【食べてみた】信玄プリンは濃厚で美味しいですがやや甘みが強い!談合坂サービスエリアでも購入することができます。

 

信玄餅プリン

山梨県のお土産として信玄餅は有名ですが、そのプリン版である「信玄プリン」もおすすめです。
きな粉の風味を遠くに感じる濃厚な味が特徴でお土産にも最適です。

 

特徴
  • 近場の人に配るならOK
  • サービスエリアで購入可能
難点
  • 要冷蔵なので会社で配りにくい
  • 甘みが強いので好みが分かれる

 

スポンサーリンク

信玄餅プリンは談合坂サービスエリアで購入可能

談合坂サービスエリア

信玄プリンは談合坂サービスエリアで購入できます。
ここは信玄餅などが売られているお土産コーナーもありますから、ここで購入されることもおすすめです。

 

スポンサーリンク

信玄プリンを食べてみます

信玄餅プリン

信玄プリンを食べてみます。
見た目は風呂敷に入っており信玄餅にも似ています。

 

信玄餅プリン

開いてみるとスプーンが入っています。

 

信玄餅プリンと黒蜜

中にはプリンと黒蜜があります。

 

信玄餅プリンの開け方

このプリンの端っこのビニールが長くなっているので簡単につかんで開けることができます。

 

信玄餅プリン

見た目はきめ細かくプリンや豆腐にそっくり、信玄プリンの味は濃厚で甘みが強いです。
信玄餅のようなきな粉の風味も僅かに感じられますが、甘すぎる物が苦手な人には食べづらいかもしれません。

普通の人ならペロッと食べられると思います。

 

これに黒蜜をかけると

信玄餅プリンの黒蜜

こちらのほうが食べやすいでしょう。
少しプリン自体の甘みが誤摩化されますから、黒蜜をかけたほうが良いです。

 

信玄餅プリンの捨て方

食べ終わったらこのように風呂敷の端を持ち上げると手を汚さずに捨てることができます。
これは信玄餅と同じようによく考えられた仕組みだと思います。