国内旅行の予約のタイミングはいつが良い?答えは「約3ヶ月前」か「直前」が良い。


慶太ブログ ~日本の旅行先やホテル・高級旅館を紹介するブログ~ > 旅行 > 国内旅行の予約のタイミングはいつが良い?答えは「約3ヶ月前」か「直前」が良い。

 

このページは

「国内旅行はいつ予約すれば良いのかな?」

と悩まれている方向けのページです。

 

結論から「国内旅行のタイミングはいつが良い?」のかと言えば、「3ヶ月以上前」「直前」がベストです。

 

 

スポンサーリンク

【結論】国内旅行の予約のタイミングは「3ヶ月以上前」か「直前」がベストです

 

理由は「早めに予約を入れておきたい」と「利益のために稼働率を上げたい」からです。

 

 

スポンサーリンク

3ヶ月以上前のタイミングで予約する場合

3ヶ月以上前に予約をすると以下のメリットがあります。

  1. 通常よりも大きな割引を受けられる
  2. 客室を選べる(人気客室は埋まりやすい)

 

まず「通常よりも大きな割引を受けられる」とは、ホテルや旅館は予約時期が早ければ早いほど割引金額が大きくなります。

 

例えば、これは「Relux」という予約サイトのある旅館です。

早割が安くなっている証拠

出所:Relux

「90日前に予約する早割90」は「45日前に予約する早割45」や「通常プラン」よりも宿泊費用が安くなっていることがわかります。
金額で見ると90日前に予約すると通常プランより「5,000円」ほど安くなりますから、大変お得です。

 

もちろん全ての宿で早割プランを行なっているわけではありませんが、宿泊施設としては早めに予約を入れておきたいのでこのような割引をやっています。
予約を検討している方は「3ヶ月以上前」から早割が有るかチェックしておくと安くできる可能生があるのでお得になります。

 

 

またもう1つ「客室を選べる(残っている)」ことも3ヶ月以上前に予約するメリットです。
出来るだけ早く予約するほうが希望する客室が残っている可能性が高くなります。

 

デメリット

3ヶ月以上前に予約するデメリットとしては

  1. 当日の天気が予想できない

ことです。

 

直前予約であれば当日の天気や台風の状況などを考慮できますが、3ヶ月以上前では旅行当日はどんな天気なのか予想もできません。
そのため、もし天候や天気に左右される旅行であるならば直前に予約をしたほうが良いといえます。

 

スポンサーリンク

「直前」のタイミングで予約する場合

以下のメリットがあります。

  1. 直前割引がある

 

ホテルや旅館は「空室」を避けたいために料金を下げてでも客室の稼働率を上げようとします。
そのため宿泊日が迫ってくると直前割引をする旅館が多く見られます。

直前割引のReluxオファー

例えば、これは「Relux」というサイトで、この画像では直前予約の場合に割引になるものです。
このReluxオファーで数%〜数十%の割引価格で宿泊ができます。

 

このオファーは一部宿の閑散期や直前になると出てくるため、宿泊費用を安くするには最適です。
他の予約サイトでも直前割りがありますから是非チェックしておきましょう。

 

直前に予約するメリットは、この直前割りを利用して予約できることです。

 

デメリット

ただ反対にデメリットもあります。

  • 余り物の客室に入れられることがある

これが難点です。
例えば、全10室の旅館で1室だけ残っていた場合、その客室は階層が低かったり、他の客室よりも眺望が悪い客室の可能性があります。

 

これは宿は同じ客室プランであれば良い客室から詰めていくからです。
閑散期などはお部屋のグレードアップをしてくれる宿がありますが、混雑期の残り物には良い客室が残っていない可能生が高いです。

 

スポンサーリンク

閑散期や平日は遅くても間に合うことが多い

 

 

 

スポンサーリンク

連休やお盆・年末年始は早めに入れる

 

 

 

 

  旅行のページへ戻る
旅行
スポンサーリンク
kei--keiをフォローする
 
慶太ブログ

コメント