私が代替療法を受けるようになった理由

 

何故かというと、西欧医学は「応急処置」「対処療法」が本来の考え方です。

ちなみに今のお医者さんや病院、クリニックとは、この西洋医学の考え方が主流です。

ですから、急性症や救命救急、抗生物質など生命の危険が逼迫している状況に強いという特徴はあります。

しかし、それ以外の慢性症や難病・奇病・原因不明の症状などには弱いのではないかと私は思いました。

それが私が代替医療を受けるようになったキッカケです。

 

一方、東洋医学や代替療法には症状や慢性症に適しているような考え方が見受けられます。

もともと日本では江戸時代までの医学は「鍼灸」だったという話もあり、さらに海外ではかつてヒポクラテスが「不調の原因を調べたければ背骨を見なさい」というように、投薬以外の方法で体を治す見方が多数ありました。

 

 

日本や世界にはかつて治療家、学者がそれぞれの治療法などを生み出して来ています。

メジャーなものやマイナーなものもあり、玉石混淆ですが、それが生み出されるには理由があるのだろうと思います。

西洋医学では治らない病気や原因不明の病気があり、そのため代替療法が日々生まれていったのではとも言えます。

「もしかしたら西欧医学ではなく代替医療なら何とかなるかも」「もしかしたら私にとってはそちらの方が合っているかもしれない」と思った事が代替医療を受けるキッカケです。

 

 

ちなみに西洋医学と東洋医学の考え方は全く別のものです。

例えば、クラシエでは西洋医学と東洋医学の違いについて以下のようにあります。

西洋医学と東洋医学の違いは、体の治し方にあります。例えば工場に機械があったとします。その機械が故障して止まってしまいました。止まってしまった原因はネジが外れてしまったことでした。ネジをはめたらまた動き出しました。西洋医学の場合は、そのネジをはめて動き出せば治ったということになります。東洋医学の場合はなぜネジが外れたかを考えます。引用元:クラシエ

 

ですから、私達が行なうべき体のケアは「薬・サプリ」といったものではなく、【なぜ私の体でこのような症状が出ているのだろう】と考え、原因に対して適切な施術が必要なのではと思います。

私も健康な時は「ニンニクを食べると気が充実」しましたから、「栄養分を摂取するというサプリメントに近い考え方」も意味があると思っています。

それが必要な時もあるのだろうと。

 

しかし、私は腰痛を始め沢山の不調が出ましたが、その解決には「なぜこの症状が出るのだろうか」「そして、それはどうしたら良くなるのか」考えました。

特に胃薬を飲んでも効かない、さらに日々痛みや不快感が増してくるあの胃薬事件では、西欧医学の限界を感じていました。

この件について言えば、薬では治らなかった理由は、この「なぜその症状が出るかの原因」についてアプローチできなかったからでしょう。

関連記事:【私の胃薬事件】薬が効かなくなった笑えない話

 

今も「薬もサプリメントも一生それが無いといけないという状態は健康ではないのでは?」と思い、根本的には体自身を正すことが必要だと感じます。

 

代替療法というと少し前にネットで有名なブロガーがホメオパシー?というものを紹介したかなんかで話題になりました。(あまり覚えていないのですが)

その時に代替療法の危険性が叫ばれて、代替療法が叩かれていたことを思い出します。

世の中には確かに危険性があるものがあると思いますが、今回の件で残念なことは、真っ当なものまでも代替療法もしくは民間療法という括りに入れられて全てが怪しいものと見られてしまう事です。

実際、私は代替療法がなければ死んでいた(このブログも書いていない)人間ですから。

そもそも西洋医学が万全であれば、代替療法という考え方も産まれません。

これは同時に抑えておきたいことです。

 

スポンサーリンク

私の場合:体の構造や機能が原因で、それが不調になる原因があった

なぜ構造が大事なのかについて考えたところ、人間の体はやはり「一種の機械」みたいなものだからです。

デザイナーや建築家・大工の方などは特によくご存知ですが、【デザインとは機能のこと】です。

「どこに柱があれば耐震構造が上がるのか」「どんなデザインにすれば利用者が使いやすいか」と言ったように、【構造とは機能】を意味します。

私の場合も「構造を正す事で回復するのでは?」と思い、構造にアプローチできる代替療法を探しました。

 

日常生活でも構造の重要性を窺い知る事ができる事例は多く有ります。

転倒や尻餅をつく、お尻をぶつける、交通事故などでムチウチに遭うという事故や怪我の後に、体調不良を訴える人は多い。

これは衝撃などによって構造(筋肉や骨、骨格や神経など)に影響が出て、機能不調が発生する理由だろうと思います。

他にも、例えば、先日有った東海道新幹線の車輪の故障です。土台の車輪付近に傷があったため、強度が落ちて、車両が走れなくなった。

つまり、【構造(台車)】⇒【機能(走る)】に影響した例で、人間にも同じ事が言えるだろうと思います。

 

 

私の場合も「体の構造」に問題があり、その原因が「ストレス(トラウマ)」であり、そのため「機能」に不調がありました。

大変難しいのですが、「何が原因か」を明確にすることは大事だとおもいます。

関連記事:【実録:交通事故の体験談】心のトラウマが体の痛み(腰痛)を引き起こしていた話

 

私は代替療法を受けたタイプの人間ですから、やはり代替療法の重要性や必要性は強く感じています。

医者なら知らない人がいないほど有名なヒポクラテスは「病気の原因を知りたければまず背骨を調べなさい」と言ったのですが、背骨の状態を細かく見るのは保険で診察できる西洋医学ではなく、カイロプラクティックなどの代替療法であることが現実です。

レントゲンでわからない僅かな変位(後方変位やポッテンジャーなど)は、触診や機器での検測をしているところもあります。

 

このサイトによると過去の歴史が原因で、現在は西洋医学が主流になっているとあります。

参考:西洋医学の歴史がすべてを物語る~現代医療が世にはびこる真の理由~

日本ではなぜか体そのものを良くするという発想がありません。(まず極めて少ないと思います。)

むしろサプリメントを取ったり、薬を飲む事で症状を抑えようという考え方が当然のことのように広まっています。

それはこの上記のリンクにあるように、日本で「薬を付ける」「◯◯を摂取する」という考え方がいつの日か主流になってしまったことが原因だと思います。

江戸時代までは鍼灸が医学だったと言われています。

これは私から見ると、少し残念だと思います。私のように代替療法が合っている方が中にはいるでしょうから。

 

 

私が体験した胃薬事件がまさにこの例で、薬を飲むことで抑えようとしたことが失敗でした。

なぜ胃が不調だったかを考えずに、症状だけを抑える事に目がいってしまったことが最大の欠点だと今思い返します。

 

もっと早くに代替療法を受けていれば、体調を崩す事もなかったでしょうから。

そんなこともありましたが、今こうして色々な代替医療(特に整体手技療法系)を知ることができたのは非常に財産でもあると思っています。