■《 Reluxに興味がある方が知っておきたい記事》
箱根

【厳選22選!】いつかは泊まりたい伊豆の高級旅館とホテル「まとめ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
浜の湯の画像

「食べるお宿 浜の湯」出所:http://www.izu-hamanoyu.co.jp/

特に伊豆では「オーシャンビューのホテルに泊まりたい」「舟盛りが食べられる宿が良い」「川沿いのひっそりとした隠れ家に泊まりたい」「海に浮かぶ朝日やムーンロードが見たい」といった希望が多くあります。

それらの希望を満足行くまで叶えられる高級宿を選別して掲載していきます。

当サイトで紹介している高級宿予約サイトのReluxではクーポンがありますので、必要な方はご利用下さい。

初回限定!Reluxが5,000円OFFになるクーポンはこちら。
高級宿予約サイトの『Relux』を初めて予約される方向けの¥5,000円OFFのクーポンがあります。 ご興味がある方は以下のページからご利用下さい。

実際に『Relux』¥5,000円OFFクーポンコードと使い方を解説!

熱海エリア

熱海では市街地付近ではリーズナブル・カジュアルな宿が多く、伊豆山エリアや標高の高い山地付近に高級宿が佇んでいる傾向があります。

熱海は新幹線でもアクセスできることからアクセス・人気が高いエリアで現在は駅前も町並みも再開発が進んでいるので、若いカップルや夫婦の観光客が目立ちます。

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

熱海の高台に位置するホテルです。この客室は露天風呂月の客室。

伊豆山の標高300mに佇む源泉掛け流しの露天風呂です。

レストランからは上記の画像のように熱海の市街地や相模湾を見渡す事ができます。

こんなところで朝食を食べたいものです。

和風というよりも洋風ですから、魚介が苦手な方には良いかもしれません。

夜の雰囲気も良いですね、熱海の夜景がキレイに見えそうです。

グランバッハ熱海の予約はこちらから

■ 「一休」でホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの詳細を確認する

■ じゃらんで「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の詳細を確認する

熱海ふふ

「熱海ふふ」は全26客室全てがスイートルームの宿。熱海の森にひっそりと佇むというコンセプトのように、和をイメージさせる外観や建物が特徴です。


各客室には岩や檜作りの半露天風呂または露天風呂が併設されているため大浴場に行かずとも温泉に浸かる事ができます。

食事は日本料理のレストランや鉄板焼き、部屋食を楽しめます。

熱海の海は見えないようですが、お忍びでの旅行にはピッタリです。

■ 「一休」で熱海ふふの詳細を確認する

■ じゃらんで「熱海ふふ」の詳細を確認する

ATAMI 海峯楼

1日4組しか宿泊できない熱海の高級ホテルで、建築家の隈研吾氏がデザインしたことでも知られています。

オーシャンビューの客室がすごい!

