【女子旅で伊豆の温泉へ行くなら】伊豆の各エリアの紹介と女子旅向けの⑤つの宿を紹介します。


慶太ブログ ~日本の旅行先やホテル・高級旅館を紹介するブログ~ > 旅行 > 【女子旅で伊豆の温泉へ行くなら】伊豆の各エリアの紹介と女子旅向けの⑤つの宿を紹介します。

 

下田プリンスホテルのテラスからの眺め

 

伊豆の温泉旅館へ女子旅に行きたい」
「都会を離れ海を見たいな」
と思われる女性がいると思います。

 

そこで伊豆のエリアの解説と女子旅で見所のある宿について紹介していきます。
ちなみに「Relux」の10%OFFクーポンも紹介しているので良かったら合わせて使って下さい。

 

スポンサーリンク

【10%OFFで】女子旅を安く予約するクーポン

女子旅を安く予約する方法に「Relux」でクーポンを利用して予約する方法があります。
ちなみに「Relux」とは、高級旅館からカジュアル宿まで予約できる旅行サイトです。

 

初めて「Relux」で予約する方で5万円以上の宿泊予約で利用できる10%OFFクーポン」があります。
これを使うと安くなるので是非使って下さい。

 

使い方はこの画像のように簡単です。

reluxクーポンの使い方

 

「10%OFF」ですから、5万円の旅行よりも10万円の旅行のほうが割引率が高くなります。
クーポンで安くなった分は、スイート客室に泊まったり、美味しい食べ物を食べたり、グリーン車に乗ったり、お土産代に使うなどお好きに使って下さい。

 

今回使わなくとも、プライベートの旅行でも利用できますからどうぞ使って下さい。
もし使い方がよく分からない方は、以下のリンク先で詳しく紹介しています。

 

こちら:実際に『Relux』10%OFFクーポンコードとその使い方を解説!

 

⇒ Reluxで伊豆の高級旅館を探す(10%OFFクーポン利用可能)

 

スポンサーリンク

伊豆のエリア解説

熱海

熱海の市街地の画像

東京駅から東海道新幹線で44分のアクセスが良く、海が近い温泉地です。
熱海は徳川家康が気に入り、江戸まで桶に入れて運ばせたほどの歴史の深い名湯です。

 

2010年ほどからリニューアルされた宿が多く、女子旅に合うような綺麗な宿がたくさんあります。
熱海花火大会や熱海サンビーチ、熱海梅園、熱海城といった観光名所もあるので女子旅以外でもおすすめの場所です。

 

伊東

 

熱海から南に行った伊東は熱海のような騒がしい雰囲気が無く、落ち着いた街並が魅力的です。
飲食店が多いことから朝食のみのプランで宿泊して、夕食は現地で済ますことができるというのもここで女子旅をする魅力です。

 

伊豆高原

大室山からの眺め

伊豆高原は正確には伊東市ですが、美術館や博物館の多い別荘地エリアです。
この画像のように眺めの良い大室山や小室山、シャボテン公園や海の近い城ヶ崎公園の吊り橋など女子旅で観光されるには最適なエリアです。

 

面積が広いエリアなので鉄道でのアクセスよりも自動車やレンタカーを使った方が観光しやすいでしょう。

 

伊豆北川

 

海のすぐ間際にある温泉地で、国道を挟んで温泉旅館があります。
ここの最寄り駅は特急が停まらない伊豆北川駅で不便ですが、海が近いことからオーシャンビューの景色を売りにした宿が多く、穴場でもあります。

 

東側に相模湾が見えるので、早朝の朝日や満月の明かりが海に道を作るムーンロードなどでも有名です。

 

伊豆熱川

熱川館の画像

海沿いに旅館やホテルが建ち並ぶ東伊豆の温泉地です。
この画像は熱川youビーチから撮った画像で、海が近いことから海好きにはおすすめの場所です。

 

伊豆北川よりも安価で宿泊できる熱川館や熱川大和館などがあり、私が行った時も外国人観光客の若い人が海岸で写真を撮っていました。
最寄駅の伊豆熱川駅は特急踊り子が停まる駅ですから、ちょっと喧騒から離れたい時に良いエリアです。

 

伊豆稲取

伊豆稲取

伊豆稲取は金目鯛と日本三大ひな祭りで有名な伊豆の温泉地です。
オーシャンビューの旅館が多く、浜の湯やいなとり荘、稲取銀水荘など高級旅館も多いエリアです。

 

伊豆の中でも田舎の港町という雰囲気が残る場所ですから、都会の喧騒を離れたい女子旅には良いかと思います。
ここの金目鯛は脂がのっていることで全国でも有名で、千葉の勝浦や神奈川県の三崎以上に美味しいと思います。稲取へ行くなら稲取で取れた金目鯛もグルメプランに入れましょう!

