箱根

【23選】夏休みやお盆に行きたい伊豆の温泉旅館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

Contents

夏休みやお盆の伊豆の温泉宿はすぐに予約が埋まります

夏休みとお盆は伊豆の宿の予約がすぐに埋まる傾向にあります。特にお盆は会社員も休みになるので夏休みの中でも1番最初に予約が埋まります。
もともと小学生や中高校生が休みの時期で家族旅行を計画する家庭が多いことや伊豆には海水浴場が多いこともあって宿は一杯になります。

ですから、「この宿良いな〜」と思われた場合は早めに予約されることをおすすめします。
特に伊豆は客室に露天風呂付きの温泉宿、部屋から海が見えるホテル、海鮮が売りの宿など人気宿から埋まって行きます。
特に露天風呂付き客室や眺望の良い客室など特定の客室に泊まりたい方は、出来る限り早く予約されることをおすすめします。
こういった客室は人気があり、早めに埋まって行きますので。

夏休みとお盆に伊豆に宿泊されるならコレは外せない

①仕事の疲れを温泉で休養

露天風呂

夏休みやお盆を利用して普段の仕事や家事の疲れを伊豆の温泉で癒されるのはいかがでしょう。
伊豆には「海を見ながら入れる露天風呂」「源泉掛け流しの露天風呂」などが付いた客室があり、家族やカップル・夫婦での旅行に最適です。

②夫婦や家族で花火大会を見る

伊豆は熱海や伊東といった有名な観光地があり、夏休みやお盆には花火大会が開かれます。
この花火大会が開催される日には周辺の旅館は混み合いますが、ご家族で観覧されてはいかがでしょう。
ご家族で一緒に花火大会を見られれば、きっとお盆や夏休みの良い思い出になると思います。

熱海市のの花火大会
伊東市のの花火大会

③子供を連れて海水浴場

熱川館の目の前の防波堤

伊豆半島は海に接しているので夏休みやお盆には海水浴場もおすすめです。
特に伊豆半島は日本でも屈指の透明度で有名な「下田白浜」を始め、「熱海」「岩地」「土肥」など海水浴場が豊富です。
小さなお子さんが居るご家庭では、海水浴は喜ばれますから、キレイなビーチの近くにある宿を選ばれることもおすすめです。

⇒ 関連記事:海水浴場が目の前!伊豆の家族旅行で泊まりたいおすすめの宿15選

夏休みとお盆を安く宿泊するには

夏休みとお盆は伊豆の旅館やホテルは1〜2万円程値上がりし、特に海水浴場が近い宿や人気宿は値段を上げても予約が埋まるほどです。

当サイトでは「Relux」という予約サイトの¥5,000円OFFのクーポンがあり、初めてReluxを使われる方で5万円以上の宿泊予約で利用出来ます。(伊豆以外でも利用可能)

伊豆の夏休みは宿泊代金が高いので、少しでも節約するためには良ければ利用して下さい。

リンク ⇒ 実際に『Relux』¥5,000円OFFクーポンコードとその使い方を解説します!

【伊豆の温泉宿20選!】夏休みやお盆に泊まりたいおすすめ宿

【家族/夫婦/カップル向き】ATAMI せかいえ(東伊豆)

「ATAMI せかいえ」は熱海伊豆山にある全室源泉掛け流し露天風呂付きの絶景の温泉宿です。
源泉掛け流しの露天風呂が客室についているので、夏休みやお盆は客室でゆっくりしながら温泉を楽しみたいお父さんお母さんにもおすすめです。

東京からも自動車で近い伊豆山エリアであり、さらに遠くには絶景の相模湾を望みます。
ご家族やご夫婦に海と温泉が好きな方がいれば、きっと喜ばれる宿でしょう。
特に最上階の
少し高価な宿なので頻繁に宿泊はできませんが、夏休みやお盆を贅沢に過ごしたいご家族・ご夫婦におすすめです。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】熱海 ふふ(東伊豆)

