【実際に行ってみました】下田プリンスホテルは海が絶景!海水浴場も目の前で夏場はおすすめです。

下田プリンスホテルからの眺め

この旅行記を見て、下田プリンスホテルに行ってみたいと思いました。
テラスからは雄大な相模湾が見える大絶景で、夏は浜辺に降りて海水浴も出来ます。
子供と一緒に家族で海水浴なんか最高ですね、白浜の海は綺麗ですから!

さらに天気と時期が良ければ朝日も見えますから、もうお腹一杯です。

下田プリンスホテルからの日の出

秋から春のシーズンオフは料金も安くなりますから、海好きの方は海を見ながらぼんやりと過ごすのもおすすめですね。

 

下田プリンスホテルの特徴!
  • 海が目の前の絶景!海好きはいつかは立寄りたいホテル
  • 海岸までホテルから歩いて行けるので、海水浴にもおすすめです。
  • 価格はリーズナブル。特に夏シーズンを外すと安く宿泊できます。
  • 素泊まりや朝食付きプランもあるので、下田観光の宿としても便利。

 

場所 伊豆下田
料金の目安 朝食付きの場合1人8,000円〜
私のオススメ度 海好きは絶対行きたい!

 

 

 

スポンサーリンク

下田プリンスホテル到着

下田プリンスホテルの外観

まずこれが下田プリンスホテルの外観です。
ホテルは五階建て、鳥瞰して見ると南北に羽を伸ばしたような造りになっています。
この画像では西側(山側)から東側(海側)を見て撮影しており、画像の左側が北側の客室、右側が南側の客室です。

 

下田プリンスホテルのロビー

館内に入るとすぐに右側にロビーがあります。
チェックインの手続きはこの画像の左側にあるカウンターで行いすぐ終わりました。
寿司処楽海の案内も出ています。

 

下田プリンスホテルのロビー2

この画像の正面の通路の左側に寿司処楽海があります。
ちなみに朝食の会場はこの正面の通路を真っ直ぐ行き、右側に下る階段を行くとあります。

この画像の右側を行くとすぐにエレベーターがあります。

 

ロビーの日の出時刻案内

親切なことに明日の日の出の時刻が紹介されています。
この下田プリンスホテルは東に海が開けているので、海に浮かぶ朝日が見えます。
今回はせっかくですから、是非見てみます。

 

下田プリンスホテルのエレベーター

こちらがエレベーターです。
普通のエレベーターで二台しかないので、夏等の海水浴シーズンには人で賑わうので忙しいでしょう。
ちなみにこのホテルのフロントは2階にあります。

 

館内図:フロアマップ

ホテルのフロアマップ

そしてこれが下田プリンスホテルのフロアマップ(避難経路図)です。

もう少し分かりやすくすると、

下田プリンスホテルの客室図

このようにどの客室からは海が見えるようになっています。
北側には大浴場があるので、北側の方が移動距離が少なく済みます。
このフロアマップを見てわかるように、南側と北側のどちらの塔になるかで眺望が変わります。

下田プリンスホテルは構造上、隣の部屋の外壁がテラスから見えるので、北側の塔になると北側の海が外壁で遮られてしまいます。
そうすると朝日が北寄りに出る夏場は北側の客室からは朝日が見にくいかもしれません。
同じように、冬は南寄りから朝日が出るので南側の客室からは朝日が見にくいかもしれません。

 

廊下〜客室

下田プリンスホテルの5階案内板

今回は最上階の五階の北側客室に宿泊します。
テラスと椅子付きの客室や和洋室などもありますから、お好みが良いと思います。

私は海が好きなので、この下田プリンスホテルでは最上階が良いのではないかな〜と選びました。

 

下田プリンスホテルの5階案内板

ちなみにこちらが南側です。
号数は北側から数えられているようですね。

 

下田プリンスホテルの廊下

廊下が長い!笑

 

下田プリンスホテルの廊下は長い

まだ廊下が長い。
ホテルの構造上、移動距離が長くなるので結構大変ですね。

 

