【5宿!】淡路島のおすすめの高級旅館・高級リゾートホテルをオーシャンビューから露天風呂付きまで紹介します。

 

淡路島のあわじはなさじき

淡路:あわじはなさじき(5月上旬)

 

「淡路島の高級旅館ってどこだろう?」
「海の見えるオーシャンビューのホテルが良いな」

このページは淡路島で高級旅館・リゾートホテルを探している方向けです。
ここでは淡路島に行ったら泊まりたい高級旅館・リゾートホテルを5宿紹介します。

 

淡路島は古事記などによると、日本列島で最初にできた島と言われており、神話が数多く島に残っています。
それだけ日本の歴史が有る場所でもあり、観光客にも恵まれているので高級旅館も豊富に有ります。

 

有馬温泉城崎温泉などの名湯も近くにはありますが是非行ってみて下さい。

 

 

また¥5,000円安く淡路島の旅館・ホテルを予約する方法もあわせて紹介しています。
浮いた¥5,000円分はお土産や交通費などお好きに使って下さい。

 

 

淡路島の高級旅館・リゾートホテル5選!

淡路島の高級旅館・リゾートホテルは南部の洲本や南あわじ市の東部・南部・西部に集まっています。
今回紹介する宿をマップにしてみました。

淡路島の高級旅館高級リゾートホテルマップ

和歌山県紀州を対岸に望む東部エリア(①,②)、万葉集にも詠まれた慶野松原がある西部エリア(③)、鳴門大橋と鳴門海峡を望む南部エリア(④,⑤)に分かれています。

 

今回はこの5つの宿について紹介していきます。

 

①ホテルニューアワジ ヴィラ楽園

ホテルニューアワジのヴィラ楽園は全室露天風呂付きのスイート仕様の客室です。
ヴィラ楽園には③タイプの客室

  1. 1階の「海の庭」
  2. 4階の「星の庭」
  3. 5階〜10階の「宙の庭」

があります。

 

それぞれのタイプによって客室の広さやレイアウトが異なります。
この画像は「宙の庭」タイプの客室でテラスのウッドデッキから見られる海が特徴的です。

 

それぞれの好みによりますが、海が好きな方は出来るだけ高層階の「宙の庭」に宿泊されると良いでしょう。
また広々と過ごしたい方には150㎡以上の面積の「海の庭」客室が良いでしょう。

 

ホテルニューアワジのヴィラ楽園は淡路島の東部の洲本市にあり、オーシャンビューの絶景の宿です。
ホテル正面の東方面に紀伊半島が見える他、時期が良ければ朝日も見ることができます。
淡路島へ行くならば、ホテルニューアワジのヴィラ楽園客室に泊まりたいですね。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

 

 

②夢泉景別荘 天原

淡路島東部の洲本の「小路谷」にある全室専有露天風呂付き客室の旅館です。
すぐ近くには上記で紹介した「ホテルニューアワジ」もあり、旅館が多い地域です。

 

ここは目の前が海のオーシャンビューでもあり、潮風を浴びながら露天を楽しめます。

 

紀淡海峡を望むテラスではゆっくりと時間が流れ、遠く見える紀伊半島(和歌山県側)を眺めながら時を追うこともおすすめです。

 

客室にはメゾネットヴィラ(海咲/松樹)の客室もあり、家族4人でもゆったりと過ごせる造りになっています。
この旅館は全⑤タイプの客室がそれぞれ異なりますから、よくご覧になってから特にお好きなタイプを選ばれると良いでしょう。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

 

 

③あわじ浜離宮

「あわじ浜離宮」は淡路島西部の『日本の夕陽百選』や『日本の渚百選』にも選ばれた慶野松原海水浴場の目の前(50m程)にあります。
この慶野松原は約1,300年前に柿本人麻呂が
”飼飯(けひ)の海の 庭よくあらしかりごもの 乱れ出づ見ゆ 海人の釣船”
と詠んだことが万葉集に記録されている歴史ある場所でもあります。

 

ここは旅館ではありますが、エントランスホールやロビーラウンジはノスタルジックな雰囲気が感じられ、旬房の新淡のステンドグラスやシャンデリアは和と洋が合わさった明治や大正時代のような趣が味わえます。

 

客室には専用露天風呂の付いた【特別フロア】と一般客室の【モデレートフロア】の2種類があります。
【特別フロア】のタイプG・Hは特に4階の海側にあり、広さも110㎡を超えており3世代の家族旅行にも向いておりおすすめです。

 

ここは客室のタイプが豊富ですから事前によくお好みの客室を選ばれることをおすすめします。
公式HP客室

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

 

 

④プラザ淡路島 別邸 蒼空

淡路島の南あわじ市の大鳴門橋と鳴門海峡を一望する絶景の場所に佇む高級リゾートです。
西方向(徳島方面)に開けた眺望であり、時期と客室によっては夕陽も楽しめます。

 

客室は「離れ・天空・グランデツイン」の③タイプがあり、それぞれ露天風呂付きのウッドテラスが設けられています。
ここは各タイプによってレイアウトが異なるため、毎回訪れる際に客室を選ぶ楽しみがあります。
公式HPの客室タイプ

 

ここでは鳴門の海を眺めながら、ただ時間だけが流れる別邸でゆったりと過ごせます。
「離れ」「天空(typeEを除く)」タイプは100㎡を超えた広さを誇りますから、家族6人でもゆったりと過ごすことができます。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

 

 

⑤ホテルアナガ

兵庫県南あわじ市阿那賀にあるオーシャンフロントのリゾートホテルで、海の潮騒に耳を傾けながら、星空を眺めることもおすすめです。
ここは淡路島の中心地から離れており、小さな港町に隣接しています。

 

全8室のスイートルームはスタイリッシュなデザインになっており、家族でゆったりとくつろげるようになっています。

 

ここは淡路島では珍しく愛犬と宿泊できるドギーヴィラもあります。(*条件有り)

 

リゾートホテルではありますが、季節によっては「トラフグ」のプランや「淡路ビーフ」のしゃぶしゃぶ鍋プランなどもあるため、和食好きの方にもおすすめです。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

 

 

【¥5,000円安く】淡路島に宿泊する方法

宿泊予約サイト「Relux」で「初めて宿泊される方」+「5万円以上の宿泊予約」の2つの条件限定で料金を「¥5,000円」安くすることができます。
淡路島には高価な旅館やリゾートホテルが多いですから、安く宿泊するためにも良ければ利用して下さい。

 

手順はこの画像のように簡単にできます。

reluxクーポンの使い方

 

浮いた¥5,000円分は、飲食代やより良い宿泊プランの選択などご自由にお使い下さい。
もしよく分からない方は、クーポンコードと使い方については以下で紹介していますのでご利用下さい。

 

実際に『Relux』¥5,000円OFFクーポンとその使い方を解説します