「熱海ふふ」は熱海の隣の来宮駅から近い森の中に佇んでいる、全室自家源泉掛け流しの温泉宿です。
客室は面積60m²以上と非常に大きく、夏休みやお盆の家族連れ旅行でもゆったりと過ごせます。

熱海ふふの客室は「ハンモックのあるテラス付き」や「ミストサウナを備えたシャワーブース」など種類が豊富です。
温泉のデザインも客室によっては「石風呂」「ヒノキ枠の石風呂」と仕様が異なり、全26室あるため、ご自身の好みの客室を一度公式HPでご確認された方がいいでしょう。
海は見えませんが、東京からもアクセスが良く夏休みやお盆くらいは仕事や家庭の疲れを忘れて過ごすには絶好の宿です。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族向き】星野リゾート熱海(東伊豆)

熱海南西部の高台に位置しており熱海市街を一望できる絶好のロケーションの宿です。
「森の空中基地くすくす」は子供が楽しめるアトラクションが季節ごとに行なわれており、夏休みやお盆は森の空中散歩などが楽しそうです。

熱海の花火大会も眼下に楽しめることも星野リゾートの魅力です。
夏休みは熱海花火大会の開催も多いので、お子さんを連れての家族旅行におすすめです。

⇒ 「一休」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦向き】熱海後楽園ホテル(東伊豆)

プロ野球の読売巨人ジャイアンツが納会をすることでも有名な熱海後楽園ホテル。
ジャイアンツファンなら一度は足を運んでおきたいホテルです。
熱海南部の熱海港近くに位置しており、熱海市街を眺められる贅沢なホテルです。

夏休みやお盆の時期になると、すぐ目の前で熱海の花火が打ち上がります。
目の前には熱海港の海釣り施設もあり、すぐ裏には熱海城もあります。
子供を連れて家族で熱海旅行に行くならば絶好のローケションのホテルと言えます。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【夫婦/カップル向き】ホテル ふたりこもれび(東伊豆)

網代から伊東へ向かう国道沿いの高台に佇む絶景のホテルです。夏休みやお盆は夫婦やカップル2人で大きなソファーに腰を掛けながら、ゆっくり海を見ながら過ごすにはおすすめです。
オールインクルーシブで黒トリュフポテトチップスやチーズ盛り合わせなどのルームサービスも可能ですから、ちょっと贅沢な気分にもなれます。
このホテルは建物の形から特に北東側の上位スイートルーム客室が眺めが良いようです。

全室には源泉掛け流しの露天風呂が付いており海を眺めながら温泉を楽しめます。
海が好きなカップルにも温泉が好きなご夫婦にも満足できるようなおすすめなホテルです。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】風の薫(東伊豆)

伊東から伊豆高原へ向かう国道沿いの海の目の前に佇むラグジュアリーホテルです。
夏休みやお盆を海の目の前で過ごしたい方にはまさに最適な温泉宿です。

客室には露天風呂が付いており、目の前の相模湾からの潮風を浴びながら温泉を楽しめます。
露天風呂の大きさでは一人分ぐらいなので、普段仕事や家事で疲れているお父さんやお母さんが一人で入浴されるには十分です。
伊豆の中でも海を間近で堪能できるので海好きな家族は夏休みやお盆を使って宿泊されることをおすすめします。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】お宿うち山(東伊豆)

「お宿うち山」は伊豆高原にある全6棟離れの露天風呂付きの宿で、すぐ隣には大室山がそびえ立つ閑静な別荘街にあります。

古民家風の離れの全客室には屋上に開放感のある露天風呂が付いており、家族を連れて子供と一緒に温泉に入ることもできます。
空が開けており、夜空を眺めながら夫婦2人でゆっくりと温泉を楽しむこともできます。
遠くに相模湾を眺める絶景の宿でもあり、いつか夏休みやお盆に宿泊したい温泉宿です。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【夫婦/カップル向き】風月無辺(東伊豆)

伊豆大川と伊豆北川の間の海抜200mの高台にある相模湾や伊豆大島を眺める絶景の宿です。
客室は城ヶ崎や伊豆高原を眺める北向きの「一般客室」と相模湾や伊豆大島を眺める南東向きの「離れの客室」があり、上記の画像は離れの客室です。

