代替療法・民間療法にはどんな種類があるのか?

スポンサーリンク

代替療法・民間療法にはどんな種類があるのか?

かつて私は胃の不快感があり西洋医学であるお医者さんに診察を受けて薬の処方を受けましたが、薬が効いたのは最初だけ。

その後は、薬が効かず、さらに全身の不調が出て来た事から代替療法に切り替え、今に至ります。

今振り返れば、その選択は正解でした。あのまま薬に頼っていたら、絶望して居たと思います。

そんな代替療法ですが、ザックリ調べてみると

  • 「サプリ/ハーブなど摂取系」
  • 「瞑想」
  • 「リラクゼーション法」
  • 「催眠療法」
  • 「運動療法」
  • 「手技療法」

など沢山の種類があります。

サプリ/ハーブ等

薬草を使った製品やビタミン等のサプリメントなど。

 

瞑想

心身療法として。

 

リラクゼーション法

呼吸法など。

 

催眠療法

催眠を用いた療法。

 

運動療法

運動をすることで症状や機能の回復を目的とした療法。

手技療法

整体やカイロプラクティス、オステオパシーなど。

 

 

ネットにも情報が沢山有りますが、多分種類が多すぎてまとめられないのだと思います。

変な言い方ですが、今まで絵描き達が残して来た作品をまとめるようなものなので非常に難しいですし、玉石混淆なので信憑性もバラバラです。

代替療法(民間療法)には、小さな団体が行なっているところもあり、全てを把握する事は困難だと思います。

 

スポンサーリンク

私が受けたのは手技療法(俗にいう整体やカイロなど)

このブログでもちょくちょく言っているのですが、私は代替療法を受けた人間です。(代替療法が有ったおかげで今ブログを書いてます笑)

しかし、私が受けた代替療法は「ホメオパシー」とか「◯◯を摂取する」と言った類いのものではなく、整体療法(手技療法)です。

 

なぜ整体療法(手技療法)を受けたのかと言えば、その理由はあり、「薬では治らない」と思ったからです。

「何かを摂取して治す」というのは私には当てはまらなかったということです。

何故なら、サプリメントを取るという考え方もありますが、本来の健康という状態ならサプリが無くても健康です。

子供の頃や健康な大人はサプリメントや薬が無くても元気ですが、サプリや何かを取らないといけないという状態は健康とは言えないのでは?と思ったからです。

そう考えると、健康な人と不調だった私との違いは何かと言えば、【体そのもの】と言えるのではと思いました。

つまり、「体の不調の原因は機能であり、機能の不調の原因は体構造にあるのでは?」と疑った事が代替療法(整体療法)に舵をきった理由です。

 

その中でも整体療法にした理由が、体にアプローチできると感じたためです。

この構造にアプローチするものには整体やカイロやオステオパシーなどがあります。

気功や太極拳なども関係すると思いましたが、体調が悪い中であれはできないと思い除外しました。(笑)

 

おかげさまで今こうして生きており、それ以上に体そのものを整えることの重要性を思い知らされました。

今ではほぼ医者要らず状態なので、薬を飲まないで良いと言うことが何より楽です。

 

スポンサーリンク

代替療法のどれが良いのかは人それぞれ異なるのでは?

代替療法のどれが良いかとは他人が判断することは難しいですが、私の場合は【何がキッカケか?】と考えるようにしたら、ストレスと体だったのでこの療法を選択しました。

ストレスが体に影響を与えるという事を聞いた事があり、またその逆もあり(例:肩こり⇒不快感)、体の不調を取り除けば回復するかもしれない、と当時考えました。

 

代替療法の難しい点の1つは、この「適切な療法の選択」にあるのではと思います。

その状態になった原因を探っていく過程は、普通の人では難しいです。

代替療法では、お医者さんのように診断をする人がいませんので、自分で考えていかないといけません。

代替療法を受けると、それぞれに専門があり、メリットやデメリットがあるということで、それを熟知しておかないといけない。

それを知らないと「代替療法なんて効かない」となってしまい、「本当に合った療法」に出会う前に止めてしまうのでは無いかと思います。

私も一時期、このケースになり「接骨院、鍼灸が効かない」ので困っていました。

やってもやっても対して良くならない、お金だけが減っていくという状態です。

 

しかし、その後に出会った療法が自分に合っていたため助かりました。

その時の状態に鍼灸などの治療が合っていなかったからで、後に鍼灸も効くようになりました。

代替療法や民間療法ではどんなものがあるかということも大事ですが、何が適当なのかということも同時に知らないといけません。

一般の普通の方はせいぜい行っても近所の整体や整骨院、鍼灸院くらいですから、代替療法に何があって、さらに世間的には知られていない療法としては何があるのかについては熟知していません。健康な人は当然こういったものと縁がありませんから。

整体マニアや小さい頃から体が悪かった人は別ですが、健康であるが故の悲劇は、体の不調が増して来た時に、この代替療法を選ぶという過程でつまずきやすいことだと言えるのではないでしょうか。