■《 Reluxに興味がある方が知っておきたい記事》
箱根

実際に『いなとり荘 潮騒倶楽部《粋》』の露天風呂付き客室に宿泊!私の口コミも最高です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

この秋は伊豆にある「いなとり荘 潮騒倶楽部 粋」に宿泊!露天風呂付き客室からは相模湾や朝日が見えて絶景です!

潮騒倶楽部 粋

伊豆の稲取にある「いなとり荘 潮騒倶楽部 粋」に行ってきました。

今現在、いなとり荘の潮騒倶楽部の宿泊を考えている方に向けて紹介をしたいと思います。

結論を言うと、「露天風呂付きの客室で海を見ながら入る温泉は最高!料理も美味しいため、かなりおすすめ!」です。

いなとり荘への道すじから到着まで

伊豆稲取

東京から東名高速と小田原厚木道路で石橋icへ。

そこから国道を走って伊豆熱川を越えて下田方面へ向かうと、左側に稲取の町並みが見えてきます。

いなとり荘の外観

そして「いなとり荘」に到着しました。ちなみに左側の建物は「ゆっくら」といういなとり荘の温泉施設で宿泊客は利用ができます。

画像の右側の白っぽいホテルはすでに廃墟になっており、誰もいませんでした。

いなとり荘のフロント

そして、こちらが「いなとり荘のフロント」です。この飾りは稲取の旅館ではよく見るような気がしますが、聞くのを忘れてしまいました。

フロントでは若いお兄さんが挨拶をした後、受付の手続きをしてくれます。

いなとり荘の茶菓子

ここで抹茶のクッキーと黒豆茶を頂きます。疲れていたので甘い物を貰えると助かります。

そして、受付を済ましてお部屋に向かいます。

いなとり荘のフロア図

いなとり荘は7階建てで大浴場が7階にあります。

朝は金目鯛のみそ汁のサービス、夕方はお菓子のサービスなどをやっているようで、これも嬉しい特典です。隣には「ゆっくら」という温泉施設があり、こちらも利用できます。

2017年7月にリニューアルした女性用の大浴場はおすすめです。

いなとり荘の女性大浴場

出所:http://www.inatoriso.com/

これはインフィニティと呼ばれる温泉で、海と温泉の湯面が一体になるという造りをしています。これなら女性は大浴場も入った方が良いですね。

今回の潮騒倶楽部の客室「粋」は5階の524ですね。

いなとり荘の潮騒倶楽部の客室は五階にあります。

いなとり荘 五階の潮騒倶楽部

このフロアには一般客室から潮騒倶楽部の「粋」「忠海」「月灯」「海邦」「暁」があります。

実は「いなとり荘の潮騒倶楽部」には他にも「星辰」「燎」「海月」「颯々」という客室が6階にあります。

いなとり荘のフロア図(5~6階)

ちなみにこれがフロア図です。

今回宿泊する客室「粋」は5階の角部屋なんですよね。真上には「星辰」というお部屋があります。

つまり、角部屋に宿泊したいなら「粋」「星辰」のどちらかに泊まると良いと思います。

いなとり荘 潮騒倶楽部 粋

さて、粋に到着しました。

では、客室を見てみましょう!

「粋」の客室は露天風呂付きで海が見える!かなり良い!

粋の玄関

まず入り口部分。清掃もされており綺麗ですね。

粋の部屋

ちなみに部屋が汚いのは実は帰りに撮った写真だからで申し訳ない。

逆光ですが、入り口から見るとこのようになっています。

入って左側にツインのベッド。(ダブルがくっ付いているような)

そしてその奥にはL字型のソファーがあります。奥はテラスです。

粋の部屋

正面には洗面所と脱衣所、シャワー室と露天風呂が付いています。

肝腎のテラスはというと….

