【絶景】西伊豆スカイラインは海と夕陽が眺められるバイク・車好きにはタマラナイドライブスポットです。

 

 

西伊豆スカイラインと富士山の画像

西伊豆スカイラインは戸田峠から西天城高原までを結び、富士山や駿河湾、そして雄大な夕陽が見られる絶景のドライブスポットです。
ここは東京からも離れており、伊豆スカイラインや芦ノ湖スカイラインのようにバイクや車も走っていません。

 

少し1人になりたい時や自然の中で一呼吸をおきたい時にはまさに最高のスポット。
夕陽を横目に富士山を拝みながら、揺れるススキの音を楽しんではいかがでしょう。

 

ここは伊豆スカイラインとは違って、

  • 交通量はほぼ無し
  • 夕陽が絶景
  • パーキングには商業施設無し
  • 冬期は凍結有り

の道路です。

 

かつては伊豆スカイラインの天城方面から天城連山を通り、西伊豆スカイラインに繋げる構想があったようです。
しかし、結局つながることはなく、人も車もほとんど通らない道路が残っています。

 

西伊豆スカイラインは車もバイクも少なく閑散としており、1人でドライブをしたい時には最高の場所です。
ドライブや西伊豆旅行の際には是非行って下さい。

 

 

スポンサーリンク

西伊豆スカイラインの達磨山付近

修善寺戸田線の戸田峠から向かいます。

西伊豆スカイラインと戸田の町の画像

ここは西伊豆スカイラインの代表的なスポットの達磨山です。
この画像のように眼下には戸田の街並みと青い駿河湾が広がります。

 


ここは車を停めるスペースがほとんどありません。
唯一、車一台分停められるスペースがあるだけです。

 

この通り車通りが少ないです。
時々、ツーリングのバイクや車が通るだけで伊豆スカイラインのような賑わいはありません。

 

風に揺れるススキの音だけが寂しそうに聞こえます。

 

中伊豆・修善寺方面を望むと山々が広がっています。
ここは鹿が出ることもあるほど、山深い場所です。

 

西伊豆スカイラインからの眺め

太陽が西へ傾いてきました。
ここからが西伊豆の最も素晴らしい夕陽の時間です。

 

西伊豆スカイラインからの夕陽

太陽が傾く夕方になると戸田の街は夕闇に包まれ、駿河湾がオレンジ色に染まります。
西伊豆は夕日の街で大変ロマンチックですね。

 

富士山も顔を出します。

西伊豆スカイラインの夕陽の画像

秋から冬になると雪化粧をした富士山が顔を出します。
まるで空に浮かんでいるかのような姿は雄大で立派なものです。

 

山体に夕陽を浴びるこの時間帯は富士山も顔を赤らめます。

 

西伊豆スカイラインの各所

この画像は確か西伊豆スカイラインの入り口の西天城高原の仁科峠宇久須線だったと思いますが、ここまで来ると本当に車さえ疎らです。笑

 

西伊豆スカイラインの標識

初めて見ました、牛マーク!笑
ちなみにここ西伊豆スカイラインでも鹿がよく出ます。
昔、芦ノ湖スカイラインで鹿に通せんぼされたことがありましたが、ここも本当に動物が多い場所です。

 

戸田駐車場

ここは戸田駐車場です。
ここからも戸田の街が見られます。

 

土肥駐車場

西伊豆スカイライン土肥駐車場からの画像

この画像は確か土肥駐車場からの画像です。
逆光で見づらいんですが、太陽の光りが当たっている入り江辺りが「土肥」で、右川の枯れ枝の辺りに「小土肥」があります。

 

ここは静かで小鳥のさえずりと大海原に揺らめく太陽の光りが何とも言えない美しさです。
まさに自然溢れる素晴らしい場所です。

 

西天城高原

西伊豆スカイラインからの眺め
西伊豆スカイラインは西天城高原まで行けます。
ここが終点です。

 

 

スポンサーリンク

アクセス

西伊豆スカイラインのアクセスは修善寺から修善寺戸田線を通られると便利です。
戸田峠から西伊豆スカイラインに入ることができます。

または東名や新東名から伊豆縦貫道⇒月ヶ瀬ic⇒国道136号線⇒西天城高原線⇒船原峠が良いです。

 

一方、宇久須から西伊豆スカイラインへ向かう411号線は道が狭いので対向車が来るとすれ違いにくいです。
出来るだけ修善寺戸田線・国道136号線を利用されることをおすすめします。

 

アクセス:googleマップ