【実際に泊まってみた宿泊記】熱海大観荘は和の雰囲気が残る高級旅館。

熱海大観荘

熱海の高級旅館、熱海大観荘は素晴らしい旅館でした。
日本風で庭園があり、高齢者が好みそうなお宿ですが、若い人にもおすすめできます。

接客は昔ながらの雰囲気が残る丁寧なもので、懐石料理も季節感があり工夫が凝らされ、1つ1つ上品なもので美味しかったです。

【熱海の高級旅館7選】相模湾の絶景や源泉掛け流し温泉、露天風呂付き客室などを楽しめるおすすめ宿を紹介!

 

作成した宿泊記のYoutube動画です。

【実際に泊まってみた】熱海大観荘 熱海の高級旅館の宿泊記 #高級旅館 #熱海 #熱海大観荘 #伊豆
スポンサーリンク

【実際に泊まってみた宿泊記】熱海大観荘は和の雰囲気が残る高級旅館。

熱海大観荘

こんな方におすすめです。

  • 熱海駅からのアクセスが近い宿を考えている方
  • 懐石料理を楽しみたい方
  • 日本風の旅館で情緒を楽しみたい方
  • 海を見たい方(海が見えるのは初島客室やDX和洋室など)

 

宿泊記:【実際に泊まってみた宿泊記】熱海大観荘は和の雰囲気が残る高級旅館。

 

 

客室

大観荘の客室

今回宿泊したのは初島客室。最上階の最も北側の洋室客室です。

 

大観荘の客室

客室はスリッパで上がります。他の客室は和風や和洋室が多いです。

 

熱海の高級旅館 熱海大観荘の客室

初島は大人2名、定員は3名の客室です。温泉後に気持ちの良いマッサージチェアがついています。

 

 

大観荘の客室

ベッドはシモンズで、やや硬めでした。
シモンズ製は旅館やホテルに多いのですが、日本人にはちょっと硬いかもしれません。

大観荘の客室

間接照明が多いのでそれほど明るく感じません。夜は十分な灯りです。

 

大観荘の客室

角部屋なので窓が2つあります。こちらは北側で、熱海駅方面です。
高層マンションと相模湾が見えます。

 

大観荘の客室

こちらは東側の正面のテラスです。
こちらは椅子があり、風呂上がりに一休みできます。夜は灯りも点くため、星をみることができました。

 

大観荘の客室

こんな感じでベッドに座っても両方から海が見えます。

大観荘の客室

東海道線や新幹線の線路は近いです。宿へ向かう坂道は線路の目の前になります。
こちらの初島の部屋にいても新幹線「ヒュー」や電車の「ガタンゴトン」の音が聞こえます。

窓を閉めれば気にせず眠れましたが、静寂の宿ではないですね。夜は熱海も静かになるので、電車の音が特に聞こえます。

 

大観荘の客室

こちらが洗面所。

 

大観荘の客室

ダブルシンクですね。

 

大観荘のアメニティ

洗顔フォームやメイク落としです。

 

大観荘のアメニティ

いろいろあります。

 

大観荘のトイレ

こちらがお手洗い。

大観荘のトイレ

お手洗いの中にも洗面所。

大観荘のトイレ

便座は自動で開きません。

 

大観荘の客室

エアコンです。風が直接当たらないように工夫されています。

 

大観荘の客室

この初島のお部屋は間接照明が多いです。

大観荘の客室

化粧台。

大観荘の客室

テレビです。番組はほとんど東京と一緒です。

 

大観荘の客室

空気清浄機です。

客室からの眺望

大観荘の客室

部屋からの眺望の紹介です。こちらの窓は夜は障子を閉めることができます。
またテラスの明かり(画像の右下)もOFFにすることができます。

 

大観荘の客室のテラス

テラスには草履で出ることができます。

 

大観荘の眺望

相模湾が広がります。画像の右には熱海城、後楽園ホテル、アカオホテル、初島が見えます。

 

大観荘の眺望(初島)

