から見えるプリンをひっくり返したような形をした山です。
リフトで山頂へ行くことが可能で、これがまた急勾配ですから、高所恐怖症の方は絶対に後ろを見ないことです。

 

大室山からの眺め

山頂からは伊東市街、富士山、相模湾、伊豆大島や伊豆七島、天城山が見られます。

 

熱川館:海の目の前のオーシャンビュー旅館

熱川館から海を眺める

伊豆熱川の海の目の前にあるオーシャンビューの旅館です。
客室の大きな窓からは相模湾と伊豆大島が正面に見られますから、海を見て一息付くには最適です。

 

熱川館からの眺め

海好きな方にはたまらない旅館だと思いますし、料金も大人¥15,000円ほどで部屋食です。
高級宿ではありませんが、東京から「海を眺めたい」と思った時には行きやすいので、非常にコストパフォーマンスが良い宿だと思います。
天候や時期が合えば、朝日やムーンロードを見ることもできます。

 

いなとり荘:伊豆稲取の絶景旅館

潮騒倶楽部 粋

伊豆稲取の南側にある旅館で、まさに海の目の前にあるオーシャンビューです。
この客室は「粋(すい)」で、テラスには椅子とテーブル、この画像の右側には露天風呂も付いています。

 

早朝の朝日

露天風呂からは海が見え、遠くに伊豆七島も見られます。
夜は漁船の明かりを眺め、早朝には朝日を浴びて露天風呂に入るという贅沢を堪能しました。
露天風呂付きの宿の中では安い方ですから、比較的泊まりやすい宿です。
海好きの方の宿泊先としてはきっと喜ばれるだろうと思います。

南伊豆エリア

海の目の前:下田プリンスホテル

下田プリンスホテルからの日の出

白浜大浜海岸の目の前にあるプリンスホテルです。
東側が相模湾なので、季節が合えば、朝日を見て起床したり、夜にはムーンロードを見ることもできます。

 

下田プリンスホテルの客室からの眺め

部屋からも海が見え、テラスに出ると潮風を浴びることができます。
風が強く、虫も多いのですが、真下にある海水浴場に階段で下りることが出来るので、ちょっと海を楽しみたい時の旅行にも最適です。

 

下田ペリーロード:かつてペリーが歩いた道

下田ペリーロードの川

下田市街地から南へ行くと、歴史情緒の残る街並ペリーロードがあります。
小川に垂れる柳とナマコ壁の建物が風情を感じさせます。
近辺には雑貨屋・カフェ・飲食店があり、一休みすることもできます。

 

下田ペリーロードの灯り

このように小さな照明も「黒船」がデザインされていて面白い場所です。
下田は日本の開国の地ですから、このような地域の特性が見えることも、この場所に訪れるべき理由です。

西伊豆・沼津エリア

西伊豆黄金崎

黄金崎の画像

西伊豆の黄金崎は夕陽を浴びると「黄金」に輝くことから名付けらました。
この画像の馬の顔のような大きな岩が、夕陽を浴びると黄金色に輝きます。

ここの海水は非常にキレイで、近くには海水浴場もあります。

 

恋人岬

恋人岬

伊豆黄金崎と堂ヶ島の間にある観光スポットです。
この画像の場所から海岸方面へ歩くと、駿河湾の目の前に開けた場所があり、そこに大きな鐘があります。
この鐘を3回鳴らしながら、好きな人の名前を叫ぶと愛が実るらしいのですが、恥ずかしいので止めました。笑

 

たたみの湯:土肥温泉の海辺まで0mの宿

西伊豆土肥の画像

西伊豆土肥の土肥海水浴場の目の前にあるオーシャンビューの旅館です。
この画像の黄色の建物が土肥たたみの湯 湯の花亭です。

 

畳の湯 湯の花亭の露天風呂付き客室画像

一部の客室には露天風呂が付いており、波音を聞きながら露天風呂に浸かることができます。
土肥は夕陽がキレイな場所であり、4〜9月は特に夕陽が見やすいそうです。

 

土肥:旅人岬

旅人岬と夕陽の画像

旅人岬は、土肥と小土肥の間にある小さなパーキングです。
パーキングといっても駐車場があり、海が見えるだけです。
ここから見る夕陽は大変キレイで、揺らめく波が赤く染まり、潮の香りを感じながら、明日に沈んでいく夕陽を眺めることが出来ます。

