芦ノ湖は富士山と神社の鳥居が見える絶景スポット!湖畔からの撮影ポイントを合わせて紹介します!

芦ノ湖と箱根神社と富士山

 

秋の晴天の時期に芦ノ湖から富士山を撮影できる絶景スポットに行ったので、みなさんに少し紹介したいと思います。
雑誌やテレビでも放送されるような有名な場所なので、富士山が好きな方は既にご存知だと思います。

 

スポンサーリンク

芦ノ湖から見える「富士山」は「鳥居」が魅力を増してくれます

芦ノ湖の大鳥居

芦ノ湖に到着すると箱根神社の大きな鳥居があります。
これは三島方面(西)から東京方面(東)を撮影した画像です。

今回はこの付近にある駐車場に停めて富士山の撮影に行きました。
ここに停めたのも理由があり、それは富士山と芦ノ湖が見える絶景スポット(トップ画像)にアクセスしやすいからです!

この画像の左側にパーキングがあり、そこに停めました。
画像では分かりにくいのですが、すぐ左20mほどに芦ノ湖があります。

 

では、湖畔を歩いてみたいと思います。

 

箱根神社と芦ノ湖

パーキングから西方面(箱根峠方面)へ30mほど歩くと、このように芦ノ湖と箱根神社の鳥居が見られる場所があります。
ここは土地の関係で富士山が見えないので、さらに箱根峠(西)方面へ歩いてみます。

 

約3分ほど歩くと富士山が見えてきます。

芦ノ湖と富士山と遊覧船

この画像のように、「芦ノ湖」「鳥居」「遊覧船」「富士山」が見える絶景スポットです。
この場所は有名で旅行雑誌の表紙や箱根のPRにはよく利用されていますね。

 

では、もう少し西へ歩いてみたいと思います。

箱根神社と芦ノ湖

ここまで来ると、富士山が山の間から顔を出しており、まさに絶景ですね。
ここに来て思ったことは「富士山って本当に大きいな〜」ということ。
富士山はもちろん山ですが、まるで大きな生き物がこちらを見ているかのような存在感があり、多くの人がここへ足を運ぶことにも納得できました。

 

撮影スポットはこの辺り

箱根芦ノ湖

今回撮影した場所は「箱根海賊船の元箱根港」付近です。
間違いやすいのですが、「箱根海賊船の箱根町港」「箱根遊覧船乗り場」でもありませんので注意して下さい。

google mapでは「芦ノ湖の逆さ富士」で場所が掲載されています。

ここは平日にも関わらず、外国人の観光客だらけでした。
やはり外国人も日本=富士山という意識があるようですね。

大きく見える山は、箱根駒ヶ岳です。
あの山の上には箱根神社元宮があります。

 

芦ノ湖の富士山撮影ベストスポット

この画像のように、階段になっているので腰を下ろすスペースはあります。
近くにはコンビニのセブンイレブン(2019年現在)・トイレ・飲食店がありますから、大変便利な場所ではあります。

パーキングは沢山有るのですが、秋の行楽シーズンや大型連休は芦ノ湖周辺の道路は大渋滞になります。
もし富士山の撮影で出かける方は、出来たら平日に行かれる方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

その他:箱根から富士山がキレイに見えるスポット

箱根芦ノ湖付近から富士山がキレイに見えるスポットを紹介します。

大観山からの芦ノ湖と富士山の眺め

まずは有名な箱根大観山です。
ここからは富士山と芦ノ湖、天候が合えば夕陽や雲海も見られます。
箱根ターンパイクの休憩所も併設されており、軽食や飲料水も販売されているので一休みにどうぞ。

⇒ 箱根大観山

 

 

芦ノ湖スカイライン三国峠からの夕陽と富士山

芦ノ湖スカイラインは国道1号線の箱根峠信号から御殿場方面へ向かう専用道路です。
途中に三国峠という駐車場があり、ここから見える富士山と御殿場の街並がキレイです。
箱根外輪山から見る富士山であれば、ここが1番絵になるのではないかと思います。

 

芦ノ湖スカイライン三国峠からの富士山

暗くなると夜景と夕焼け、富士山が楽しめます。
ちなみに街灯が無い場所なので、夜は真っ暗ですし、時間によっては道路が封鎖された記憶がありますから、取り残されないように気をつけて下さい。

 

⇒ 芦ノ湖スカイライン

 

長尾峠から見る富士山

芦ノ湖スカイラインから御殿場方面へ行くと、箱根スカイラインがあります。
私の感想では、ここは芦ノ湖スカイラインよりも富士山が大きく感じますが、肝腎の見える場所が少なく、長尾峠料金所付近まで行くと富士山が大きく見られます。

私が夕方に行った時には、芦ノ湖スカイラインよりも交通量が少なかったので、1人静かに富士山と夕陽を眺めることができました。
富士山は芦ノ湖スカイラインよりも距離が近く雄大に感じられます。

⇒ 箱根スカイライン