こんなところで寝そべりたいものです。

客室は「誠波」「風科」「尚山」「爽和」の4種類。

特に「誠波」「風科」は客室がガラス張りで目の前に相模湾が一面に見える珍しい客室。

注意点は「誠波」「風科」は露天ジャクジーであるため入浴着か水着が必要になること。

料理も非常に手が込んでいます。

熱海の花火大会も見られるようです。

熱海 海峯楼の予約はこちらから

■ 「一休」でATAMI 海峯楼の詳細を確認する

■ じゃらんで「ATAMI 海峯楼」の詳細を確認する

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海


熱海市街地の喧騒から離れたエリアにひっそりと佇むオーシャンビューの高級宿。

熱海城の南西側にあります。

THE HIRAMATSU HOTEL &REZORTSは株式会社ひらまつ(東証一部上場)が運営しており、箱根や沖縄などで宿を展開しています。

特に露天風呂の付いた客室が豪華でスイートルームの内装は大変豪華。

眼下には初島や伊豆大島を望む事ができるほか、冬期は朝日もキレイに見ることができます。

THE HIRAMATSU HOTEL &REZORTSのインスタグラム:instagram

■ 「一休」でTHE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海の詳細を確認する

ATAMI せかいえ

熱海の伊豆山と熱海市街の間の高台に位置する絶景の高級宿。

露天風呂が付いた客室からは雄大で青い相模湾を望む事ができる。

多くの客室は洋風の作りが多くなっています。

テラスからは絶景が眺められます。

ふたり木もれ陽


「ふたりこもれび」は国道135号線添いの熱海と伊東の間の高台にある洋室風の超高級ホテル。東京方面から車で行くと通り過ぎることが多いので、看板をよく見ておくと良いです。