下田プリンスホテルの廊下からの眺め

廊下から左(西方面)を見ると山々が見えます。

 

下田プリンスホテルの廊下からの眺め

少し紅葉が始まっていますが、温暖な下田では紅葉も遅めです。

 

下田プリンスホテルの廊下からの眺め

天気が良いと自然も気持ちよく見えます。(画像は宿泊の翌日)

 

下田プリンスホテルの客室

客室のルーム番号とインターホンです。

 

客室のドアノブ

そしてこちらが部屋のドアノブで昭和っぽい感じが残っています。

では、客室に入ってみます。

 

客室から見たドアノブ

こちらが部屋の内側で、チェーンもついています。
内側からは空いても、外側からは空かないので間違って出ないようにしましょう。

 

棚

客室に入ると正面にクローゼット、左側がトイレと洗面台、右側にベッドルームがあります。

クローゼットを開けてみると、

スリッパ

スリッパが入っています。

 

浴衣

右側には浴衣が入っています。
ちなみにサイズはMなので、背が小さい方や大きい方は別のサイズが必要です。

 

湯沸かし器セット

こちらは左側にある小さな扉にポットやグラスが入っています。

冷蔵庫

冷蔵庫もあります。
こちらは中身が空なので、お土産なども一時的に保管出来て嬉しいですね。

 

鏡

玄関へ入ってすぐ右側には鏡があります。

 

トイレ

こちらはトイレです。
座って見たところやや小さいかなと感じました。

 

アメニティ

アメニティなどです。
歯ブラシが色付きなので複数人での宿泊では間違えにくいようになっており、これはとても良い工夫だなと思いました。

 

客室の備品

ドライヤーも綿棒もありますね。

 

備品

消臭力まであって心強い!
これならカップルでも安心!

 

客室の扉

さて、客室の扉を開けてみたいと思います。

下田プリンスホテルの客室

すでに入ってしまったので散らかっていますが、このようになっています。
この画像の右奥のベッドはエキストラベッドです。

正面には海が一望出来ます。

 

下田プリンスホテルからの眺め

この日は天気が悪かったのですが、相模湾が一望出来る好立地です。
ホテルからの海岸までの階段があり、海水浴場にも直結しています。

 

ちなみに、翌日晴れたので晴れバージョンを紹介します。

下田プリンスホテルの客室からの眺め

晴れた日は本当に絶景です。
扉を開けると潮風が入り、とても気持ちが良い。

ちなみにもっと海の状態が良いと、このように絶景です。

 

 

ベランダへの鍵が閉まった状態

この扉はしっかりと鍵がかかっています。

 

ベランダへの鍵が閉まった状態

左側にもロックがかかっています。

 

ベランダへの鍵を開ける方法

レバーを上に上げると、ロックが解除されます。

 

ベランダへの鍵が空いた

このように開くようになっています。

 

客室のベランダ

テラスというのかベランダというのか足元は広くありません。
ちょうど1人が出られる分の大きさです。
ちなみに2階の客室にはテラスが付いている客室もありますから、ゆっくりとしたい方はそちらの客室の方が良いかもしれません。

 

禁煙です

このテラスは禁煙になっています。

 

虫注意

この画像のようにここは自然が多い地域ですから、窓を開けていると虫が入ります。
私も窓を開けていたらちっちゃなカメムシが入っていました。

 

部屋の床

これが客室の床です。
やや凸凹しているので滑ることはありません。

 

客室の照明リモコン

こちらが客室の照明リモコン。
Panasonic製です。

 

空気清浄機

こちらは空気清浄機。

 

空調設定

こちらはエアコンの設定です。

 

空調

こちらがエアコンです。

 

時計

時計はデジタルでした。

 

灯り

照明は明るいオレンジ色です。
この客室には照明が多いので、自分の好みで調整できるので良いと思います。

 

