箱根の高級旅館で「子連れOK」な5宿

 

子連れOKな箱根の高級旅館

箱根の高級旅館で子連れOKな旅館を5宿紹介します。
子連れNGの旅館もある中、以下の旅館では子連れの家族旅行でも宿泊できます。(急遽変更される可能性があるので、宿泊予約サイトでお確かめください)

箱根の高級旅館で「子連れOK」な5宿

箱根強羅白檀の客室と露天風呂

子連れOKの箱根の客室露天風呂付きの高級旅館を5宿紹介します。
特におすすめは「強羅白檀 」「強羅花扇 円の杜」です。

 

強羅白檀 

箱根強羅白檀の露天風呂付き客室の遥

強羅白檀は箱根の客室露天風呂付き高級旅館です。
私も宿泊した箱根の子連れOKの高級旅館で、箱根の強羅近くの「二の平」という閑静な別荘地にあります。

ロビーや客室に入ると「良い香り」がしました。
たぶん白檀の香りですが、心穏やかにリラックスできます。(人によっては好みがあるので嫌かもしれません)

箱根の高級旅館 強羅白檀の客室露天風呂

客室には源泉掛け流しの露天風呂があります。
大人1人なら十分すぎる大きさで、お父さんが足を伸ばして入ることができます。

また結構大きい露天風呂なので、ご家族やお子さんと一緒に入れます。(頑張れば大人3人くらい入れます)

24時間源泉掛け流しの硫黄の香りがする質の良い温泉でした。
源泉掛け流しの温泉が好きなお子様もお湯を楽しめます。(そんな子供いないか..)

 

箱根強羅白檀の客室露天風呂

私が宿泊したのは「遥」客室です。
こちらはテラスがあり、温泉に入ってこのイスでゆっくりと寝そべることができます。

1階の客室や他の客室とは眺望が違うので注意してください。

 

箱根強羅白檀の朝のテラスに座って見る紅葉あ

私がダラ〜んと寝そべった画像。
お子さんがいる子連れの旅行でも、お父さんお母さんもゆっくりと過ごせます。

ただ注意点は、子連れの場合は広めの客室を予約したほうがいいかと。(「遥」客室はやや狭いかも)
ちょっと説明します。

箱根強羅白檀のフロアマップ

この画像は強羅白檀の客室です。
私が宿泊したのは「遥」客室です。(上の画像の左上の部屋)

2階の客室だと「香・湧・然」などの客室のほうが、広いため家族人数によってはこちらのほうがいいです。

箱根強羅白檀のフロアマップ

1階なら「仗・萬」などが広い客室なので、ご家族でもゆったりと過ごせると思います。
私の宿泊した「遥」客室は、強羅白檀の中では狭い客室(大人3人まで)なので、居住性が気になる方が出てくると思います。
広い客室はやや高額になりますが、そちらをおすすめします。

 

箱根強羅白檀の遥の居間

客室は和のシンプルな客室で「白檀の良い香り」がします。
この「遥」客室で3人家族の宿泊では、このテーブルを退かして布団を1枚敷きます。

箱根強羅白檀のリビング

障子があり、露天風呂やシャワー室、洗面所を隠すことができます。
またリビングの床は畳敷だったのでなんだか落ち着きます。

 

箱根強羅白檀のベッド

ベッドが2つあります。
やや硬めのベッドです。

箱根強羅白檀のエスプレッソマシンエスプレッソマシンもあるので客室でコーヒーや紅茶も楽しめます。
ロビーにも紅茶やお茶があります。

 

箱根強羅白檀の朝食

食事は懐石料理なので1品ずつ運ばれてきます。
これは朝食なので最初にある程度の品目が用意され、時間がかかりません。

箱根強羅白檀の夕食の吸い物

夕食は会席料理で一品ずつ運ばれてきます。(完食するまでやや所要時間がかかります)

味は薄めでも出汁がしっかりとしており美味しいです。
素材も上質な物が多く、非常に満足感が多い内容です。

箱根強羅白檀の夜のテラスからの眺め

夜のテラスからは別荘地の夜景が見えました。
自然豊かな場所にあるので、テラスで一息つくこともできます。

 