オーシャンフロントのため部屋のソファーに座りながら海を眺める事ができます。

また朝食は洋食、和食から選択ができます。

客室は露天風呂が付いており温泉につかりながら海を眺める事ができるのはこの宿の魅力。

目が喜ぶような食事も絶品です。

■ 「一休」でふたり木もれ陽の詳細を確認する

■ じゃらんで「ホテルふたり木もれ陽」の詳細を確認する

伊東エリア

熱海に次いで伊豆の中心街といえる伊東エリアは土地も開けており観光客も多くにぎやかです。

特に伊東以南は静かな佇まいの宿も多く、リラックスしたい休暇などにはピッタリです。

ラグジュアリー 和 ホテル風の薫

伊東の国道135号線添いにあるオーシャンフロントのホテル。

伊東の市街地を超えて、漁港を過ぎると左側に見えてきます。

客室には露天風呂が付いており、潮風を感じながら温泉に浸かる事ができます。

目の前が相模湾で、客室によっては正面に初島が見られます。

事前に予約する事で舟盛りなどもオーダー可能です。

LUXURY和HOTEL 風の薫の予約はこちらから

■ 「一休」でラグジュアリー 和 ホテル風の薫の詳細を確認する

伊豆高原エリア

伊豆高原は美術館やレジャー施設など観光地も多いエリアだが、高級な宿が各地に点在しています。

離れの宿も多く、宿泊料金の高い高級な旅館が多くあるため、お忍び旅行で行きたいエリアです。

月のうさぎ


全室離れの客室で何と言っても海が目の前に見える温泉が人気。

この絶景は他の宿では味わえないことからリピーターが数多くいるようです。

海を眺めながら開放感のある露天風呂で朝日や満月を楽しむ事ができます。

朝日の眺めや満月の灯り(ムーンロード)は絶景です。

特に温泉が素晴らしいため一生に一度は行ってみたい温泉宿ですね。

佇まいも趣があります。

こちらがお食事処です。部屋食ではないため移動が必要です。

月のうさぎの予約はこちらから

■ 「一休」で月のうさぎの詳細を確認する

■ じゃらんで「月のうさぎ」の詳細を確認する

お宿うち山

お宿うち山

出所:https://www.oyado-uchiyama.com/

大室山のすぐ隣に佇む「お宿うち山」は全6室の和の高級宿。

客室には「花」「月」「雪」の3種類があり、それぞれ客室に露天風呂が付いています。

肝腎の海はというと、伊豆高原にあるため遠くに相模湾を見渡せといったくらいです。

リピーターを大切にする宿であり、ホームページにパスワードを入れると特別なプランを用意してくれるようです。

高級宿であり都会での生活に疲れたら行きたくなる宿です。

お宿うち山の予約はこちらから

■ 「一休」でお宿うち山の詳細を確認する

■ じゃらんで「お宿うち山」の詳細を確認する

ABBA RESORTS 坐漁荘

国道135号線の城ヶ崎付近から1つ小道に入ると日本庭園の宿が見えてきます。

客室は日本建築の「本館」と和モダンの「ヴィラ」の2種類があるが、「ヴィラ」をおすすめします。

「ヴィラ」には露天風呂付き客室と露天風呂&プール付き客室があり、こちらの方が人気が高いようです。

料理は「和会席」「フレンチ」「鉄板焼き」があり、それほど魚が好きでない方でも泊まりやすいでしょう。

ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘 の予約はこちら

■ 「一休」でABBA RESORTS 坐漁荘の詳細を確認する

東伊豆(熱川・北川・大川・稲取・河津)エリア

熱川〜北川〜大川エリアは海のすぐ横を国道が並走しています。

国道に沿って宿があるためほとんどの宿がオーシャンフロントまたはオーシャンビューとなっていることもこのエリアの特徴。

特に海に浮かぶムーンロードや朝日を見たいならばこのエリアに泊まることをおすすめします。

望水

伊豆北川にある高級宿で、伊豆大島に向かって飛び出ている独特なデザインが印象的です。

伊豆北川の海を眺めながら、ぼんやりと過ごす事ができます。

目の前には伊豆大島が眺められ、ムーンロードも見られます。

北川名物のこあじ寿司。

こちらの宿では部屋食です。

「HEAVENLY SPA GECCA」というスパを用意しており女性に人気があるほか、

徒歩5分ほどの近くには望水宿泊者が無料で入浴できる「黒根岩風呂」という海抜0mの露天風呂もあります。

プレミアムガゼポやプライベートガゼポという貸し切りの露天風呂もあり、部屋食も可能なのでこの伊豆北川エリアでは人気の宿です。

望水の予約はこちらから

■ 「一休」で望水の詳細を確認する

食べるお宿 浜の湯

大浴場は目の前が海、夜は大島の夜景もうっすらと見られます。

上記の画像は大浴場の露天風呂で温泉に浸かると海と一体になったように感じる「インフィニティ」です。

伊豆稲取のオーシャンフロントのホテルで「食べるお宿」というだけあって舟盛りの食事が魅力。

また金目鯛の煮付けも大きく浜の湯の名物です。ここの煮付けはやや甘めの味付けです。

「浜の湯」ではオプションで朝どれプランや伊豆稲取の名物である金目鯛を「しゃぶしゃぶ」や「姿造り・炙り」「釜飯」「姿煮」などで飽きるまで堪能できるプランもあります。

客室は露天風呂付き客室が豊富にあり、どれもオーシャンフロントで海を眺めることができます。

最近リニューアルした客室もあり、比較的新しい内装をしていることも人気の理由でしょう。

露天風呂がない客室でも貸し切り露天風呂を利用する事ができるため一般和室を予約して貸し切り露天風呂を利用するのもおすすめです。

貸し切りには種類があり、無料のものもありますが、上記のように有料の方が雰囲気が良くおすすめです。

上記の貸切風呂ではサウナが付いており、さらにお水も用意されています。

■ 「一休」で食べるお宿 浜の湯の詳細を確認する

■ じゃらんで「食べるお宿 浜の湯」の詳細を確認する

いなとり荘 潮騒倶楽部

潮騒倶楽部 粋

伊豆稲取にある「いなとり荘」も目の前が海のオーシャンビューの絶景旅館です。

上記の画像は、私が行った「潮騒倶楽部 粋」の部屋です。

ここは2017年にリニューアルされた客室で、一人¥25,000円程で(3人だと22,000円ほど)で泊まれるコストパフォーマンスが良い宿です。

特に最近リニューアルした客室の「潮騒倶楽部」は眺めは抜群です。

私が宿泊した「粋」という客室では相模湾をぼんやりと眺めながら、温泉に浸かることもでき最高でした。

温泉に浸かりながら朝日も見ることができました。

露天風呂から見るサンロード

最近改装した女性の大浴場は露天風呂のインフィニティです。

私は男性なので入れませんでしたが、女性は大浴場も入られるとおすすめです。

またお刺身もアワビの酒蒸しも出ます。

潮騒倶楽部には客室がいくつかありますが、グレードの高い客室は「個室」での食事です。

夕食のお刺身

旅行の時期によっては伊勢海老も食べられます。

関連記事:■実際に「いなとり荘 潮騒倶楽部 粋」に宿泊してきた私の口コミ・評判は「最高」の一言です!