特に「離れの特棟客室」にはテラスが付いており、遠く相模湾を眺めながらくつろぐことも出来ます。

全ての客室には源泉掛け流しの露天風呂が付いており、特に「離れの客室」が絶景です。
この画像は特棟の画像ですが、開放感のある露天風呂です。
夏休みやお盆に都会での疲れを忘れて何もない伊豆の高台から自然の風景を楽しみながら過ごされたいご夫婦におすすめです。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】つるや吉祥亭(東伊豆)

つるや吉祥亭は伊豆北川の海の目の前にある少しレトロな趣を残す温泉宿です。
海の目の前の伊豆大島を正面に見るオーシャンビューの宿で他の宿よりも比較的安価で宿泊することができます。

特に庭園露天風呂付き客室が良い方は「伽羅」「瑠璃」「潮騒」がおすすめです。
伽羅は檜風呂、潮騒は伊豆石風呂、瑠璃は岩風呂で造られています。
自家源泉かけ流しの温泉を楽しみながら、お子さんやご家族で夏休みやお盆をゆっくりと過ごすことができます。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦向き】望水(東伊豆)

伊豆北川にあり、目の前に相模湾のオーシャンビューが広がる温泉宿です。
この伊豆北川は日本百名月に選ばれており、ムーンロードという月明りが海に反射する現象が非常にロマンチックに見られるエリアです。
2018年夏には6階にムーンロードスイート客室がオープンするなど、夏休みやお盆には是非カップルやご家族、夫婦で宿泊してみたいと言えます。

また温泉は月や海をモチーフとした「プレミアムガゼポ」や「プライベートガゼポ」という貸切露天風呂があります。
夏休みやお盆はちょっと贅沢に広々とした露天風呂を貸切って夫婦や家族で過ごしたい方におすすめです。

⇒ 「一休」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】食べるお宿 浜の湯(東伊豆)

伊豆稲取にあるオーシャンビューの温泉宿です。
特に屋上の露天風呂は「インフィニティ」と言って温泉に浸かりながら海を見ると海と一体になったように感じられる造りをしています。
私も屋上の露天風呂に入った時は海に浸かっているような絶景で面白みがあったことを覚えています。

浜の湯には一部露天風呂付きがあり、海の潮騒を聞きながら温泉を楽しむこともできます。
ここは部屋食の宿ですから露天風呂付き客室を選べば、一日中客室でご家族やご夫婦、カップルとゆったりとした時間を過ごすこともできます。

また夏休みやお盆には貸切露天風呂もおすすめです。
浜の湯には2種類の貸切風呂があり、画像のように空が開けた「天空テラス&スパ エルダンジュ」と露天風呂・露天寝湯・ミストサウナの付いた「スイートプライベートスパ」があります。
実際に私が「スイートプライベートスパ」を利用した時は魚の形の瓶に入ったミネラルウォーターを用意してくれるなど非常にサービスも良かったことを覚えています。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】いなとり荘 潮騒倶楽部(東伊豆)

いなとり荘の外観

いなとり荘は伊豆稲取の南部にある温泉宿で目の前に相模湾が広がります。
客室は一般客室と潮騒倶楽部というスイート客室があり、せっかく宿泊されるなら「潮騒倶楽部」の客室をおすすめします。

潮騒倶楽部 粋

潮騒倶楽部にはテラスや露天風呂が付いている客室があり、海を見ながらゆっくりと過ごすことができます。

粋のテラス

この画像のようにチェアが付いています。
夏休みやお盆の夜には海の潮騒を聞きながらくつろぐこともおすすめです。

テラス席から見える相模湾

潮騒倶楽部は南側を向いており、伊豆大島から利島などの伊豆七島まで見られます。

露天風呂

この客室は「粋」で大人一人が入れる大きさの露天風呂が付いています。(頑張れば大人2人でも入れます)
他の客室には異なる露天風呂が付いており、デザインも異なります。