 

戸田:出会い岬

出会い岬からの画像

戸田から井田、大瀬崎方面へ向かう高台にある展望地です。
戸田と御前浜、駿河湾を一望できる絶景の場所です。

 

出会い岬と夕陽の画像

こちらも駿河湾に沈む夕陽を見ることができますが、先に紹介した旅人岬の夕陽とは一味違います。
こちらは高台であり、旅人岬のような波音もまったく聞こえません。

 

この高台から見る夕陽には魅力があり、静かな夕陽だと言えます。
まるで絵画の作品を見ているかのように、時間の流れを忘れさせてくれます。

 

私が以前行った江ノ島シーキャンドルのような高台から見る夕陽ですが、ここは江ノ島と違って人が少なく、哀愁漂うような味のある夕陽が楽しめるのでおすすめです。(関連:湘南カテゴリ)

 

 

西伊豆スカイライン

西伊豆スカイラインの夕陽の画像

全く車通りがないドライブスポットですが、富士山や戸田の街並が見えます。
東伊豆の伊豆スカイラインと違って人も車もいませんが、鹿はときどき見ます。
むしろ鹿の方が多いのではないかとも思います。笑

 

西伊豆スカイラインからの夕陽

ここではススキが風で揺れる音を楽しみながら、駿河湾と夕陽を見ることができます。
夕陽の街西伊豆を密かに楽しめるスポットとも言えますから、ちょっと一息つきたい時に最適な場所です。

 

井田地区:煌めきの丘

戸田の井田地区と富士山の画像

沼津戸田と大瀬崎の間にある小さな集落です。
ここから眺める富士山と駿河湾はまさに絵になる絶景の眺めです。

 

沼津内浦:最近はラブライブで町おこし

沼津内浦漁港周辺

沼津市内浦は静かな港町で、戸田や土肥へ向かう際に立寄りたい場所です。
最近ではラブライブというアニメの舞台になったらしく飲食店のお店にもカレンダーが貼ってありました。

 

淡島と富士山

ここは手前に見える淡島と駿河湾、奥にそびえ立つ富士山の眺めが最高です。
近くには活けアジが食べられる「いけすや」、高級旅館の「松濤館」、子供が喜ぶ「三津シーパラダイス」があります。

(関連:旅行カテゴリ)

 

 

 

伊豆

民話:富戸の海坊主 〜柄杓を貸すと海水を船に注ぐため、以後柄杓を貸す時は穴を開けた話〜

まるで鏡のように太陽を反射する大海原が広がる富戸には『富戸の海坊主』という昔の民話が残っています。 日本で2番目に深い相模湾には、このどこかに本当に海坊主がいるのかもしれません。 富戸の海坊主 昔、富戸の漁師が...
伊豆

民話:沼津西浦木負の仙人のみかん ~大きなみかんの中には囲碁を打つ2人の老人がいた~

沼津の西浦木負地区はみかんが有名ですが、ここには昔の面白い民話が残ります。 沼津西浦木負の仙人のみかん かつて広いみかん山を持つ男が、ここ西浦の木負に居ました。 みかんの当たり年にも関わらず、この年だけは1つもみかんを...
伊豆

民話:日金山の鬼 〜魂は全て日金山へ向かう話〜

伊豆では亡くなった魂が日金山へ向かうと言われています。 この民話も日金山で鬼が魂が来るのを待っていた話です。 日金山の鬼 日金山はお彼岸の時期にお参りをすると、すれ違う人の中に亡くなった親しい人がおり、会うことができる...
伊豆

民話:かっぱの瓶 〜河津谷津のかっぱが命を助けてもらった和尚さんにお礼の瓶を渡した昔話〜

河津の谷津にはかっぱの瓶の民話が残ります。 かっぱの瓶(かめ) むかしのこと、谷津を流れている河津川には河童が住んでいた。 その河童はしばしば村人に悪さをしており、何かが起こると村では「河童のしわざ」とわかるほどでした...
伊豆

【絶景】西伊豆スカイラインは海と夕陽が眺められるバイク・車好きにはタマラナイドライブスポットです。

西伊豆スカイラインは戸田峠から西天城高原までを結び、富士山や駿河湾、そして雄大な夕陽が見られる絶景のドライブスポットです。 ここは東京からも離れており、伊豆スカイラインや芦ノ湖スカイラインのようにバイクや車も走って...
伊豆

伊豆七不思議と昔から伝わる伝説・民話・史跡など

伊豆に伝わる七不思議や伊豆の民話や伝説・史跡に関係する情報などを複数紹介しています。 伊豆の七不思議 独鈷の湯 修善寺の目の前にあり、修善寺温泉を象徴する景色として使われることも多い温泉です。 かつて弘法大師...
伊豆

民話:三島の言成地蔵尊と小菊 〜参勤交代の列を横切った小菊が手を合わせて願ったものの…

これは伊豆三島に残る昔の民話です。 当時のお話ですが、現在読んでみると心が痛い思いです。 三島の言成地蔵尊と小菊 かつて三島の宿を明石城主の松平若狭守が江戸へ向かう参勤交代の列を組み通っていたときのことです。 当時三...
伊豆

民話:函南のこだま石 おらくと与一が熱海まで野菜を売りに行った際の休憩で腰掛けた大きな石

伊豆の別荘地である函南に伝わる少し悲しい民話です。 函南のこだま石 昔、百姓の夫の与助と妻のおらく、その子の与一が住んでいた。 与助は北条の出城であった山中城へかり出されたが、その後戻ってくることはなかった。 ...
伊豆

伝説:天城の七滝 〜河津七滝の由来は3人の兄弟天狗が大蛇を退治して、七つの樽を滝に流したこと〜

昔の伊豆の民話には天狗と河津七滝の話があります。 河津七滝と天狗 むかしのこと、伊豆には万太郎・万次郎・万三郎という三人兄弟の天狗がいた。 万太郎は西伊豆の達磨山、万次郎は天城の万次郎岳、万三郎は万三郎岳に住ん...
伊豆

民話:江戸時代の徳川幕府に献上された熱海”あつうみ”のお汲み湯 〜家康は大の温泉好きだった〜

ここ熱海の温泉は、すでに江戸時代には徳川家康から気に入られていました。 あつうみのお汲み湯 その昔、熱海は海底から熱い温泉が湧き出しており、魚も住めないような熱い海だった。 そのことから熱海は「あつうみ」といった。 ...
伊豆

伝説:〜大蛇と小杉原と蛇岩〜 甲斐の国から父親の仇を打ちに来た2人の娘が大蛇を倒した話

伊豆の稲梓から西伊豆の松崎へ抜ける婆娑羅峠近くには、大蛇に関する民話が残っています。 これは勇敢な2人の娘が父親の仇を打ったお話です。 大蛇と小杉原と蛇岩 むかし婆娑羅峠の近くに、大蛇が住んでおり近くの旅人や里...
伊豆

民話:土肥金山と棺桶 〜江戸時代に出世した大久保長安が金山の欲に溺れて転落した民話〜

土肥金山にはかつて大久保長安という金山奉行がいました。 この民話はその長安の栄華と転落のお話です。 土肥金山と棺桶 江戸時代の徳川家康が治める慶長のとき。 佐渡と並ぶ金が取れる事で有名だった土肥金山の金山奉行に大久保...
伊豆

【絶景】伊豆戸田の出会岬は、オレンジ色に染まった大海原に静かな夕陽が沈む絶景スポットです。

戸田の「出会い岬」は西伊豆の高台から「静かで雄大な夕陽を楽しめるスポット」です。 波が静かに揺らめき、駿河湾をミカン色に染めながら沈む夕陽を見れます。 前回紹介した「旅人岬」から県道を山道を戸田方面へ抜けて向かい、そ...
伊豆

【熱海の高級旅館7選】相模湾の絶景や源泉掛け流し温泉、露天風呂付き客室などを楽しめるおすすめ宿を紹介!

