『オーシャンビュー』西伊豆で夕陽が見えるおすすめの温泉旅館・ホテル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

西伊豆で夕陽を見るなら「西側」が開けた宿を選ぶと良い

西伊豆の夕陽

西伊豆の夕陽は「湘南」以上。

西伊豆ならどの宿でも夕陽が見られるわけではない!

 

西伊豆は夕陽がキレイな観光地で、ぜひ西伊豆へ行ったら夕陽を見て欲しい!

西伊豆のホテルや旅館では夕陽を売りにしているところもあるため客室に居ながら夕陽を眺めることもできます。

今回は夕陽が見られる西伊豆のホテルや旅館、またその際の注意点を紹介します。

 

 

1つ注意することは季節と太陽が沈む方向

小学生の時に学校で習ったように季節によって太陽が沈む方向がやや変わります。

客室から夕陽を確実に見るには『客室の開けている方向』と『太陽の沈む方向』を合わせないといけない。

日没の方向

つまり、6月に旅行へ行く場合は「北よりの西」に太陽が沈むため「西〜北西」に開けた宿の客室を選ばないといけない。

6月には「南西方向」に開けた部屋では夕陽が見られません。

また12月に西伊豆で夕陽を見るには「南西」よりに太陽が沈むため「南西〜西」に開けた宿の部屋を選ばないと夕陽は見られません。

 

このように季節によって「客室の開けている方角」を合わせないと夕陽は見ることができないということがポイントです。

西伊豆で夕陽を見たい時には行く予定の時期と宿から景色が見られる方角を一致させるようにしましょう。

 

追記

追記

ちなみに西伊豆で夕陽を見るならこのサイトがおすすめです。

これ ⇒ 日の出マップ

夕陽は季節によって沈む方向が変わるので、場所によっては見られないことがあります。
このサイトを使って「いつ」「どの場所から」夕陽を見るのか設定して見て下さい。

 

高級宿予約サイト「Relux」の¥5,000円OFFクーポン有り!

高級旅館予約サイトの「Relux」の¥5,000円OFFクーポンがあります。
初めて「Relux」を使われる方限定で¥5万円以上の予約で利用可能です。

WEBからでもご利用できますので、これから夫婦の旅行をお考えの方は是非ご利用下さい。
(クーポンはReluxであれば関東以外でも利用可能)

関連記事:実際に『Relux』¥5,000円OFFクーポンとその使い方を解説します。

 

 

夕陽が見れる西伊豆のオーシャンビューの温泉旅館・ホテル

いさば

宿は南西を向いており、高台にあるため雄大な景色を眺めることができ、

特に「藍の詩」客室フロアの特別室である「紺碧の富士」という部屋では富士山と駿河湾を見ることができるためおすすめです。

⇒「Relux」で宿の詳細を確認する

あるじ晒

西南西向きに開けているため冬や春、秋でも夕陽を見ることができ、

客室は露天風呂付きが3種類あり、画像のような枡型や樽型の客室を選ぶと良いです。

岩型はホームページを見る限り低層階にあるため夕陽を見るには上層階の部屋(上記のような)が良いからです。

ここは小土肥海岸が目の前にあるため宿から出て浜辺で夕陽を見るのも良いでしょう。

⇒「Relux」で宿の詳細を確認する

 

粋松亭

粋松亭は土肥に位置するオーシャンビューの旅館。

道路を挟んで目の前が土肥海岸となっている絶景の宿です。

真西に開けているためどの客室を選んでも夕陽を見ることができますが、やや冬期は見にくい可能生もあります。

おすすめの客室は「やさしさに包まれて」と「ほほえんで見つめて」という客室。

「やさしさに包まれて」なら客室から夕陽が見られ、「ほほえんで見つめて」なら客室露天風呂から眺めることができます。

⇒「Relux」で宿の詳細を確認する

たたみの湯 湯の花亭

畳の湯 湯の花亭の露天風呂付き客室画像

土肥海岸の目の前にあるオーシャンフロントのホテル。

宿の部屋は西向きですが、正面の左側に岩場の障害物があるため冬は夕陽が見られないことが残念。

露天風呂付き客室もあるため4月〜9月くらいは夕陽が眺めることができるとホームページに記載があります。

価格も他の宿と比較してリーズナブルで家族層でも泊まりやすく、料理も値段と比較すると美味しいです。

夜は駿河湾の対岸の清水市や静岡市の夜景をうっすらと見ることができる他、星空もキレイです。

近くにセブンイレブンや薬局もあるため意外と便の良い立地にもあります。

たたみの湯 湯の花亭の予約はこちらから

 

ふたりとわに 縁

2015年にオープンした新しいホテル。

遠くに富士山を望み、やや遠くに駿河湾も見下ろすことができます。

北西よりに開けているため冬は夕陽が見られない、見にくいかもしれません。

露天風呂付き客室がある高級宿であるため値段も高めです。

外観や内装、料理から見て記念日などに利用したい宿ですね。

⇒「Relux」で宿の詳細を確認する
西伊豆 ふたりとわに縁の予約はこちらから

 

堂ヶ島ニュー銀水

堂ヶ島にある老舗の温泉ホテル。

客室は西棟と南棟があり、西棟が南向きに開けており、南棟が南西向きに開けています。

堂ヶ島は西側〜南西側に開けている土地であるため、夕陽を見る時には太陽が北寄りに沈む夏至(6月)前後は避けた方が良いでしょう。


堂ヶ島は晩秋や冬の方が夕陽を見やすい土地であるため、夏場の宿泊では夕陽が見られないかもしれません。

できれば秋から冬、冬から春に訪れたい地域です。

⇒「Relux」で宿の詳細を確認する

伊豆でオーシャンビューのホテルは他にもある!

上記で紹介したホテルは西伊豆でも夕陽が見られる旅館、ホテルです。

西伊豆の旅館でも夕陽が見られないところ、見にくいところが多いため上記のポイント『太陽が沈む方向』と『客室の向いている方向』には注意して下さい。

 

西伊豆は「夕陽」が有名ですが、東伊豆では「ムーンロード」「朝日」が有名。

熱海や伊東などの東伊豆から下田などの南伊豆、そして西伊豆についても紹介しているため必要があれば参考にどうぞ。

以下の記事では『伊豆のオーシャンビュー・フロントのホテルや旅館』を紹介しています。

 

コメント