こちらが初島です。夜は明かりがつくのですぐわかります。

 

大観荘の眺望熱海城と後楽園ホテル

夕方は熱海城のライトアップが見えます。

 

大観荘の眺望熱海城と後楽園ホテル

夜ははっきりとわかりますよ。9時くらいまでライトアップしています。

 

大観荘の日の出

翌朝の6時前です。朝日を見たいと思います。
熱海大観荘は東側に開けているので、朝日は見えますが、海が見える客室が限られています。

北側には先程紹介した高層マンションがありますので、夏至近くは朝日が見えるのか確かなことは言えません。

大観荘の日の出

この日は11月でしたので初島のやや左(北)から朝日が昇ります。

大観荘の日の出

海がオレンジ色に。

 

大観荘の日の出

朝日が見えます。
まだ朝早いのですが、貨物列車の音やカラス、鳥の鳴き声が聞こえます。

大観荘の日の出

朝になりました。

 

夕食

大観荘の廊下

夕食を食べに食事へ向かいます。
食事処はフロントのそばにあります。

 

大観荘の食事どころ

こちらがお食事処。

 

大観荘の食事どころ

綺麗ですね。

 

大観荘の食事どころ

このような個室で頂きます。

大観荘の夕食

メニューです。
今回は「上位食事プラン」を選択しました。上位プランは伊勢海老の刺身がついていました。

 

大観荘の夕食

鮑の踊り焼きもついています。

 

大観荘の夕食

食前酒です。お醤油が2種類あります。
普通の醤油と梅肉醤油で、梅肉醤油は白身のお刺身に使うとのこと。

 

大観荘の夕食

前菜。どれも美味しいです。

大観荘の夕食

柿の器に入った柿。柿も自然な甘さで美味しい。

 

大観荘の夕食

磯つぶ貝。柔らかくて美味しいです。
右は大根?でしょうか。

大観荘の夕食

11月の旅行なので紅葉やもみじが多く見られます。

 

大観荘の夕食

サーモンのお寿司です。

 

大観荘の夕食

こちらは…

大観荘の夕食

茶碗蒸しです。熱海大観荘さんはどれも上品で、食べやすい食事でした。昔ながらの良宿という感じです。

 

大観荘の夕食

手前から時計回りに、天然の地クエ、マグロ、ひらめ、伊勢海老、うにです。

 

大観荘の夕食

味付けされています。ミョウバンの匂いは全くせず大変美味しい。

 

大観荘の夕食

天然のクエです。先程の梅肉醤油につけて頂きます。
歯応えがしっかりとしており、大変美味しい。

 

大観荘の夕食

マグロです。脂が乗っています。

 

大観荘の夕食

ヒラメも歯応えがあり、しっかりと締めたものだと思います。
お刺身には臭みが一切ありません。

 

大観荘の夕食

器が綺麗です。
4文字熟語が器に書かれていますが、忘れてしまいました笑

大観荘の夕食

萩真丈です。手前は衣笠茸というキノコ。
ゆずの香りがして大変美味しい。

大観荘の夕食

もみじの絵が描かれている器も秋仕様です。

 

大観荘の夕食

春菊が入っています。里芋も美味しかった。

 

大観荘の夕食

こちらは鰆。非常に柔らかくて食べやすい。
あまりにも美味しかったので、普段私がスーパーで買ってる鰆は本当に鰆なのか?と思いました。

大観荘の夕食

静岡県和牛です。柔らかくて美味しい。
付け合わせの「さつまいも・カボチャ」も甘くて美味しかった。

大観荘の夕食

鮑の踊り焼きです。仲居さんが切ってくれます。

大観荘の夕食

ご飯とお味噌汁です。

 

大観荘の夕食

最後の果物。りんご、メロン、柑橘類、ぶどう、キウイです。
どれも甘くて良いものでした。

全体的に上品で1つの1つの素材が抜群に良いものです。まさに昭和の熱海の良い宿で食事を頂いたと感じた時間でした。

懐石料理の所要時間は90分〜120分くらいです。

 