このページは 「熱海の高級旅館に泊まりたい」 「熱海の源泉掛け流しの温泉でゆったりと過ごしたいな」 と悩まれている方向けのページです。 この画像のように、海に面した熱海は「東洋のナポリ」とも呼ばれる美しい...
伊豆

【行ってみた】熱海城の天守閣からは相模湾と市街地の大絶景。武家文化資料館も併設されており刀を触ることもできます。

熱海市街地の南部にある「熱海城」へ行ってきました。 みなさんお気づきだと思いますが、熱海へ向かう国道や熱海サンビーチからも見ることができる南側の高台に建っているあのお城です。 元々は1959年に建てられたもので歴史的に存在し...
伊豆

「熱海温泉七湯巡り」をすると、熱海の歴史ある源泉と温泉街としての情緒を探ることができます。

熱海七湯とは 熱海温泉の由来は、坪内 逍遥の「熱海ベージェント」によると、”今をさること1千数百年のむかし、温泉凄まじくこの海上に湧き昇って、浦浪ことごとく熱湯となったりければ、このあたりをあつうみが崎と呼びぬ”とあります。 そ...
伊豆

【実際に行ってみた】熱海サンビーチはキレイな水質で海水浴に最適です。夜にはライトアップもされます。

熱海サンビーチは海水がキレイで、リゾートのような雰囲気もあり、ぜひ家族連れやカップルで行きたい場所と言えます。 ちなみに水質も最高ランクで、平成30年度の静岡県の海水浴場水質検査データでは熱海サンビーチは水質区分が「AA」...
伊豆

熱海梅園の「もみじまつり」は紅葉がキレイ!見頃は12月の初旬から12月の上旬頃までくらいだと思います。

11月中旬~12月上旬の「熱海梅園もみじまつり」に行ってきました。 日中は紅葉がキレイなもみじを楽しめ、夜間は紅葉のライトアップが見られますから、若いカップルも楽しめそうです。(ちらほらと若い方がいました) 特に...
伊豆

下田バーガーは金目鯛とチーズが相まって美味しい!下田では是非食べておきたいグルメです。

下田バーガーとは? 下田バーガーは下田名物の金目鯛のフライが入ったハンバーガーです。 チェダーチーズともう一種類のチーズが入っており、大人の男性が口を広げても入らなくほど大きなハンバーガーです。 金目鯛は伊豆下田の...
伊豆

下田ペリーロードは蔵と小川の風情ある街並。カフェや雑貨屋も併設されています。

下田のペリーロードは、下田に入港したペリーが了仙寺まで歩いたとされる平滑川沿いの風情が残る小さな街並です。 観光客は疎らで賑わいがありませんが、それがまた情緒を感じさせてくれる場所だと感じました。 古民家やなまこ壁の家・...
伊豆

【実際に行ってみました】下田プリンスホテルは海が絶景!海水浴場も目の前で夏場はおすすめです。

この旅行記を見て、下田プリンスホテルに行ってみたいと思いました。 テラスからは雄大な相模湾が見える大絶景で、夏は浜辺に降りて海水浴も出来ます。 子供と一緒に家族で海水浴なんか最高ですね、白浜の海は綺麗ですから! さ...
伊豆

【海水浴場が目の前!】伊豆の家族旅行で泊まりたいおすすめの宿15選

このページは 「伊豆の海水浴場が近い旅館ってどこ?」 と悩まれている方向けのページです。 ここでは宿から近い海水浴場の紹介と静岡県の公式HPから海水浴場の水質情報も合わせて紹介していきます。 ...
伊豆

伊豆網代の「味くらべ」はおすすめ!活けイカやアジ、活けサバなど伊豆の海鮮が楽しめます!

「味くらべ」は伊豆の海鮮や活魚を食べたい時に、伊豆旅行では必ず寄りたいお店です。 味くらべは伊豆の網代にある海鮮・活魚を楽しめるお店です。値段はやや高めの観光地価格です。 国道沿いにあるのですぐに見つかります。運転が得意な方なら...
伊豆

伊豆スカイラインの《滝知山展望台》は熱海や相模湾、駿河湾が望める絶景。深呼吸をして休憩するには最適のスポットです。

滝知山展望台は伊豆スカイライン上にあるちょっとした休憩所です。自動販売機もお手洗いもありませんが、熱海市街地と相模湾、沼津や駿河湾が望める絶景スポットです。 画像では小さいのですが、熱海港に入港する船舶や東京へ向かう東海道新幹線が...
伊豆

【ハイクラス20選】伊豆の露天風呂付き客室があるハイクラス宿のまとめ編

伊豆のハイクラスな露天風呂付き客室がある旅館・ホテルをまとめています。
伊豆

【旅行記】実際に伊豆の「熱川館」に行ってきました。オーシャンビューの絶景です!