温泉の温度調整用の水のボタン

夏休みやお盆は気温が高いのでぬるま湯にしたい方もいると思いますが、この客室(粋)には加水が可能なので温度を下げて入浴もできます。

ソファーからの眺め

客室はこのようにリニューアルしたばっかりでキレイな造りをしており、ベッドはシモンズ制です。

また「蒼空SORA」は男女入れ替え制のインフィニティの温泉です。
夏休みやお盆はこの「蒼空SORA」で海を眺めながら温泉に浸かってみたいものです。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】伊豆今井浜東急ホテル(東伊豆)

目の前には今井浜海岸があるオーシャンビューのホテルで、徒歩2分ほど海水浴場へ迎かえます。
これだけ海水浴場が近いので、夏休みやお盆に海水浴を楽しみたいご家族やカップルにもおすすめです。

客室からも相模湾と今井浜海岸が目の前ですから、海が好きなご夫婦はもちろん、お子さんにも喜ばれそうなホテルです。
夏休みやお盆に海水浴を考えている方は抑えておきたいホテルと言えます。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦向き】玉峰館(南伊豆)

「玉峰館」は河津にある大正15年創業の歴史のある温泉宿です。宿の目の前には「源泉櫓」が立ち誇り、毎分600リットルの湯量を噴上げる峰温泉を楽しめます。
この峰温泉は歴史が深く、約1,200年前の奈良時代(西暦779年)に霊泉が沸き多くの名僧が浴したと言います。
その後荒廃してしまった峰温泉を大正時代に稲葉時太郎が温泉採掘で掘り当てたことがキッカケで開業した温泉宿です。

玉峰館は2013年にリニューアルされ、露天風呂付き客室の露天風呂も源泉掛け流しです。
露天風呂付き客室には「離れ」もあり、ご家族やご夫婦でゆっくりと過ごしたい方も利用されます。
夏休みやお盆の時期を利用して歴史ある峰温泉を楽しまれてはいかがでしょう。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/カップル向き】下田プリンスホテル(南伊豆)

下田プリンスホテルは伊豆白浜・白浜中央海水浴場の目の前にあるホテルです。
海水浴客が多い夏休みやお盆の時期には是非宿泊したい絶景です。

目の前には伊豆大島や伊豆七島、そして半透明の白浜海岸を眺めながらリゾート気分を味わえます。
伊豆の中でも海水浴場の目の前であり、さらに有名な海水浴が多い下田という好立地なホテルです。
夏休みやお盆には海を目当てに子供を連れてのレジャーや夫婦での旅行にもおすすめです。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/カップル向き】下田大和館(南伊豆)

伊豆下田の多々戸浜の目の前のオーシャンビューの宿で、夏休みやお盆を利用してご家族と海水浴に行かれる方にはおすすめの宿です。

一部の客室には露天風呂も付いており、ちょっと贅沢なリゾート気分を味わえます。
海水浴場が近く比較的安価で宿泊できる宿なので、夏休みやお盆にはご家族やカップルには

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】粋松亭(西伊豆)

西伊豆土肥の海の目の前に佇み、駿河湾を望む絶景の宿です。
目と鼻の先には土肥海水浴場があるため、夏休みやお盆を利用して海水浴を楽しみたいご家族にも最適です。

露天風呂付きの客室もあり、さらに部屋食ですからゆっくりと滞在できます。
夏休みやお盆の連休を利用して家族や夫婦で西伊豆の夕陽を見ながら温泉を楽しみたい方にもおすすめの宿です。
特に夕陽見の角部屋である「優しさに包まれて」「ほほえんで見つめて」という客室が、夕陽が見やすいのでおすすめです。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦/カップル向き】新海花亭 いずみ(西伊豆)

「新海花亭いずみ」は西伊豆土肥の町の南側にあり、駿河湾を望む絶景の宿。
目の前には土肥フェリー港があり、清水港からのフェリーが入港します。
一部の上位客室には源泉掛け流し露天風呂があり、開放感は抜群です。

