【実際に行ってみた】熱海サンビーチはキレイな水質で海水浴に最適です。夜にはライトアップもされます。


慶太ブログ ~日本の旅行先やホテル・高級旅館を紹介するブログ~ > 伊豆 > 【実際に行ってみた】熱海サンビーチはキレイな水質で海水浴に最適です。夜にはライトアップもされます。

 

熱海サンビーチ

熱海サンビーチは海水がキレイで、リゾートのような雰囲気もあり、ぜひ家族連れやカップルで行きたい場所と言えます。
ちなみに水質も最高ランクで、平成30年度の静岡県の海水浴場水質検査データでは熱海サンビーチは水質区分が「AA」ですから、文句無しでしょう。

熱海サンビーチは、熱海という東京から近い立地にあり、伊豆の海水浴場としても有名です。
東海道線新幹線が通り、特急踊り子や国道からのアクセスもよく夏場は大変混み合います。

今回は熱海サンビーチについて海水の質や周りの環境などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

熱海サンビーチへ

熱海サンビーチ

熱海市街地から歩いて来ました。
国道134号線の目の前ですから、鉄道よりも車の方がアクセスは良いでしょう。

道はしっかりと整備されており、歩きやすくなっています。

 

熱海サンビーチの手すりの模様

この海岸沿いの手すりには「梅」の模様が見られます。
これは熱海の梅をモチーフにしたものだと思われます。

 

熱海サンビーチの絵

この画像のように足元にも梅の絵が見られます。
熱海には「熱海梅園のもみじ祭り」「熱海梅園の梅まつり」もありますから、秋や冬も観光や旅行を楽しめます。

 

熱海サンビーチ

大きさは非常に広く海水浴場は500mほどあります。
また正面には防波堤があり、波の高さはそれほどありません。

熱海は海に囲まれていますが、海水浴が出来るのはこのエリアだけです。
他のエリアは港になっていたり、釣り場になっているので熱海駅周辺で海水浴が出来るのは、このサンビーチだけになります。

 

熱海サンビーチから後ろを振り返る

すぐ後ろを振り向くと熱海のリゾートマンションやホテルが見られ、南国の木々が雰囲気を誘います。
最近は新しい建物が多く、もう昭和の面影はありません。
若い人が増える理由もわかりますが、昭和臭さも残って欲しいとも思います。

気になる海水と砂の質は「非常にキレイ」

熱海サンビーチの砂浜の質

これが熱海サンビーチの砂浜です。
砂は細かく体重をかけると沈みやすく、歩きにくいです。

 

熱海サンビーチの浜辺の海水

そしてこちらが浜辺の海水です。
湘南の平塚から大磯、二宮、そして小田原までは急に深くなっているため遊泳禁止ですが、この熱海サンビーチなら目視で確認できる範囲はそれほど深くなっていません。

お子さんや若いカップルでも十分安全に海水浴が出来ると言えます。

 

熱海サンビーチの海水のキレイ度

この画像のように海水は透明です。
この日は快晴で3mほど先まで透明に見えました。

江ノ島の海は濁っていますが、やはり熱海まで来ると水は非常にキレイです。

熱海サンビーチの海水

波打ち際は海の中で砂が舞い上がりますが、その奥は無色透明で文句無しです。

平成30年度の静岡県の海水浴場水質検査データでは熱海サンビーチは水質区分が「AA」です。

 

小田原から真鶴、湯河原と岩礁地帯が多く、水も大変綺麗です。
しかし、熱海サンビーチは伊豆下田のようなエメラルドグリーンを連想させるような海水ではありません。

熱海サンビーチも十分キレイな海水浴場ですが、さらに伊豆下田の白浜や鍋田浜のような場所を選んだ方が良いかもしれません。

 

熱海サンビーチの背中側

宿泊されるホテルとしてはこの画像の左に映っている「ホテル ミクラス」は熱海サンビーチの目の前ですから立地としてはおすすめです。

冬場でもリゾート気分を味わいに熱海に来られる方は、熱海サンビーチが目の前に広がるホテルミクラスも良いかと思います。

⇒ 熱海ホテルミクラス

 

駐車場とトイレも有り

画像で紹介できませんでしたが、熱海サンビーチの前には公衆トイレがあります。

また駐車場もありますが、夏期は満車になるかもしれません。
海水浴の時には、熱海市街地にはコインパーキングがあるので、そちらを利用されると良いと思います。

 

⇒ 海水浴場が目の前!伊豆の家族旅行で泊まりたいおすすめの宿15選

 

  伊豆のページへ戻る