クラウドソーシングサイトの比較まとめ

スポンサーリンク

クラウドソーシングサイトとは

簡単に言えば、在宅でもできる発注者と受注者の仲介を行なうwebサイト。発注者や受注者には企業はもちろん、学生や主婦、フリーターや会社員など様々である。

現在は多種多様になり、ライター向けのサイトやイラストレーター向けのサイトなど細分化が進んでいる。

エンジニアやデザイナーなどの方が専門の仕事を受注すれば高額な報酬を得られるが、学生や主婦、会社員でも空いた時間にタスクを行なうことで副業として利用できる。

スポンサーリンク

クラウドソーシングサイト一覧

 

サイト名 解説
ランサーズ クラウドソーシングの大手サイト。案件も多いため、ここは登録しておくと良い。
クラウドワークス こちらも大手サイト。ランサーズ同様登録をおすすめする。
シュフティ 簡単なタスクなどが多い。登録をおすすめする。
ココナラ 500円で自分の特技などを売ることができる。 アイコン作成や翻訳、恋愛のアドバイスなど幅が広い。500円を払えば買うこともできる。
Craudia 企業向けのクラウドソーシングサイト。
Bizseek こちらもクラウドソーシングサイト。
REPO ライター向けのサイト。
SKIMA イラスト専用のクラウドソーシングサイト。グラフィックデザインなど美術系の学生等は登録してみては?
PVモンスター こちらも記事専用のサイト。ライター向け。
CROWD 会社員や学生なども登録が多い。ポイントを貯めて現金や各種ギフト券などと交換できる。
workshift 日本と海外を繋ぐクラウドソーシングサイト。外国人登録者が多いようだ。
TALENT 原稿作成などの仕事が多い。
サグーワークス ライティング特化の在宅ワークサービス。会員はレギュラーとプラチナに分かれ、プラチナライターは30万円近く稼いでいる。

 

スポンサーリンク

クラウドソーシングサイトの受注者は多くに登録して仕事を得ると良い

クラウドソーシングサイトは多めに登録しておく方が多くの仕事を見ることができる。つまり、登録するサイトが多い方が自分ができる仕事も見つかりやすいと言える。

 

 

コメント