土肥海水浴場も徒歩圏内ですから、ご家族での旅行にも最適です。
また総料理長は銀座の料亭でミシュランのひとつ星を獲得したことがあり、創作懐石も期待できます。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦向き】玉樟園新井詩季亭(西伊豆)

「玉樟園新井詩季亭」は館内に小川が流れ「木瓜」や「山吹」「鬱金桜」「八重桜」「ハナミズキ」「紫陽花」「アマリリス」「鬼百合」「彼岸花」など季節によって様々な花々が見られる庭園のある土肥の旅館です。
花や自然が好きな方は夏休みやお盆休みを利用して泊まってみたい温泉宿です。

100%源泉掛け流しの温泉宿で館内には貸切温泉が3つ(山水/玉竜/石庭)あります。特に上の画像の「石庭」は隣に部屋が付いており、平日の宿泊客が少ない時には部屋ごとまるまる貸切ることができる貸切風呂です。
毎分110リットル湧き出る湯量の豊富な温泉宿ですから、温泉好きの方は夏休みやお盆を利用して宿泊されてはいかがでしょう。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦向き】あるじ栖(西伊豆)

「あるじ栖」は西伊豆土肥から北に1kmほど行った小土肥にあるオーシャンフロントの温泉宿です。
小土肥海水浴場の目の前にあり、一部客室には露天風呂があることから夏休みやお盆は人気の宿です。
早くに予約が一杯になるので夏の時期のご予約はお早めに。

この宿は比較的安価であり、一部客室には部屋食プランもありますので、夏休みやお盆に少し西伊豆まで旅行に行きたいご家族やご夫婦にもおすすめです。
お子さんと目の前の海水浴場で遊んでから客室の温泉で疲れを癒してはいかがでしょう。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【夫婦/カップル向き】arcana izu(中伊豆)

中伊豆の湯ヶ島温泉にある全室リバービューの露天風呂付きの宿。
中伊豆の豊かな渓谷にあり、夏休みやお盆は源泉掛け流しの温泉を楽しみながら、せせらぎの音で涼しさを感じられます。

客室は全4室スイートルーム仕様ですが、若干レイアウトが異なります。
デラックススイートは客室からも露天風呂のテラスからも川が見られ、リバーウイングスイートはこの画像のように川側にテラスと露天風呂があります。
せせらぎを目の前で感じたい方はリバーウイングスイートが良いでしょう。
夏休みやお盆には都会を離れてひっそりとされたいご夫婦やカップルにおすすめです。

⇒ 「一休」で宿の詳細を確認する

【家族/夫婦向き】嵯峨沢館(中伊豆)

修善寺から南へ行った中伊豆の下田街道沿い、嵯峨沢温泉にある自家源泉100%掛け流しの温泉宿。
狩野川の側に佇み、中伊豆の山々に囲まれた自然豊かな田園風景を楽しめます。
客室は露天風呂付きや内風呂付きなど全④タイプです。

館内には露天風呂が2つ(川の湯/寝覚めの湯)、 内湯が4つ(せせらぎ/渓流/夢告/蔵)、貸切風呂(花酔)と温泉が豊富な宿です。
夏休みやお盆には温泉を楽しむ目的で源泉掛け流しの嵯峨沢館まで足を運ばれてはいかがでしょう。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

【夫婦/カップル向き】ufufu(中伊豆)

中伊豆の月ヶ瀬温泉にある全7室源泉掛け流しの温泉宿です。
夏休みやお盆に行きたい理由は狩野川のせせらぎの音を聞きながら、客室の露天風呂を楽しめることです。

全7室にはそれぞれ趣の異なる露天風呂があり、月をモチーフにした露天風呂のある「月響」、竹林を間近に露天風呂を楽しめる「笹音」など連泊をしたくなるような客室が豊富です。
夏休みやお盆の時期には有名観光地と比較して人の少ない中伊豆で夫婦やカップルとゆっくり過ごされてはいかがでしょう。

⇒ 「Relux」で宿の詳細を確認する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする