■《 Reluxに興味がある方が知っておきたい記事》
箱根

西伊豆の「露天風呂付き客室」がある高級旅館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

西伊豆の高級旅館の温泉とホテルを紹介

南土肥:富岳群青

富岳群青

出典:http://www.fugakugunjo.jp/

富士を眺める「富岳群青」は伊豆全土で見ても最高級クラスの価格の高級旅館。

客室には露天風呂が付いており、駿河湾の向こうに富士山を望むことが出来ます

客室全てに露天風呂が付いているためどの部屋を選んでも露天風呂に入ることができる。

客室は全8種類ある。

  • 「月待つ」
  • 「沖の嶺」
  • 「波の船」
  • 「海の丘」
  • 「山の音」
  • 「潮満つ」
  • 「雲引き」
  • 「虹の端」

どれも基本的な造りや間取りは似ているため大きな違いはない。

夕方は夕陽に染まった赤富士が見られる絶景の宿で富士山好きにはたまらないだろう。富士山が見やすい晩秋や冬期、空気が乾いた台風一過などに訪れたい。

富岳群青の予約はこちらから

■ 「一休」で富岳群青の詳細を確認する

■ じゃらんで「富岳群青」の詳細を確認する

南土肥:ふたりとわに 縁

ふたりとわに 縁

出典:http://www.izu-en.com/

土肥から恋人岬へ向けて向かう道中にある高級ホテル。2016年にオープンした新しい高級ホテルで粋松亭のグループが運営している。

客室はどれもハイセンスなモダンなデザインで西伊豆では珍しい。全客室にテラスが付いており客室によっては富士山も眺めることができる。

露天風呂はテラスの脇に設置されているため眺望は期待できない。露天風呂から夕陽が眺められる「粋松亭」「あるじ栖」とは違い、客室には露天風呂が付いているが駿河湾を眺めることはできないため夕陽を目当てに行くには向いていない。

