自動車損保はTVCMより「被害者にしっかりと補償して欲しい」

私は交通事故に遭って怪我をした人間でその時は相手の損保会社の最悪な対応に困惑、迷惑を被りました。

損保会社やその担当によって対応が分かれるとことだと思いますが、きっと私以外にも損保会社の対応に不満を感じた方は多いと思います。

もしかしたら恨んでいるような人もいるのではないでしょうか。

 

これは実際に交通事故の被害者にならないと分からない話です。テレビやメディアが出しているような華やかな話でもありません。

 

 

スポンサーリンク

交通事故の被害者になった人間しか分からない損保の対応

損保の被害者に対する対応は結構ヒドいものがあります。これは被害者が保険の料金を支払っている人間ではないからという仕組みが原因にもなっているでしょう。

私の場合は以下のような対応を取られました。

  • 対応は最悪、被害者に対する配慮なし → 平気で横柄な態度を取ります
  • 基本的に「医者」以外は治療不可 → だから、治らないのも当然!
  • 治療は損保の判断で打ち切る → 慰謝料金額で裁判になることも
  • 医者の発言と食い違うことも言う → 医者との信頼性も崩れ、その医院には通いづらくなる

これを見てわかるように損保会社の対応は結構ヒドいものがあります。

お金を払っていないからお客さんではないというのは理屈として分からなくはないのですが、人をケガさせた場合は「誠意」を持って対応して欲しい。損保の対応を見ると「少しでも支払うお金を減らしたい」という気持ちが垣間見えるので被害者としては散々な思いをさせられます。

医者の治療しかできないことも可笑しいことで、確かに法律では治療は医師が行なうもので、整体などは治療ではなく施術と言うかもしれません。よって医者以外の治療はできない。しかし、交通事故のリハビリは私の経験から言っても医者じゃ治らないんですよね。干渉波とか電気とかビリビリ当てても全然良くならない。それどころか日々悪化して行くような気がしました。そもそも怪我をさせられた側が治療を選べないというのも変な話です。イデオロギー的な意味ではなく、本来の意味で被害者の人権が守られていない身近な例だと思います。損保の対応とは別の話で法律的な問題もあると思いますが、本当に無駄な時間を過ごしたと思います。

 

また治療を打ち切るという点も可笑しいことです。患者が治っていないのに打ち切られた方は私以外にも多いのではと思います。そもそも人に怪我を負わせたなら治るまで治療させることが必要です。それを途中で打ち切るのですから、可笑しな話です。怪我した人間が治っていないというなら治っていないのですから。誰もお金のためにわざわざ整形外科に通いたいなんて思いません。本当はもっとしたいことがあるわけですから。

「そうすると損保が負担する治療費が増えて…」といった話がありますが、損保の利益のために被害者がいるわけではないですね。企業に収益性を持たせるために、事実を曲げて、被害者を切り捨てるようなことこそ可笑しいと思います。

事故があった時のための保険がもっとも事故が起きた時に不安になるという側面がここからわかります。これらは損害保険会社で勤務された方ならわかるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

TVCMで「加害者へのサービス」を宣伝するより「被害者にどんなサポートをするか」も宣伝して欲しい

 

損保のCMでは必ず「加害者になった契約者にどんなサービスをするのか」ということに焦点を当てた内容で放送されます。

これ企業は分からなくもありませんが、被害者に対してどれだけ手厚くサポートできるかについても本当は宣伝して欲しいものです。もし日本の損保会社がこれからの社会で新しいイノベーションを起こすというつもりなら、「被害者に対してどれだけ丁寧な対応を取れるか」ということも大事になるでしょう。

これは企業業績とは別に社会における損保会社の存在意義としては重要だと思います。ネットを見ていても沢山の人が損保の対応に納得ができないものが多い中で、他社と違って戦略を打ち出すことは必要です。

被害者の中には交通事故の被害だけでなく、「損保の対応が悪く示談に応じられない!」という方も多いのではないかと思います。そういった損保の不安定さが社会に広まれば、利用者の保険選びにも大きく影響をしていきます。

交通事故でムチウチなり何かの被害者になった方なら、「安さよりも被害者にしっかりと補償をするか」という観点で保険を選ぶはずです。このしっかりと補償するという点が1番難しいのですが、今後の社会が大きく視野を持ち、転換期を向かえた際にはこの価値観は大事になるでしょう。

 

スポンサーリンク

「利用者満足度」よりも【被害者満足度】を作って欲しい。

「怪我をさせられた側がさらに損をする仕組み」というのは社会の健全な発展には可笑しいわけですから、今後被害者にどれだけ支持される保険かという点はアピールになると思います。

損保会社は被害者が自社の対応でどれだけ満足してくれたかという点は、今のネットの情報社会では重要です。被害者にしっかりと補償しない保険会社では、示談されないケースもありますから選べないわけです。

今後は、これまで臭い物には蓋をという思いで封印されていた被害者に対しても向き合ってくれる保険会社が増えることを望みます。