 

今井浜

 

夏は海水浴客で賑わう稲取と河津の間にある小さな海岸です。
ホテルや旅館も他のエリアと比べて少ないために、静かに過ごしたい時に向いています。

 

河津桜の時期には周辺道路が混み合い、旅館も混雑+繁忙期料金になることもあるので、この時期は外されると良いです。

 

下田

白浜大浜海水浴場から北側の眺め

白浜や外浦、鍋田浜など日本でも大変美しい海岸があることでも有名なエリアです。
実は下田まで行くと交通アクセスが不便になることもあり大変安くなります。

 

夏は海水浴シーズンでどこのホテルも高額になりますが、それ以外のシーズンでは大変安く宿泊できます。
冬でも海がキレイなので海を見に遊びに行く女子旅には良いエリアかもしれません。

 

スポンサーリンク

女子会で行きたい伊豆のホテル⑤選

いくつか女子旅で使えそうなホテルをピックアップしました。
宿選びの参考にどうぞ。

①【熱海の海を一望】ホテル ミクラス

熱海の海岸線沿いにあるスタイリッシュな温泉リゾートホテルです。
東京から新幹線で1時間程度で行ける女子旅にもおすすめのホテルで、海が見えるように窓が大きく作られた客室もあります。

 

目の前には熱海サンビーチが広がり、相模湾に浮かぶ初島が見られます。
ただ眺望無しの客室もあるため宿泊される客室は選んで泊まられると良いでしょう。

 

ここは熱海サンビーチのビーチライトアップもされます。
また熱海花火大会が開かれることもあり、花火大会の開催時には人気があります。

 

どのくらい海が近いの?

熱海サンビーチの背中側

この画像の左側に黒っぽい建物で「MICURAS」とありますが、これがホテルミクラスです。
これは熱海サンビーチという海水浴場から撮った写真ですが、これだけ海に近いオーシャンフロントの宿です。

 

ちょっと手軽に熱海でリゾート気分を味わいたい女子旅におすすめです。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細とプランを確認する(10%OFFクーポン利用可能)

 

②【露天風呂付きで波音を楽しむ】伊東 風の薫

伊東市の海のまさに目の前にあるオーシャンフロントのラグジュアリーホテルです。
ここは国道135号線沿いにあり、自動車でのアクセスが大変楽なことも女子旅には嬉しいです。

 

客室には1人用の大きさの露天風呂がついており開放感があります。
客室についているので夕方でも夜でも、波の音を聞きながら一日中好きなだけ入っていることができます。

 

潮風の香りに手を伸ばせば、海が届きそうなほど近いホテルです。
天気が良い日には海が好きな女性の女子旅にはピッタリでしょう。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細とプランを確認する(10%OFFクーポン利用可能)

 

③【遠く海を眺めたい方に】伊豆北川 吉祥CAREN

伊豆北川の高台から相模湾を一望できる宿です。
和リゾート旅館であるためフレンチ懐石や鉄板焼きなど食事プランが豊富です。

 

海に浸かっているように見えるこの露天風呂はテレビや雑誌の表紙にも取り上げられるほど有名です。
東側に伊豆大島と相模湾を眺める伊豆北川の魅力を最大限に活かした温泉です。

 

ここは国道沿いの高台にあり、眺望が良いことも特徴です。
ただ客室には海が見えない客室もあるので、客室は選ぶ必要があります。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細とプランを確認する(10%OFFクーポン利用可能)

 

④【今井浜の目の前】伊豆今井浜東急ホテル

今井浜海岸の目の前の絶好のロケーションの東急のホテルです。
目の前の今井浜海岸は夏の海水浴シーズンになると海水が綺麗なこともあり、混み合う海水浴場です。

 

沖縄へ行かなくとも東京から近い場所で南国気分を味わえるようなロケーションです。
都会を忘れて一息つくための女子旅なんかに良いと思います。

 

低層階では海岸に生えている木が邪魔をするので、海が見たい方は眺めの良い高層階の客室を選ばれると良いでしょう。
比較的料金が安い朝食のみプランもあるので、近くの稲取や河津まで食事に行かれることもおすすめです。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細とプランを確認する(10%OFFクーポン利用可能)

 

⑤【海が目の前で安い】白浜中央 下田プリンスホテル

私がおすすめする伊豆下田にある海が目の前のオーシャンフロントのホテルです。
おすすめの理由は、安く泊まれること+海が目の前でリフレッシュになるからです。

 

ここは目の前に白浜中央という海水浴場があります。
天気が良く海が静かな時(冬など)には、白浜というだけあって大変綺麗な海をしています。

 

白浜中央から見える下田プリンスホテル

海水浴場まではホテルから階段があり、朝食会場近くの出口から降りることができます。
この画像では高波で一部土砂が崩落していますが、すぐ後ろに建物があるほど海が近いホテルです。

 

 

下田プリンスホテルからの眺め

これが最上階の客室からの眺めで、キレイな相模湾の景色と太陽の光りが反射して絶景です。
画像の遠くには利島が見えますし、この画像に映っているテラスでは横になることもできます。

 

下田プリンスホテルからの日の出

ここは東側を向いているので相模湾から昇ってくる朝日がキレイに見えます。
オレンジ色に煌めく光りが大変綺麗で、都会で働く疲れも癒されます。(実際にこの時間には朝日を見る若い女性数人が海岸に降りて写真を撮っていました)

 

夜になると漆黒の海の奥に伊豆大島の夜景と漁火がぼんやりと浮かび、微かに聞こえる波の音が素晴らしいと感じました。
部屋のカーテンを開けテラスに出ると温もりのある潮風が流れてきます。
都会で働いていると人工物やノイズが多いのですが、ここは海という広大な自然を五感で感じられる場所です。

 

ここは高級ホテルでは無いですが、海を目当てに女子旅をされる方にはおすすめです。
シーズンオフ(連休や夏期以外)では、安く泊まれるカジュアルなホテルなのでレンタカーを借りて行かれると面白い思います。

 

⇒ 「Relux」で宿の詳細とプランを確認する(10%OFFクーポン利用可能)

 

 

 

  旅行のページへ戻る
旅行
スポンサーリンク
kei--keiをフォローする
 
慶太ブログ