現代人は病気になって初めて「健康を知る」

スポンサーリンク

健康な現代人は「健康を知らない」

私が体調を崩して1番感じた事は、【自分が健康だと、健康が何かを知らない】ということです。

哲学にありそうな逆説(パラドックス)的な表現ですが、これは正しいと思います。

 

健康な人は、健康を知覚できないんですね。なぜなら健康という状態では、比較対象となる不健康な状態ではないからです。

大病を患った経験があるのなら話は別ですが、そうではない場合は「自分が不健康(病気など)」になって初めて健康を知るという状態になりやすい。

自分が健康じゃなくなって初めて「俺って健康だったんだな…」と感じるわけです。

だから、ちょっと体調を崩しても本人が自覚しにくい。「病院へ行って検査だけでもしてみれば?」「良い整体があるから行ってみれば?」と言っても聞く耳を持ちません。

そのまますぐ回復して健康なら良いのですが、大体それから健康や体調を悪くしてしまうこともありますから、異変を感じたら早めに手を打つ方が良いわけです。

私もこのケースに当てはまりました。健康な時(漢方の世界なら未病の段階だった)に、病院ではなく、整体や代替療法などを受けていれば今よりももっと傷は浅く済んだと思います。

「あの時にしっかりとケアしていたら、こんな状態じゃなかったのに」と後悔先に立たず。

自分としては症状が出ていたのに、軽く見ていたため悪化したわけです。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、早いうちに体のケアをしておけば良かったと思います。

 

一度健康を崩すと、治すのに時間とお金が掛かります。医者で治る場合は良いのですが、現代医学では治せない病気や症状は厄介です。

私もこの後者(医者が治せない症状)であったので、何とか自分の命を助けるために色々な情報を探しました。

私は代替医療というのか民間療法というのかそちらに行った人間ですから、ケアの必要性は強く感じます。特に私は医者からもらった胃の薬を飲んでも最初は効果がありましたが、次第に効かなくなり、代替医療に駆け込んだ人間です。

言い換えれば、【私は代替療法が無ければ死んでいた人間】です。

タラレバの世界ですから断定できないのですが、少なくとも死にかけていたと思います。

 

 

1つここで、言いたい事は【健康な時(働ける・不自由が無い)にケアはした方が良い】ということです。

まあ、これだ難しい、無理なことでもあるわけですが、健康な人にほど知って欲しいことです。

健康な人ほどいざという時の対処方法(病院に行くか、それとも如何に病院以外の手段を選択するか)についての体験が乏しいからですね。

情報に詳しい友人や身近にこういった話に詳しい方がいれば話は別ですが…

私も最初は代替療法を知りませんでしたから、代替療法って怪しい物だと思っていましたが、実際に自分が受けて来てまともなものもありました。(実際に怪しいものもあるので気をつけて下さい!)

その中には「何でもっと早く知らなかったんだ!」と自分に対して怒りを覚えるようなものもありました。

本当に世の中はわからないものです。

 

話は逸れましたが、健康な人ほど今の状態を大事にして欲しい。病気や症状が出てから「あの時は健康だった」と思うようになって欲しくないですね。