稲取銀水荘

稲取にある老舗の高級旅館で、最近リニューアルが進んで従来のデザインが刷新されています。

最近は『銀の栞』という高級フロアを専用に用意し「客室内露天風呂」を設置してリニューアルしています。

ここは『銀の栞』ではなく、2017年12月にオープンした「展望露天風呂付」の部屋です。

「茜」「黄はだ」「紺碧」「小紫」「琥珀」「山吹」と従来の和のデザインが一新しました。

また一般客室や足が不自由な人でも使いやすいイステーブルのコンセプトルームも設置されているためカジュアルに利用する事が出来ます。

銀水荘の目の前には相模湾がありオーシャンフロントです。

料理も手が込んでいます。

稲取銀水荘 銀の栞の予約はこちらから

■ 「一休」で稲取銀水荘の詳細を確認する

■ じゃらんで「稲取銀水荘」の詳細を確認する

南伊豆エリア

下田など夏の海水浴シーズンは大渋滞する南伊豆エリア。

特に白浜や外浦など海が綺麗なエリアが多くあり、オーシャンフロントのホテルも多数あるエリアです。

別邸 洛邑

伊豆の下田外浦にひっそりと佇んでいる高級宿です。

全8室のスイートルーム客室はオーシャンフロントで外浦海岸を眺められる源泉掛け流しの露天風呂付き。

1泊の宿泊料金は高く、(10万円くらい)気軽に泊まることができませんが、いつかは立ち寄りたい宿です。

こんな場所で朝食を食べたいものです。

■ 「一休」で別邸 洛邑の詳細を確認する

中伊豆エリア

東海道新幹線の三島駅から駿豆線、または東名高速道路の沼津ICや新東名高速の長泉沼津ICから伊豆縦貫道に乗ると修善寺まで行けまs。

中伊豆エリアは付近が山に囲まれており、修善寺エリアや月ヶ瀬エリアでも川沿いに風情のある高級宿が佇んでいることが特徴。

嵯峨沢館

国道136号線の修善寺から下田方面に南下した狩野川添いにある高級旅館。

狩野川添いに佇んでいるため川のせせらぎを聞きながら泊まる事ができます。

中伊豆らしい趣を感じられます。

源泉掛け流しの温泉で全部で11種類と豊富にあり、温泉を楽しんでいるだけで1日が終わりそうです。

嵯峨沢館の予約はこちらから

■ 「一休」で嵯峨沢館の詳細を確認する

■ じゃらんで「嵯峨沢館」の詳細を確認する

雲風々 -ufufu-

下田方面に向かう国道沿いに位置する和モダンの高級宿。

自家源泉を3泉所有しているため温泉量が豊富です。

狩野川添いに位置しており、清流が奏でるせせらぎに心を休めながら源泉掛け流しの温泉を楽しめます。

料理は食器や彩り、見た目が優れており「五感」が刺激される芸術的な懐石料理。

客室が少ないため連休や繁忙期は早めに予約しておきたい宿です。

月ヶ瀬温泉 雲風々 -ufufu-の予約はこちらから

■ 「一休」で雲風々 -ufufu-の詳細を確認する

■ じゃらんで「雲風々」の詳細を確認する

西伊豆エリア

夕陽を見るには絶好のエリア。

東伊豆よりもアクセスが悪く、鉄道が通っていないため料金が安いことも特徴。

しかし、その分お忍びの旅行やリフレッシュ目的での慰安には最高です。

東伊豆のように観光客が多くないため人の多い都会に済んでいる人には気分転換になるはず。

淡島ホテル

沼津市の淡島にある高級ホテル。

駿河湾の向こうに富士山を望む事ができる絶景スポットにあります。

室内はホテルというだけあって、洋室が多いようです。

やはり富士山と海が見られるというのは贅沢ですね、普通の宿であればどちらか1つしか見えないですから。

松濤館

沼津市の三津シーパラダイスの隣にある高級宿。

1番の魅力は淡島の横から見える富士山で朝や夕方は太陽の光を浴びて赤くなります。

すぐ横には駿河湾(内浦湾)があり、どちらかというと海の上に建っている宿という方が正しいでしょう。

松濤館の予約はこちらから

■ 「一休」で松濤館の詳細を確認する

■ じゃらんで「松濤館」の詳細を確認する

粋松亭

粋松亭は西伊豆の土肥にある夕陽が見られる高級ホテルで、海岸とホテルの間に道路を挟んでいるがほぼオーシャンフロント。

やはり客室から見られる夕陽が絶品で特に高層階の「やさしさに包まれて」「ほほえんで見つめて」の2客室からは部屋または客室露天風呂から海を眺める事ができます。

この宿に泊まるならば、お金を出しても高層階の客室に泊まると良いでしょう。

客室は和室でありますが、煌びやかな雰囲気でどちらかというと夫婦や若いカップル向けかもしれません。

粋松亭の予約はこちらから

■ 「一休」で粋松亭の詳細を確認する

■ じゃらんで「粋松亭」の詳細を確認する

森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷


土肥の隠れ家といえる離れの高級宿。

客室は和テイストの落ち着いた雰囲気でテラスからは駿河湾を望む事ができます。

客室には露天風呂が付いています。

隠れ家というだけあり、和の落ち着いた雰囲気の客室です。

無雙庵枇杷の予約はこちらから

■ 「一休」で森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷の詳細を確認する

■ じゃらんで「森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷」の詳細を確認する

富岳群青

土肥から国道を南に下ったところにある西伊豆で一番の高級宿。


目の前に見える富士山と客室露天風呂が魅力で付近には何もないため温泉街のようなにぎやかさもありません。

1泊10万円ほど必要な高級宿だが、一度は泊まってみたいと感じる客室の豪華さがあります。

富岳群青の予約はこちらから

■ 「一休」で富岳群青の詳細を確認する

■ じゃらんで「富岳群青」の詳細を確認する

ふたりとわに 縁

西伊豆の土肥を南下して恋人岬周辺に2015年にオープンした最新宿。

土肥の粋松亭の姉妹宿であり、客室はモダンで明るく料理は盛りつけや配膳も素晴らしく手が込んでいます。

粋松亭とは異なり、客室は和モダンの内装になっているため家族でも泊まりやすいデザインになっています。

晴れていると遠くに富士山が見られるほか、正面には駿河湾が見えるため夕陽も見ることができることもこの立地ならではのポイント。

海はやや遠くに見えるためオーシャンフロントというよりもオーシャンビューといえます。

西伊豆 ふたりとわに縁の予約はこちらから

■ 「一休」でふたりとわに 縁の詳細を確認する

■ じゃらんで「ふたりとわに 縁」の詳細を確認する

高級宿の予約なら『Relux』『一休』が良い

reluxのトップ画面

伊豆の高級旅館やホテルを予約するならば『Relux』または『一休』を利用することがおすすめ。

『Relux』では記念日やプロポーズなどで泊まる宿を選ぶ際にコンシェルジュに相談できる他、クーポンコードを配布しているため利用すると5,000円引きで泊まる事ができます。

⇒ 実際に『Relux』¥5,000円OFFクーポンコードとその使い方を解説!

また『Relux』では、毎回5%のポイントが付与される(これは他の予約サイトより高い)うえに、ポイントが最後に増減した日から1年間有効であるため年に1回旅行をするとポイントは貯まり続けます。

大事な日の旅行では『Relux』がおすすめです。