テレビ

こちらはテレビです。
付けてみると静岡県の放送が多く、とても新鮮なものでした。
ちなみにBSも映ります。

 

ベッド照明

こちらはベッドサイドの照明です。

 

照明ボタン

この左側の銀色のボタンを回すと灯りを調整できます。
フットライトもあります。

 

金庫

こちらは金庫です。

 

部屋のアートボード

ベッドの上にはアートボードも飾ってあります。

 

ベッド

ベッドにはクッションと枕が2種類置かれています。
枕は堅いものと大きいものがあり、好きな方を選べます。

 

ベッドの大きさ

メジャーが無かったので静岡コーラでベッドの長さを測ります。
おおよそ「静岡コーラ9本分」です。

身長190cmほどの方には少し小さいベッドかもしれません。

静岡コーラ

ちなみにメジャーに使ったのは、静岡県の高速道路のPAやSA、伊豆で売られている「しずおかコーラ」です。
緑茶が入ったコーラという味で珍しく買ってしまいましたが、私にはあまり美味しく感じませんでした。

 

下田プリンスホテルの日の出時刻案内

客室には日の出時刻と方角、伊豆大島や伊豆七島の案内があります。
これを見ると海を見るのも楽しくなりそうです。

 

下田プリンスホテルのルームキー

ルームキーはカワイイ魚型になっています。

 

これから夕食ですが、せっかく来たので下田市街地で食べたいと思います。

 

下田プリンスホテルの夜の眺め

夜は階段に灯りが付いています。
満月の時には非常にキレイなムーンロードが見えると思います。
ちなみに月の出る方向にはこのサイト「月の出/日の出マップ」がおすすめです。

 

絶景の朝日

日の出前の客室からの眺め

朝がやってきました。
日の出は6時ですが、6時前にはすでに明るくなり始めています。

 

日の出前の客室からの眺め

遠くには雲が見えます。
この右下に見える青色の屋根は食事会場です。
朝食はこちらでバイキングを食べます。

 

客室は視界が広い

下田プリンスホテルのベランダにはこの壁がありますが、あまり大きくないのでそれほど奥まった印象はありません。

 

客室は視界が広い

上も同じです。
空が見えるようになっています。
夜には東京では見られないような、キレイな星がたくさん見えました。

 

日の出前の客室からの眺め

漁船と貨物船の向こう雲から太陽の光が溢れてきます。

 

日の出前の客室からの眺め

海は大荒れですが、外のバルコニーには多くの人が朝日を見ています。
客室のテラスから眺めが悪い場合は、この画像の右下にあるテラスで見るのも良いと思います。

 

下田プリンスホテルからの日の出

太陽が見えてきました。

 

下田プリンスホテルからの日の出

サンロードが見えますね。
揺ら揺らとオレンジ色の光が煌めきます。
繰り返す波の音と潮の香りが雄大な眺めを引き立ててくれます。

 

下田プリンスホテルからの日の出

部屋にあるソファーに座っても朝日が見えます。

 

下田プリンスホテルからの日の出

この下田プリンスホテルに泊まられる際には、絶景の朝日は見ておきたいですね。

 

この後には朝食を頂きました。
朝食はバイキング形式でパンやご飯、干物やオムレツ、サラダ、フルーツなど一般的な内容でした。

 

 

海水浴場はすぐ目の前

それでは海へ降りてみたいと思います。
目の前は白浜大浜海水浴場ですから、夏は海水浴目当てで宿泊される方も多いホテルです。

下田プリンスホテルから白浜大浜までの入り口

このページの上の方で解説した画像の照明にこの扉があります。
この画像の右側には階段があり、そこを下ると朝食のバイキング会場があります。

 

下田プリンスホテルから海水浴場までの道

扉を開けるともう海が見えますね。
右側の丸い建物が朝食会場です。
では、階段を降りていきます。

 

下田プリンスホテルの水洗い場

すぐ左側には洗い場があります。
夏はここで砂を落としていくのでしょう。
この画像の左側には更衣室もありました。

 