館内

大観荘の館内

館内は東館、北館、西館、南館、南別館などあります。

 

大観荘の館内

そうです、迷路です。笑
熱海大観荘は初見だとかなり迷うことがあります。特に温泉に行ったら戻って来れないかも笑

あとは階段があります。高齢者の方や足腰が不自由な方はお部屋を選ばれた方が良いですん。画像の右に「玄関」がありますので、近い部屋を選ばれた方が良いです。

大観荘の館内

自動販売機です。

大観荘の館内

宝暦8年の資料が飾られています。江戸時代ですね。

 

大観荘の館内

熱海大観荘は美術品が多いです。
特に足湯へ向かう際には多くの美術品が楽しめます。

大観荘の館内

天井も見ると面白い。

 

大観荘の館内

こういった階段が結構あります。
DX和洋室や初島はちょっと階段を登ってからエレベーターを使います。

中庭

大観荘の館内

中庭です。フロントからこちらを通り客室へ向かいます。

 

大観荘の館内

灯りもよく見ると紅葉が。

 

大観荘の館内

庭園を草履に履き替えて歩くことができます。

大観荘の館内

綺麗ですね。
昭和の熱海って雰囲気がします。

大観荘の館内

最近はリニューアルされた宿が多いので、日本の情緒が残る良い宿です。

 

大観荘の館内

水の流れる音が響きます。

 

大観荘の館内

鯉がいます。帰りに餌をあげたいと思います。

 

大観荘の館内

翌朝です。紅葉が紅葉してきました。

大観荘の館内

綺麗ですね、落ち着きます。

大観荘の鯉

近寄ると口をパクパクしてきます。笑
朝食後に鯉の餌をフロントでもらい、餌をあげられますよ。

私も餌をあげましたが、鯉も喜んでたみたいです笑

足湯

大観荘の足湯からの眺め

足湯が北館から離れた南館にあります。足湯からは夜のライトアップされた熱海城が見えます。

足湯です。温かいです。
熱海花火大会の時は有料、それ以外は無料です。

大観特別室

大観特別室

大観特別室。庭園の横にあり大変良い場所です。

 

大観特別室

照明が面白い。

大観特別室

昔のデザインですが、温かみがあります。

大観特別室

ここで何を考えていたんだでしょうか。

大観特別室

興味深いですね。

大観特別室

昔は昔でデザインが面白いです。

 

朝食

大観荘の朝食

朝食も夕食と同じ会場です。

大観荘の朝食

個室で頂きます。クーラーや暖房もつけられます。

 

大観荘の朝食

まずはご飯。右は湯豆腐の薬味とポン酢。

 

大観荘の朝食

湯豆腐です。

大観荘の朝食

朝から胃腸に優しいですね。

大観荘の朝食

こちらがお漬物やマグロ山掛け、ゆば、まめ、クリームヨーグルト、卵焼き。

 

大観荘の朝食

茶碗蒸し、かます焼き魚、昨日の伊勢海老が入ったお味噌汁。

 

大観荘の朝食

サラダと海苔です。

朝食もおいしいものでした。

 

出発

熱海大観荘

まさに歴史のある熱海の高級旅館でした。
泊まって満足、再訪したいと思う旅館です。

熱海駅から近いのですが、坂道が厳しいので送迎を使ったほうが良いです。あと食事は上位プランがお勧めです。
鮑プランや松茸プランもあるそうなので、四季を通して楽しめるお宿です。

料金目安(私の宿泊時) 大人1人3万円 (初島客室)
部屋食プラン 一部客室にあり
駅からの距離 徒歩5~10分(坂があるので送迎がおすすめ)
その他 料理の上位プランがおすすめです。

アクセス:google map

宿泊記:【実際に泊まってみた宿泊記】熱海大観荘は和の雰囲気が残る高級旅館。

 

 

宿泊記
スポンサーリンク
kei--keiをフォローする
けいブログ