粋から見える海の景色

おおっー!絶景です!テラスには1人用のソファー2つとテーブルがあります。

テラスに出たい気持ちを抑えて、中を見てみます。

粋の脱衣所

こちらは洗面所兼脱衣所でしょう。

2017年の7月にリニューアルしただけあって新しくシンプルな内装になっています。

粋の脱衣所のタオル

中にはタオルやバスタオルなどが置いてあります。他にも綿棒や歯ブラシなども置いてありました。

脱衣所の鏡

洗面所の鏡です。結構大きいサイズ。

脱衣所から露天風呂を見た眺め

洗面所から露天風呂が見えます。早く入りたい。

粋のシャワー室

こちらはシャワー室です。

粋の客室露天風呂

そしてこちらは客室露天風呂。

大きさは大人なら一人用ですが、頑張れば2人でも入れそうです。

粋の客室露天風呂

栓が付いています。ここの露天風呂は設計上、温泉が湯船から溢れないで一定の量以上溜まらないように排水しているようです。

もちろん人が入ると一時的にお湯が減りますが、時間が経つと元に戻ります。

温泉の温度調整用の水のボタン

そしてこちらは温泉に冷水を足す時に利用します。青色の方を捻ると冷水が出てくるので熱い温泉が苦手な人でもぬるくすることができます。

こちらもぬるくなっても温泉が常時足されているため、時間が経つと温度も戻ります。

テラス用のスリッパ

テラス席への入り口(部屋からの)にはスリッパが置いてあります。足が濡れる心配もあまりありません。

粋のテラス

こちらはテラス席です。ソファーもフカフカで座りやすい。

粋から見える伊豆大島方面

そして、バルコニーからの眺めです。東側にはうっすら伊豆大島が見えます。

粋から見える真下の海

そして真下はもちろん海岸。伊豆稲取は浜辺ではなく岩場ですね。

粋から見える河津下田方面

そしてこちらは西側、河津や下田方面の景色です。

もう太陽が沈みかかっていますね。

部屋の隅の間接照明

そして、こちらは部屋の間接照明。電源もON、OFFが選べます。

粋のツインベッド

こちらがベッドです。ダブルベッドではなく、ツインベッドですね。

ベッドの上には照明が付いています。

粋のベッドの間接証明

ベッドの頭の上にも間接照明が付いています。

こちらが部屋の隅からベッドと入り口側を撮った写真です。

ソファーからの眺め

天井も間接照明になっているので、光の加減も丁度良いです。

粋の天井の照明

こちらのボタンでベッドの照明の強さを加減できます。

ベッド用の照明の調整機

こちらはティファールと冷水です。

粋の部屋のティファール

茶碗と玄米茶・煎茶・インスタントコーヒーがストックされています。

お茶一式

冷蔵庫にはクリスタルガイザー(水)が入っています。

冷蔵庫に入ったクリスタルガイザー

そしてこちらはトイレです。自動開閉式で最新の物のようでした。

トイレ

こちらはお手洗いの洗面所です。

新しい洗面台

そしてこちらがお菓子ですね。

客室の焼き菓子

部屋からの眺めもキレイに海が見えます。

粋の部屋からの眺め

温泉に入るとこのような眺めになります。

客室露天風呂からの眺め

海の潮騒の音を楽しみながら、夕映えに染まった大海原を眺められる温泉。

遠くには「新島」や「利島」「式根島」が見えます。

では、夕食に行きます。

夕食

いなとり荘の食事処くわっせ

夕食は「くわっせ」という食事処です。

潮騒倶楽部の別プランでは個室もあるようですが、部屋食プランがあると最高ですね。

今回は写真を忘れましたが、いなとり荘では入り口でお刺身の一部を選ぶことができます。

確か、この日は「金目鯛」「むつ」「シマアジ」「鯛」「むつ」「なんとか」だったと思います。

好きなお魚を選んで、板前さんに伝えて下さい。

では、メニューを見てみます。

いなとり荘の夕食メニュー

私の影が入ってしまいました。(笑)

伊勢海老のお刺身やアワビの踊り焼き、金目鯛の煮付けなど伊豆ならではの海鮮も食べられます。

夕食の先付け

こちらが先付けです。左上のグラスに入っている物が満月豆腐です。

夕食のお刺身

そして、こちらがお刺身。先ほど選んだお魚以外には中トロ(マグロ)・間八・イカ・サザエ・伊勢海老が乗っています。

と、他にもメニューがあったのですが、食べることに夢中になってしまいました。(笑)

他のメニューもとても美味しかったことを覚えています。

客室に戻ると「月」が出ていました。

満月が海辺を照らしていたため「夜にも関わらず海辺が明るく」見えます。

これも一種のムーンロードですね。

ムーンロード

そして、夕食後は露天風呂に入ります。

夜の客室露天風呂からの眺め

実はこの日は月灯りがあったので夜も明るく海を見ることができました。残念なことに、スマホでは明るさが足りないので行った人にしかわかりません。

絶景の朝日

さて、朝は6時30分に起床して朝日を眺めたいと思います。

早朝のテラス

テラスに出ると少し東側の空が明るくなってきました。

テラス席からの眺め

テラスに座っているとこのように朝焼けが見えます。海の左側にはうっすら伊豆大島が見られます。

テラスの間接照明

ちなみにテラス側と露天風呂の裏側(海側)には間接照明が置いてあります。

テラスの仕切り

また隣の客室との間には仕切りがあるため「覗けない」ようになっています。

では、露天風呂に入りましょう!(笑)

