小田原箱根道路はどんな道?渋滞の発生しやすい場所は?


慶太ブログ ~日本の旅行先やホテル・高級旅館を紹介するブログ~ > 箱根 > 小田原箱根道路はどんな道?渋滞の発生しやすい場所は?

 

小田原箱根道路 箱根湯本方面と箱根新道方面への分岐

小田原箱根道路は西湘バイパスと小田原厚木道路、箱根新道などに接続している便利な道路です。
箱根湯本や芦ノ湖、伊豆方面へ旅行の際には是非利用しましょう。

小田原箱根道路の結論
  • 箱根新道や国道1号線に行く際に便利な道路
  • 箱根新道は左車線、箱根湯本は右車線を走る
  • PAがないため渋滞前に小田原厚木道路の小田原PAや西湘バイパスの西湘PAでお手洗いを済ませておく

 

スポンサーリンク

小田原箱根道路とは

小田原箱根道路とは西湘バイパスと小田原厚木道路から箱根新道や国道1号線湯本方面に接続した道路です。
平成27年に小田原箱根道路全線が開通し、並走する国道1号線の渋滞解消に貢献しています。

国土交通省関東地方整備局によれば

神奈川県西部の一般国道1号小田原市風祭~足柄下郡箱根町湯本間は、その東側で西湘バイパス(手前で小田原厚木道路が分合流)と、西側で箱根新道と接続している為、この区間に交通が集中し、交通混雑が慢性化し、国道機能が著しく低下しています。

小田原箱根道路は、当該地区の交通混雑の抜本的解消と国道機能の回復を目的とした4車線バイパス道路です。
平成17年3月に暫定2車線で一部開通し、平成27年3月に全線開通しました。引用:国土交通省 関東地方整備局

とあります。

 

小田原箱根道路を利用するメリット

西湘バイパスや小田原厚木道路から箱根方面や三島、伊豆方面へのアクセスが楽になるメリットがあります。
国道1号線が並走していますが、こちらの小田原箱根道路を使うほうが早く目的地に着くでしょう。

 

スポンサーリンク

小田原箱根道路を走ってみる

小田原厚木道路で箱根方面へ

まず小田原厚木道路から小田原箱根道路へ合流します。
右車線は西湘バイパスで箱根方面へ向かう車が走ります。

 

箱根口IC出口

合流をしますが、左車線を走っておきましょう。
この先で右車線が無くなります。

 

小田原箱根道路が一車線になる区間

ここで右車線の車は左車線に合流する必要があります。
この先で1号線からの車が左車線に合流し、この車線が追い越し車線(右車線)になります。

 

 

小田原箱根道路

ここで1号線からの車と合流しました。
箱根湯本方面はこのまま右車線を走り、箱根新道方面へ向かう場合は左車線を走りましょう。

 

小田原箱根道路 箱根湯本方面と箱根新道方面への分岐

ここが分岐点です。
右が国道1号線や湯本方面で左車線が箱根新道です。

この付近から箱根湯本方面の道路は先の合流で渋滞が始まります。
追突に注意しましょう。

 

 

小田原箱根道路

では、箱根新道方面へ向かいます。
ここで緑色の点線の道路を走ります。

 

箱根新道 国道1号線からの合流

この画像の合流から箱根新道です。
ここの合流は短いので合流する車に気をつけましょう。

 

箱根湯本方面

小田原箱根道路 箱根湯本方面と箱根新道方面への分岐

箱根湯本方面はこの右車線へ向かいます。

 

ここで国道1号線との合流渋滞が発生します。
合流では本線になりますが、1号線からの車が比較的多いので速度低下が発生します。

渋滞は、この先の箱根湯本商店街を越えた先の横断歩道を先頭に始まります。
また大型連休には宮の下信号付近からここまで渋滞することもあります。

 

その場合は旧東海道や箱根新道を利用して、芦ノ湖方面から下って強羅や迂回して仙石原経由のほうが快適に移動できます。

 

スポンサーリンク

渋滞スポット

渋滞スポットはこの箱根新道と1号線の分岐付近です。

小田原箱根道路 箱根湯本方面と箱根新道方面への分岐

この画像の箱根湯本方面(画像右車線)が特に渋滞します。
ここは画像の先にある国道1号線との合流で渋滞するほか、大型連休などはその先の箱根湯本商店街を越えた先の横断歩道を先頭に渋滞が始まります。

左車線は混雑があってもそれほど渋滞はしません。
箱根新道へ行く際にはこの区間の渋滞はそれほど心配いりません。

 

 

  箱根のページへ戻る
箱根
スポンサーリンク
kei--keiをフォローする
 
慶太ブログ