熱川館は目の前がオーシャンビューの絶景旅館です。 晴れた日には伊豆大島が見られ、朝日はもちろん、満月にはムーンロードも見えるでしょう。 ここは客室の窓も大きいため海を眺めることが好きな方にはおすすめの宿です。 ...
伊豆

実際に伊豆高原の大室山に言ったら「絶景」でおすすめ。リフトはかなり急斜面で怖いです。

伊豆高原の大室山からは伊東市街〜伊豆大島〜伊豆七島の大絶景が広がります。 実際に伊豆の大室山に行ってきました。 東京からのアクセスは伊豆高原から脇道に入り、10分くらいです。 日帰り旅行はちょっとキツいと思いますね、こ...
伊豆

実際に『いなとり荘 潮騒倶楽部《粋》』の露天風呂付き客室に宿泊!私の口コミも最高です!

伊豆の稲取にある「いなとり荘 潮騒倶楽部 粋」に行ってきました。 今現在、いなとり荘の潮騒倶楽部の宿泊を考えている方に向けて紹介をしたいと思います。 結論を言うと、「露天風呂付きの客室で海を見ながら入...
伊豆

【⑤宿】西伊豆の「露天風呂付き客室」がある高級旅館⑤宿とカジュアルに泊まれる温泉旅館④宿

このページは 「西伊豆で露天風呂付き客室を探している」 「西伊豆の高級旅館はないかな?」 と考えている方向けのページです。 西伊豆は熱海や伊東、東伊豆よりも安く泊まれる露天風呂付きの高級旅館があります。 ...
伊豆

【厳選22選!】いつかは泊まりたい伊豆の高級旅館とホテル「まとめ」

特に伊豆では 「オーシャンビューのホテルに泊まりたい」 「舟盛りが食べられる宿が良い」 「川沿いのひっそりとした隠れ家に泊まりたい」 「海に浮かぶ朝日やムーンロードが見たい」 といった希望が...
伊豆

『オーシャンビュー』西伊豆で夕陽が見えるおすすめの温泉旅館・ホテル

このページは 「西伊豆でオーシャンビューの宿に泊まりたい」 「西伊豆で夕日を見たい!」 と思われている方向けのページです。 西伊豆は西側に駿河湾があるため、夕日がキレイに見えることでも有名な観光地です。 有名な...
伊豆

西伊豆のおすすめホテル(客室露天風呂付きなど)を紹介します

西伊豆の客室露天風呂付きのホテル・温泉宿を紹介します。 西伊豆にも東伊豆に負けないような客室露天風呂のあるホテルや温泉宿が多くあり、できれば西伊豆の名物の夕陽と一緒に楽しめると旅自体が楽しくなり最高です。 以下の...
伊豆

実際に西伊豆の土肥『たたみの湯 湯の花亭』へ行ってきました。

「たたみの湯 湯の花亭」は駿河湾の目の前(オーシャンフロント)です。料金も安めでコストパフォーマンスは最高 今回の「たたみの湯 湯の花亭」の宿泊料金は1人約2万円です。 「たたみの湯 湯の花亭」の露天風呂付き客室プラ...
伊豆

夕日好きな私が西伊豆の夕陽について基本からおすすめスポットまで徹底的に教える

西伊豆は最高の夕陽が見える 西伊豆は西に駿河湾と南アルプス、北に富士山を望める絶景エリア。また岩礁地帯であるため断崖絶壁が多く、熱海や伊東に代表される東伊豆よりもダイナミックな夕陽が見られる。 海抜0メートルの浜...
伊豆

【オーシャンビューの絶景!】海好きにおすすめ、海が見えるおすすめの伊豆の温泉・ホテルを紹介

このページは 「伊豆に行くなら海の見える旅館が良いな!」 「オーシャンビューのホテルに泊まりたいな〜」 「海を見ながら、ずっとボーッとしてたいな」 と思われる方向けのページです。 せっかく伊豆に...
スポンサーリンク