【実際に行ってみた】強羅公園の秋は紅葉が絶景です!


慶太ブログ ~日本の旅行先やホテル・高級旅館を紹介するブログ~ > 箱根 > 【実際に行ってみた】強羅公園の秋は紅葉が絶景です!

 

強羅公園の紅葉

強羅公園は箱根の強羅にある大きな公園で、バラや桜など様々な植物を見ることができます。
クラフトハウスやカフェも併設されているので、観光にもおすすめです。

ちなみに紅葉の時期にこの強羅公園に寄られるなら合わせて「箱根美術館の紅葉」もキレイですから、こちらも合わせて行かれると良いでしょう。

 

関連記事:⇒ 【箱根のおすすめ高級旅館14宿!】高いお金を出しても泊まりたい宿を紹介

 

 

スポンサーリンク

強羅公園へ

入り口

箱根強羅公園の入り口

ここが強羅公園の入り口です。
箱根登山鉄道の公園下駅から徒歩5分ほどで入り口です。
この画像の左側には有料パーキングの駐車場もありますから、自動車の方はそちらを利用されると良いと思います。

 

強羅公園の入場券

 

強羅公園は550円で入れますが、箱根フリーパスがあれば入園無料になるようです(2018年現在)

それ以外の宿泊などのお得な箱根のクーポンについては以下を参考にどうぞ。
関連記事:箱根の観光・宿泊がお得になるクーポン情報

 

強羅公園の花

入園するとすぐに珍しい植物が見えます。

 

強羅公園の花

こちらも名前は忘れましたが、花の種類が豊富です。
園内には熱帯植物館もあります。

強羅公園も紅葉がキレイ

強羅公園の紅葉

園内にはもみじが所々にあり、ここも紅葉に染まり始めています。

 

強羅公園の紅葉

こちらももみじです。

 

強羅公園の紅葉

こちらのもみじはまだ紅葉が始まったばかりで黄色をしています。

 

強羅公園の竹と紅葉

所々竹林もあります。

 

強羅公園のまだ紅葉していないもみじ

この時期は11月中旬だったのですが、まだ見頃に入ったばかりです。

 

強羅公園のもみじの紅葉

もみじは下から見るとまた綺麗です。

 

強羅公園の紅葉

こちらは右側が真っ赤なもみじ、左側が黄色のもみじです。

 

強羅公園の紅葉

黄色のもみじは太陽の光を浴びて、さらに黄色が強くなります。

 

強羅公園の紅葉

今年は塩害があったせいか、やや枯れている木もあるように感じます。

 

強羅公園の紅葉

これは色付き初めでしょうか。

 

強羅公園の紅葉

これはすでに真っ赤です。
強羅公園のもみじの特徴は箱根美術館と違って、偏在していることです。
箱根美術館は苔庭エリアという場所にもみじが集中しているので、見頃の時期は真っ赤になります。

そういう意味では、強羅公園の方が園内の各所で紅葉を楽しめるという点で楽しみがあるかもしれませんね。

 

公園を登って行くと噴水

強羅公園の噴水

公園を登って行くと噴水があります。

 

強羅公園の噴水

この噴水の周りには椅子があり、老若男女椅子に腰掛けて休んでいます。
この強羅公園は階段が多いので、所々休憩されると良いと思います。

 

強羅公園からの眺め

強羅方面の明神岳もキレイにみえます。

 

強羅公園からの眺め

そしてここは頂上の西門近くにある「音楽堂」です。
眼下に約140種類のバラがあるローズガーデンが見られます。
11月なのでバラは所々咲いている状態です。

 

強羅公園開拓の碑

これは強羅公園の開拓碑です。

 

強羅公園開拓の碑の案内

この開拓碑にあるように、強羅公園は1914年の大正時代に開園したフランス式庭園です。
元々上流階級の方を対象に約3万6,000㎡の敷地に作られたものです。

 

強羅公園のゴミ箱

ゴミ箱も護美箱とおしゃれです。

 

紅葉以外にも

強羅公園の十月桜

11月中旬なのに桜が咲いています。

 

強羅公園の十月桜

名前を見ると「十月桜」というサクラのようです。

 

強羅公園の十月桜

この時期にサクラが見えるのもラッキーです。

 

強羅公園のダンスパーティーという花

そしてここに「ダンスパーティー」という面白いアジサイがあります。

 

強羅公園のダンスパーティーという花

これがダンスパーティーです。
名前からして相当優雅で色とりどりの花を咲かせるのだと想像させます。
いつか見てみたいです。

 

強羅公園のオカメという花

こちらは細い桜の木かなと思ってみると。

 

強羅公園のオカメという花

「オカメ」というサクラです。
イギリスで作出されたとあり、花は紅紫色とあります。

 

強羅公園の面白い花

そしてこちらは名前を忘れました。

 

強羅公園の白いバラ

先ほどのローズガーデンには白いバラが咲いていました。

 

強羅公園のバラ

バラの刺です。

 

強羅公園のバラ

バラの根元にも面白い植物が生えていました。

 

強羅公園のまだ咲いていないバラ

画像のようにまだローズガーデンのバラはほとんど咲いていません。

 

強羅公園の面白い植物

一部つぼみがあります。

 

強羅公園の面白い植物

少し咲き始めの花です。

 

強羅公園の紫紅梅

こちらは紫紅梅です。

 

これから花が咲くのでしょうか?

 

強羅公園の花

 

 

カフェやクラフト、レストランなどお店も豊富

強羅公園のレストラン

強羅公園は広いので、休憩所も多く有ります。
これは一色堂茶廊でサンドイッチ料理のレストランです。
右側にはソフトクリームが売られています。

 

強羅公園のcafepicのメニュー

こちらは一色堂茶廊の噴水を挟んで反対側にあるカフェPICです。

 

強羅公園のカフェpic

テラス席もあるので開放感があって気持ちが良いカフェです。

 

強羅公園のとんぼ玉教室

こちらはトンボ玉体型教室です。
箱根や伊豆にはガラス工芸が多いです。

 

強羅公園のとんぼ玉教室の看板

強羅公園は小さなお子さんが楽しめる場所ではないのですが、こういった施設があると家族でも楽しめそうです。

 

強羅公園のとんぼ玉教室

これがトンボ玉体験施設です。

 

強羅公園のクラフトハウス

こちらがクラフトハウスです。

最後は公園を下って退園しました。

 

強羅公園のアクセス

箱根美術館と強羅公園の地図

出所:google map

強羅公園は箱根登山鉄道の公園下駅から徒歩5分ほどで到着します。
公園上駅よりも入り口が公園の下側にあるので「公園下駅」からの方がアクセスは良いと思います。
自動車の場合は入り口のところに強羅公園のパーキングがあります。
こちらを使うと良いと思います。

 

合わせて行きたい場所

強羅公園まで行ったらな箱根美術館もぜひ行って下さい。
ここは強羅公園よりももみじが多く、紅葉がキレイに見られます。

箱根美術館の紅葉

このようにもみじだらけのエリアがあり、紅葉がキレイな秋と春や夏には大変見頃になります。

紅葉好きな方は強羅公園へ行かれたら箱根美術館も合わせて行かれると良いでしょう。

 

 

関連記事:⇒ 【箱根のおすすめ高級旅館14宿!】高いお金を出しても泊まりたい宿を紹介

 

 

  箱根のページへ戻る
箱根
スポンサーリンク
kei--keiをフォローする
 
慶太ブログ