【実際に江ノ島へ行ったので】インスタ映えするスポット9選を紹介!富士山と海がキレイに見えるお店やカップル向きの場所も紹介!

 

江ノ島魚見亭からの景色

実際に江ノ島を旅してみてインスタ映えするスポットを見つけたので9つ紹介したいと思います。

江ノ島はインスタ映えするようなインパクトのある写真を撮れる場所が多いので、是非江ノ島での観光を楽しんで下さい。

 

スポンサーリンク

江ノ島でインスタ映えするスポット9選

江ノ島インスタマップ

江ノ島を旅してインスタ映えするスポットを自作の地図にして見ました!笑
私はこれらのスポットがインスタ映えには最適だと思うので、これから江ノ島に行かれる方は参考にどうぞ。江ノ島を象徴する物があったり、景色がとてもキレイな場所ばかりです。

探してみて欲しい:運があれば見られる江ノ島に出現するリス

江ノ島サムエルコッキング苑にいたリス

江ノ島のサムエルコッキング苑や奥津宮付近の森でリスを見ました。
江ノ島本島は森が多く、野生動物もいるんですね。

 

江ノ島サムエルコッキング苑にいたリスの拡大画像

もし江ノ島に行かれる方は森の中や木の上にリスがいないか見てみると楽しいでしょう。

 

①江ノ島参道入り口

江ノ島参道入り口

江ノ島の参道はまさに江ノ島らしいインスタが撮れるスポットです。
ここを見ると江ノ島へ来たと一目で分かる有名な景色ですから、観光に来られた方にはピッタリでしょう。
人が多い場所なので迷惑にならないように写真を撮りましょう。

 

②西浦漁港から見える富士山

江ノ島西浦漁港

江ノ島の参道を登っていると右側に小道があり、西浦漁港に通じています。
ここは小さな漁港で富士山を見ることが出来る隠れスポットです。

 

江ノ島西浦漁港

ここは水もキレイで観光客も少ないため静かに過ごすことができるのでおすすめです。
ちょっと人を避けて一息つきたい方は足を運びましょう!

 

③ 江ノ島神社鳥居

江ノ島神社入り口

参道の頂上の江島神社辺津宮の鳥居です。
ここも立派な鳥居が江ノ島として有名な場所ですから、インスタ映えには向いてます。

 

④鎌倉方面が見られる展望台

鎌倉の眺め

江島中津宮前の小さな展望台から見られる眺めです。
ここは七里ケ浜や稲村ケ崎、逗子葉山方面の海が見られるのでインスタ映えに役立ちます。

 

⑤恋人(龍恋)の鐘

江ノ島恋人の鐘

龍恋の鐘は恋人の聖地として江ノ島でも有名なスポットです。
恋人の鐘とも呼ばれています。

江ノ島には昔、欽明天皇の時代(西暦552年)にこの江ノ島に舞い降りた天女と鎌倉深沢で悪さをしていた五頭龍が結婚したという伝説があります。
村に悪さをしていることから結婚を断られた五頭龍が改心することを引き換えに天女との結婚を許してもらい、その後は村を守り、後に江ノ島のすぐ向かいにある竜口山(現在の湘南モノレール江ノ島駅の山である片瀬山)になったと言われています。
この龍恋の鐘もその伝説が由来となっており、今では多くのカップルが観光に訪れては鐘を鳴らしています。

 

恋人の鐘に掛けられた南京錠

この南京錠は龍恋の鐘入り口右側付近のお店で販売されており購入できます。
多くのカップル達がここで鐘を鳴らし、お互いの思いを南京錠に書き残していきます。

⇒ 江ノ島恋人(龍恋)の鐘は南京錠の連なるまさに恋人の聖地。多くのカップルがここへ来ています。

 

⑥江ノ島灯台

江ノ島シーキャンドル

江ノ島の象徴的な展望台で「江ノ島シーキャンドル」と呼ばれています。

 

江ノ島シーキャンドルの屋外展望台

展望台からは屋内と屋外の2つのエリアがあり、360度見渡すことができます。
天気が良いと三浦半島や房総半島、横浜みなとみらいのランドマークタワー、富士山、伊豆大島と見ることができます。
ここからは海がキレイに見えるので、観光客が海の写真を撮影したり、夕陽の写真を撮ったりと非常に賑わうスポットです。

 

江ノ島シーキャンドルから見える夕陽と富士山

特に秋から冬の夕陽は相模湾に静かに沈むため絶好のインスタ映えスポットです。
逆光でシルエットになりやすいので、上手く撮影して下さい。

 

⑦魚見亭テラス席からの景色と夕陽

江ノ島魚見亭からの景色

魚見亭は奥津宮から岩屋方面に向かう参道の左側にある飲食店ですぐに気づきます。
ここのテラス席は相模湾を望む絶好の高台にあり、右には富士山・箱根山、真鶴半島や伊豆天城山、伊豆大島など全て見渡すことができます。

ここからはキレイな海を背景した写真が撮れますからインスタ映えにおすすめです。

ただ飲食店ですから迷惑にならないように撮影されると良いでしょう。

 

⑧岩屋街道:チラッと海が見える階段

江ノ島の海が見える階段

魚見亭を過ぎて急な階段を下って行くと昔ながらの風景が広がります。
ここは昔らしい街並とちらっと見える海が江ノ島らしさを醸し出す絶好のインスタ映えスポットです。

階段が急なので転ばないように気をつけて下さい。

 

⑨稚児が淵からの富士山や夕陽

江ノ島稚児が淵

稚児が淵は1923年の関東大震災の際に0.9mほど隆起して出来た岩場と言われています。
波が低い時や海が静かなときには岩場に降りることも可能です。
ここは海が目の前で迫力がある場所です。

 

江ノ島稚児が淵

このように岩場で魚を見たり、海を背景にしてインスタを撮れることがオススメの理由です。
ただ水深1mほどの水たまりに落ちてしまったり、高い波が来ると波しぶきが上がるので気をつけましょう。

 

おまけ:片瀬江ノ島海岸西浜(ウユニ塩湖ならぬウユニ江ノ島)

片瀬江ノ島西海岸からの夕陽

江ノ島本島ではなく新江ノ島水族館目の前の海岸は夕焼けがキレイなためインスタ映えします。
ここは南西方向に開けているので、9月〜2月くらいの時期には海に夕陽が沈むロマンチックな眺めを楽しめます。

 

片瀬江ノ島西海岸からの夕陽

その日の天気によって「赤く染まる夕焼け」や「雲の隙間から溢れる光り」が見られるため、来るたびに違った表情を見せてくれます。

 

片瀬江ノ島西海岸からの夕陽

海辺に空の色と景色が反射する「ウユニ塩湖」ならぬ「ウユニ江ノ島」も条件が揃えば見ることができますから、きっとインスタ映えするでしょう。

 

スポンサーリンク

最後に

江ノ島は友人やカップルで一緒にインスタ映えを探すには絶好のスポットです。
特に夕方がキレイなスポットが多いので、この時間まで江ノ島に居られると良いでしょう!