箱根強羅白檀の夜の客室露天風呂

夜は家族そっちのけで温泉を楽しめますよ!笑

箱根強羅白檀の夜の客室露天風呂

「あ〜…極楽極楽♫」
強羅白檀は硫黄の香りがするので、まさにTHE 温泉を楽しめます。(ドアを開けていると硫黄の香りが部屋に入るので注意)

 

箱根強羅白檀の朝の紅葉

テラスから見た紅葉の画像です。
箱根の別荘地ならではの開放感があり、朝は鳥のさえずりが聞こえました。

都市部にお住まいの方には、リラックスしたり気分転換になるので結構良い場所だと思います。

 

紅葉の見える箱根強羅白檀のロビー

強羅白檀のロビーで撮影

ロビーから見た紅葉の景色です。
客層は高齢層が多いですが、お子さんが落ち着いた年齢になれば是非行ってほしい旅館です。

 

【実際に泊まってみた宿泊記】箱根 強羅白檀は客室露天風呂付きの高級旅館でした。

 

↓以下に詳しいYoutue動画もあります。

強羅白檀に実際に泊まってみた #強羅白檀 #宿泊記 #高級旅館

 

 

強羅花扇 円かの杜

強羅花扇 円の杜は強羅の別荘街の隅にひっそりと佇む高級旅館です。
外観や館内、フロントや客室までふんだんに木の温かみが広がり、心からリラックスして寛げる空間になっています。

この旅館のデメリットは、超高級旅館なのでややお高くなります。
やはり良い旅館なので予算オーバーに注意してください。

それでも評価が高く、クチコミも良い宿なので行く価値はある旅館です。

源泉掛け流し露天風呂付きの全客室はそれぞれ眺望やタイプが異なり、明神岳や大文字を眺められる客室もあります。
お子さんと一緒に温泉に入りたい方にはおすすめの宿です。

子連れでの旅行の方は一部客室に「部屋食プラン」があるため、そちらの客室を選ばれると良いでしょう。
強羅花扇 円の杜は「箱根の部屋食プランのある高級旅館」でもあるので、家族だけでずっと一緒に過ごしたい方には最適です。

 

 

箱根・翠松園

翠松園は自然溢れる小涌谷の中に佇む全客室露天風呂付きの高級温泉宿です。
国道1号沿いにあるため自家用車でのアクセスも抜群の立地です。

小涌谷駅からも比較的近い場所なので、タクシーや送迎でもすぐにアクセスできます。

デメリットは部屋食プランが無いこと。
家族だけでずっと過ごしたい旅行なら他の宿のほうが良いかもしれません。

 

全23タイプの客室は全てスイートルームとなっており、それぞれ趣の異なる客室から選べる楽しみがあります。
半露天風呂付き客室ですので開放感がある箱根の森の中で、お子さんとゆったり過ごすには最適な高級旅館です。

 

 

強羅花扇(準特別室/特別室のみ子連れOK)

強羅花扇は特別客室・準特別客室のみ子連れOKです。
強羅のもっとも高いケーブルカーの終点付近にある静かな高級旅館です。

 

この宿のデメリットは現在、子供連れ旅行で選べる客室が少ないことです。
日付によっては満室になっており、やや予約が取りにくいでしょう。(2021年現在)

露天風呂付き客室である特別客室は広く、お子様連れでもゆったりと過ごせます。
一般客室は2021年現在は子連れのお客様はNGとなっていますので宿泊できません。

ただ客室露天風呂付きの人気の高級旅館ですから、空室があれば宿泊されることをおすすめします。

 

強羅花壇(子連れ:小学生以上のお子さんのみ可能)

箱根の高級旅館、強羅花壇(慶太ブログ)

強羅花壇は箱根の高級旅館としても知られています。
小学生以上のお子さん連れでも宿泊できる旅館です。

デメリットは(未就学児は宿泊不可)です。

 

箱根の高級旅館、強羅花壇の客室(慶太ブログ)

客室は落ち着いた和室が中心です。(複数タイプあり)
一部には露天風呂付き客室もあり、家族でもゆっくりと寛ぐことができます。

 

箱根の高級旅館、強羅花壇の客室(慶太ブログ)

強羅駅と彫刻の森美術館駅の間にある観光アクセスの良い旅館です。
子連れの家族で観光もされたい方には立地も最適でしょう。

 

 

 

その他の高級旅館

その他の地域の高級旅館や高級ホテルを紹介します。

日本の高級旅館

 

 

その他の高級旅館に関する記事。