早朝の露天風呂からの景色

少し待っていると…

早朝の朝日

おっ!朝日が見えてきました。

露天風呂から見るサンロード

ご来光が見えてきました。

いなとり荘から見る朝日

いなとり荘は南側に開けていますが、朝日も見ることができます。

秋分や春分は真東から太陽が出るのですが、冬至(12月20前後)に向けて南東よりから朝日が出るようになり、冬至後はまた日に日に真東の方向へ朝日が出る位置はズレていきます。

つまり、秋分から春分くらいまでなら朝日が見られるチャンスがあるわけです。

部屋から見える朝日

部屋から見る朝日も最高です。

テラス席

それではテラスでお茶を一杯飲んで、海を眺めながらゆったりとします。

朝食後

いなとり荘の朝食は「バイキング」です。

和食はもちろん焼きたてパンなど色々ありました。特に焼きたてパンは美味しかった印象があります。

さて、朝食の写真を取り忘れたので、客室に戻ります。

テラス席

いなとり荘の潮騒倶楽部はレイトチェックアウトのため12:00時まで居られます。

テラスでじっくりとお茶でも一杯飲みすかね…

テラス席から見える相模湾

テラスからの景色も絶景ですね。この写真ではわかりにくいのですが「太陽の光で海がキラキラ」と輝いています

天候に恵まれると海の上に自然が作り出す「宝石たちのダンス」に出会うことができ、これは大変キレイです。(スマホの動画でもイマイチ撮れませんでした。肉眼でないとダメかもしれません。)

特に太陽が高い位置にある9:00以降がおすすめです。

テラス席と客室露天風呂

あ〜!せっかくなので温泉に入りたくなってきましたね。

入ろっと。

露天風呂からの眺め

温泉に入りながら海を眺めるのはやはり気持ちが良く最高!

早朝や夕方とはまた違う海の表情を眺めると…もう言葉にはできません。

日中の露天風呂からの眺め

さざ波の音を楽しみながら、水平線に浮かぶ積雲をゆったりと眺めます。

都会の喧騒を忘れて、ただ海と空を眺める…海も空も同じ「青色」と表されますが、まったく別の色ですね。これを見るとわかります。

テラス席

風呂上がりはまたテラスで一杯お茶を頂きます。

テラス席とお茶

では、東京へ帰宅します!

最後に「おすすめの季節は晩秋〜冬!(2月くらいまで)」

いなとり荘の潮騒倶楽部は2人で約5万円と大変経済的でも有りおすすめです。他にも「暁」「海月」などの客室もありますから、お好きなお部屋を選ばれると良いと思います。

伊豆は秋から冬がやはり晴天の確率が高いです。この時期は秋晴れや気圧配置が西高東低になるため関東太平洋側は比較的晴れやすい季節です。

できればこの時期に潮騒倶楽部に宿泊することをおすすめします。

そうすれば澄み切った空を眺めながら、露天風呂に入ることができますからね。

興味がある方は「いなとり荘」に宿泊されると良いと思います。

特に「海好き」にはタマラナ〜イ宿ですからね。

今回は「Relux」という一流旅館・高級ホテルの予約サイトを利用しました。

5%のポイントが付くことで私は「一休」や「じゃらん」よりもお得だと思っています。

またコンシェルジュに相談ができるので夫婦の結婚記念日の旅行やカップルの記念日旅行などにも相談できる旅行サイトです。

 「Relux」でいなとり荘 潮騒倶楽部(一般客室も)の詳細とReluxで予約する方はこちら

  「一休」でいなとり荘の詳細を確認・予約したい方はこちら

■ 「るるぶトラベル」でいなとり荘の詳細を見てみたい方はこちら

■ JTB国内予約で「いなとり荘」のプランや詳細を見たい方はこちら

■ 「じゃらん」で「いなとり荘」の詳細を確認したい方はこちら

またReluxの¥5,000円OFFになるクーポンコードを紹介していますので、初めてReluxを使われる方は5万円以上の宿泊で適用されるのでお得になります。必要な方は合わせてご利用下さい。

■ 高級旅館予約サイト『Relux』で¥5,000円OFFになる初回限定クーポンコードと使い方の解説はこちら

*当ページの画像を「キュレーションサイト」「ブログ」「webメディア」などで利用される際には画像を保存した後に画像キャプションに「出所」を明記して下さい。出所のURLにはこのページのURLをリンクして下さるようお願い致します。