高台に位置する旅館であり、駿河湾に沈む夕陽をお風呂から眺めたいなら他の宿の方が良いだろう。

西伊豆 ふたりとわに縁の予約はこちらから

■ 「一休」でふたりとわに 縁の詳細を確認する

■ じゃらんで「ふたりとわに 縁」の詳細を確認する

土肥:粋松亭

粋松亭

出典:http://www.suishotei.co.jp/

土肥の海岸沿いにあるオーシャンビューの旅館。道路を挟んで目の前が駿河湾であるためオーシャンフロントといっても良い。

客室のおすすめは「やさしさに包まれて」「ほほえんで見つめて」だ。

「やさしさに包まれて」は部屋にいながら海を見ることができる。夜は対岸の静岡市や清水市の灯りをみることができるだろう。

「ほほえんで見つめて」は海側に客室露天風呂が付いているため夕陽と海が一緒になる瞬間を見ることができる。

この2室は他の部屋よりも上階にあり、さらに海側を向いているため眺めを遮る物がなく夕陽を見ることができるだろう。

ホームページを見ても「花のとき」「永遠の約束」「ときめき」「幸せの時間」は低層階にあるため電信柱や樹木などが景色に混じってしまう。

「ゆめうつつ」「ささやき」の部屋は西側の駿河湾というよりも南側の土肥海岸向きに開けているためおすすめはできない。

粋松亭の予約はこちらから

■ 「一休」で粋松亭の詳細を確認する

■ じゃらんで「粋松亭」の詳細を確認する

戸田:いさば

いさば

出典:http://www.isaba.co.jp/

戸田の高台にあるホテルであり駿河湾を見渡せることで人気が高い。戸田の名物であるタカアシガニを食べられることや夕陽が見られることでも有名だ。

「静の海」特別室 三日月」「あかねの詩一般客室」「あかねの詩特別室 うみはひろいな」客室には露天風呂が付いている。

ここは貸し切り露天風呂が絶景であるため部屋に露天風呂が付いていても利用したいほどだ。

海のほてる いさばの予約はこちらから

■ 「一休」でいさばの詳細を確認する

■ じゃらんで「いさば」の詳細を確認する

ややカジュアルな露天風呂付き客室がある高級旅館

小土肥:あるじ栖

あるじ栖の画像

出典:http://arujisu.com/

小土肥にある「あるじ栖」は小土肥海岸の目の前にあるオーシャンフロントのホテル。

小土肥海岸の目の前にあり、南西方向に開けているため冬期には客室の露天風呂に入りながら夕陽を見ることもできる。

上記の写真は2階か3階にある露天風呂らしく、一般客室には露天風呂が付いていない。1階の岩風呂付き客室では夕陽を見ながら入ることは難しい。

価格は露天風呂付き客室では一人2万円代で宿泊できるため比較的リーズナブルな温泉ホテルだ。

茜色の海 あるじ栖の予約はこちらから

■ 「一休」であるじ栖の詳細を確認する

土肥:Beauty&SpaResortIzu 頬杖の刻

Beauty&SpaResortIzu 頬杖の刻の画像

出所:http://www.hoozue.jp/rooms-detail-3f-t.html#c1

旅人岬の目の前にある白い建物の洋風のホテル。国道の目の前に位置しており道路を挟んで目の間が駿河湾になっている。

上記の画像のように客室にはテラスが付いておりそこに露天風呂も併設されている。露天風呂の付いたテラスからは駿河湾が望めるほか、夕方には絶景の夕陽を見ることもできる。

土肥や西伊豆では少ない洋風のデザインであり、貴重な露天風呂付きの宿と言える。

BEAUTY&SPA RESORT IZU 頬杖の刻の予約はこちらから

■ 「一休」でBeauty&SpaResortIzu 頬杖の刻の詳細を確認する

■ じゃらんで「Beauty&SpaResortIzu 頬杖の刻」の詳細を確認する

土肥:たたみの湯 湯の花亭

畳の湯 湯の花亭の露天風呂付き客室画像

たたみの湯 湯の花亭は5、6階の一部客室に露天風呂が付いている。上記の画像は「秋桜」の露天風呂付き客室でお風呂の向こう側は海(駿河湾)になっている。

たたみの湯 湯の花亭は土肥海岸の目の前にあるオーシャンフロントのホテルでラウンドも畳が敷かれている珍しいホテルだ。建物は昭和の香りが残るがこれほど海に面しているホテルは伊豆でも他にはない。

露天風呂付きの客室は「鳳仙花」「忘れな草」「秋桜」の3部屋であり、露天風呂付き客室に泊まりたい場合はこれらのいづれかを予約する必要がある。

たたみの湯は4月〜9月くらいまでは夕陽が見られるがその時期を逃すと夕陽が南西に沈むため見ることができない。この時期に宿泊すれば露天風呂に入りながら海に沈む夕陽を見ることができる。

たたみの湯 湯の花亭の予約はこちらから

■ 「一休」でたたみの湯 湯の花亭の詳細を確認する

土肥:新海花亭いずみ

新海花亭いずみの画像

出所:http://www.kaikatei.co.jp/guestroom/zei-wayou/

新海花亭いずみは土肥の港町の南側に位置する旅館。最近客室をリニューアルしたためキレイなデザインの露天風呂付き客室が多い。特に最上階の「特別室」「和洋室」と「贅の二間和室Aタイプ」は駿河湾が望める露天風呂が付いた客室。テラスが付いており潮風を肌で感じながら対岸の静岡県を眺められ、特に夜は駿河湾にうっすらと浮かぶ夜景も見ることができる。

テラスや宿の開いている方角が「北より」であるため夕陽は見ることができないが、駿河湾を眺めてゆっくりしたい場合には最適の旅館でもある。

新海花亭 いずみの予約はこちらから

■ 「一休」で新海花亭いずみの詳細を確認する

■ じゃらんで「新海花亭 いずみ」の詳細を確認する
以下は伊豆の高級旅館・ホテルのまとめ記事であるため伊豆の宿選びの際には参考にして欲しい。

以下の記事は伊豆のオーシャンビュー・オーシャンフロントの宿をまとめているため「相模湾に浮かぶ朝日」「鏡のようなムーンロード」「駿河湾に溶け込む夕陽」などを見たい方は宿選びの参考にして欲しい。

関連記事:仕事に疲れてリッチな一人旅をしたいなら予約サイト『Relux』を使うがおすすめ

関連記事:「Relux」で予約する前に!お得に宿泊する方法「まとめ編」