【SEO】2018年3月のGoogleコアアルゴリズムアップデートのメモ

 

2018年の3月(正確には2月末頃から)あたりにGoogleが「コアアルゴリズムの変更」をしたというニュースがあり、私のサイトも迷惑を被りました。(笑)

今回の変動は非常に大きかったようで、SEO・WEB・アフィリエイト境界では話題になっています。

参考:Google、2018年3月上旬にコアアルゴリズムのアップデートを実施。順位下落の対処方はすばらしいコンテンツを作り続けること以外になし

 

パンダに蹴飛ばされ、ペンギンにアッパーを喰らった私ですら、今現在も生き残っているのできっと今回の変動も対策があるはず….です。

 

 

スポンサーリンク

今回の傾向・まとめ

今回の変動について私のWEBサイト周辺の変化・Twitter界隈などでの情報を整理すると、

2018年3月のGoogle変動の傾向とまとめ
  • トップページが爽快に飛ぶ!
  • トップページ以外(個別記事)で勝負するサイト(ブログなど)は順位が上がる傾向!
  • ちょっと言いにくいのですが、ク●みたいなサイトが上がっている(Twitter情報)
  • 一世代古いサイト(HTMLサイト)が上昇している(Twitter情報)
  • 中古ドメインのサイトが強い(Twitter情報)

上記の「一世代古いサイト(HTMLサイト)」について言えば、ドメイン年齢や被リンクが関係しているのかもしれません。htmlでサイトを作っている(非CMS)だから、上昇しているのではなく古いドメインのサイトは非CMSであることが多いからかもしれません。まあ、参考までのTwitter情報ですから。

 

スポンサーリンク

2018年3月以降に上昇したサイトと下落したサイト

私は2つほどサイトを持っていますが、2018年3月以降は上がったサイト(A)と下がったサイト(B)がありました。

 

Aサイトの順位

こちらは3月のアップデート以降に順位が上がったサイトです。

  • ドメイン年齢:2年未満
  • 被リンク:~10程
  • SEO:ホワイト

このサイトの特徴はトップページではなく個別ページで勝負をするサイトです。
webサイトにはビッグキーワードにトップページで勝負しにいくSEOがありますが、このAサイトでは個別ページでロングテールを狙う戦略です。

このサイトでは2018年の3月以降はサチコの「平均掲載順位が上昇」しています。これは個別記事が評価され始めたのか、または表示されるページのクエリが最適化されたことで平均掲載順位が上昇したのではと思います。

あるサイトの検索順位上昇

 

実際にページのクエリを見ると、一部のキーワードで順位の上昇がありました。そうなると以前よりページの評価が高くなったという方が適しているかもしれません。

もちろん全て確認していないためわかりませんが、このAサイトは全体的に順位が上がった印象があります。

 

Bサイトの順位

こちらはトップページで勝負をするサイトです。イメージするなら通常のWEBサイトだと思ってもらって構いません。

  1. ドメイン年齢:2年未満
  2. 被リンク:10~20程
  3. SEO:ホワイト

例を挙げるなら「コーポレートサイト」のように、トップページに誘導してから散らして行くサイトですね。

サチコで確認すると、こちらのBサイトは2018年3月以降にトップページの平均掲載順位がかなり落ちました!

 

bサイトのトップページの検索順位

このBサイトは2018年2月まではトップページの順位が上昇しており非常に順調なサイトでした。

しかし、3月に何だかよく分からないアップデートが発せられて奈落の底に…

 

トップページの一部のキーワードでの掲載順位を確認してみると、20位以上下落しています。

bサイトのあるワードでの下落

このクエリは現在、中古ドメインで運営されているサイトが上位の複数を独占しています。(笑)そのサイトはトップページが落ちていないだけでなく、なぜかタグページなども上位に表示されています。

つまり、トップページでも影響が出なかったサイトがあるということです。私とこの影響が出なかったサイトの差は「ドメイン年齢」なのか被リンクも含めた「ドメインパワー」なのか…今後の経過を注視したいと思います。

 

そして、サイト全体のクリック数は大きな変化がありません。

 

クリック数の変化

この後、Bサイトのクエリを見てみた結果、トップページの下落が大きい印象でした。末端のページでは大きな変動が少なかったのですが、トップページに大きな影響があったといえそうです。

 

 

スポンサーリンク

今後、また変動すると期待を込めて予想

今回Twitterなどで情報を収集しましたが、「中古ドメインが上がっている」「被リンクゴリゴリサイトが上がっている」「ホワイトが消えた」など様々でした。

Googleは今回のアップデートでの対策は無く「従来評価が低かったサイトの評価が上がったから」だと言っているようです。つまり、対策はない!と。

しかし、私も今回の変動は少し対応がしにくいため困っています。この3月以降はgoogleの検索がちょっと変だなとも思っており、以前よりも少し違うサイトが検索に上がり、使いにくくなったとも感じています。

実際に検索結果を見ても、「これで良いのかな〜」と思ってしまうキーワードもあります。もちろんそれはアルゴリズムが決めることですが、最適とは言えない結果も多々見受けられます。

よって、私はもう一度変動があるのではないかなと淡い期待をしています。私としては順位が回復してくれる方が嬉しい!(笑)

 

そういえば、今回の変動でアフィリエイターという人達が大きな影響を喰らったと聞いています。健康アップデートの後にアフィリエイターの人のサイトが消滅した一方で、企業コーポレートサイトが検索をジャックしてサイトの多様性や検索の回答力が落ちたという問題もありましたね。

情報の信頼性や何が事実なのかということは人間でも判断が難しいわけです。それをgoogleがやろうとしていること自体が本当は無理な話です。googleの検索エンジンもそういった事情を分かっているでしょうから、今後もまだ試行錯誤が続くのではと思います。

話は逸れましたが、今回のアップデートでも今後また変動があるだろうと思います。(予想) 取りあえずしばらくは様子を見ながら、ボチボチとサチコをチェックしながらやっていくしかないかもしれません。