下田プリンスホテルのテラス

階段を降りていくと右側にはテラスがあります。

 

下田プリンスホテルから白浜大浜までの木の道

道は木材で固定されているので何とか歩きやすいです。

 

下田プリンスホテルのテラス

テラスは気持ちが良いですね。

 

下田プリンスホテルのテラス

秋や春にはここでのんびりするのも良いともいます。

 

下田プリンスホテルからの白浜中央海水浴場の眺め

相模湾も見えます。

 

下田プリンスホテルのテラスからの眺め

北側(東京方面)の眺めも絶景です。
さらに階段を降りてみたいと思います。

 

下田プリンスホテルから白浜大浜までの木の階段

階段はしっかりとしています。
本当にホテルから海まで近いですから、海水浴には便利なホテルだと思います。

 

白浜中央海水浴場

ここは場所から見て白浜大浜にあたると思います。
砂浜は白くはありません。
どちらかというと白浜中央海水浴場の方が白いと思います。

 

白浜大浜海水浴場

海水は綺麗です。
この日は前日に低気圧が通過して荒れ模様でしたが、水は大変キレイです。
しばらく雨が降っていない冬等は特にキレイかもしれませんね。

 

海水浴場から下田プリンスホテルを見る

後ろを見ると、客室が見えます。
ここから見える客室なら浜辺が見えるのでしょう。

 

客室に戻り海を眺める

下田プリンスホテルから見える伊豆七島

客室に戻り、ぼんやりと海を眺めます。

 

下田プリンスホテルからの眺め

海はややエメラルドグリーンになっています。
波が高かったのでサーファーの方がたくさん出てきました。

 

下田プリンスホテルからの眺め

この午前の時間帯になると非常に気持ちが良いですね。
夏は海水浴場はもちろん、秋や春の行楽シーズンにもちょっと海を眺めに宿泊されるのもおすすめです。

 

伊豆七島の利島

右側には伊豆七島の利島が見えます。
伊豆七島の中で利島が1番ハッキリと見え、次に新島がハッキリと見えました。

 

下田プリンスホテルからの眺め

この画像では利島の右側にはうっすらと「新島」も見えます。
熱海では見えませんが、下田まで来ると伊豆七島が少し見えます。

 

下田プリンスホテルから見える白浜大浜の眺め

スマホではわかりにくいのですが、海は少しずつキレイになってきています。
やっぱり雨が降っていない時期がキレイなようです。

 

客室ベッドから寝ながら海を見た景色

最後にベッドで寝ながら海を見た写真です。
相模湾の絶景ですね、もうこれは文句なしです。

 

ここは夏の海水浴だけでなく、海好きの方は海を見る目的で宿泊されるのも本当におすすめです。
下田プリンスホテルは料金が熱海や伊東などの他のホテルより安いですから、気分転換に是非行ってみて下さい。

 

アクセス

下田プリンスホテルの地図

出所:google map

下田プリンスホテルは国道135号線沿いにあります。
東京からのアクセスは河津方面から国道135号線を通り左折して入ると良いでしょう。

下田プリンスホテルは下田駅から離れており、徒歩では行けません。
伊豆急行でのアクセスでは駅からタクシーや無料マイクロバスを利用されると良いと思います。

 

【クーポン】夏休みの海水浴シーズンや連休など安く泊まる際にご利用下さい。

下田プリンスホテルで使える「Relux」の¥5,000円安くなるクーポン有り!

Reluxで初めて予約される方限定で「¥5,000円OFF」のクーポンがあります。
5万円以上の宿泊予約で利用できるので、宿泊料金が高くなる「夏の海水浴シーズン」や「連休シーズン」でお使い下さい。(伊豆以外の宿でも利用できます)

クーポンの使い方とコードはこのページで紹介しています。

⇒ 実際に『Relux』¥5,000円OFFクーポンコードとその使い方を解説します!

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

⇒ 「じゃらん」で詳細を確認する