大学進学で一人暮らしをする学生は「大学の近くに住むべきではない」

スポンサーリンク

「大学の近くに住む」と大学生にとって悪いこともある。

大学への推薦入試や一般入試が終わってこれから住む場所を決めるという大学生も多いと思います。

「大学の近くに住のが良い」と思う方もいますが、必ずしもそういうわけではありません。

 

まず大学に近いと「サボり」の問題が出やすい

私の大学時代には「大学から歩いていける近所」に住んでいる友人と「1〜3駅のところ」に住んでいる友人が複数いました。

面白いことに「大学から徒歩5分程の距離に住んでいる友人」ほど「サボる」ようになってしまい、講義を欠席することも多くなっていました。

当時友人に聞いたところ、「パチンコにハマった」という人もいれば「寝坊した」という人もいました。

なぜか大学の近くに住んでいる友人ほど、大学に来なくなります。

 

いくつか理由を考えてみましたが、1つには「地理的な条件」です。

地理的な条件として、大学の近くに住んでいると「まだ5分大丈夫」「あと10分後でも良いだろう」「今回だけは遅刻したけど、明日は大丈夫」といった誘惑があります。

これが一人暮らしの大学に毎日降り掛かってくるわけですから、精神的に強くないと途中で負けてしまいます。

 

また「大学近くに住むと【刺激】が無くなる」ことも問題です。

これは「道草」ということです。

小学校の横に住んでいると、友達と一緒に帰ったり、帰り道で虫を見つけたり、寄り道をしたりということができません。

大学生は小学生ではありませんが、帰り道に駅で買い物をしたり、電車に乗ったりする刺激が無いと生活に張り合いが出なくなってしまいます。

 

週5日のキャンパスと家の往復だけが生活になってしまうと、刺激が無く、そういった退屈な生活の反復が「大学の近くに住む」と起きやすいのです。

特に大学が郊外にある場合は、その傾向が強く、都心にある大学よりもかなり退屈でしょう。

 

大学の近くに住んでいない場合は、帰りにターミナル駅で食事をしたりする機会もあります。

こういった小さなことこそが刺激のない生活を繰り返さないために必要です。

 

人間は視覚や聴覚の情報を遮断されると、精神的に異常をきたします。

外界から全く刺激を受けない状態が脳にどのような影響を与えるのか?「感覚遮断」にまつわる10のこと : カラパイア
 「沈黙は金」…まさにその通りだ。何もかもを締め出して、静けさと平穏の中でリラックスしたいと思わせる状況が世の中には多すぎる。だが、静寂が常に期待通りであるとは限らない。 あまりに静かすぎると人は気が狂うこともあるという。完全なる静寂の中にいると臓器が

 

退屈な状況が毎日続いても、精神衛生面では悪いようです。(これはわかります。)

“5日間誰にも会わない”だけで人は発狂することが実験で判明、怖すぎる結果に! ボッチ生活はこんなにも人間を“制御不能”にする! - TOCANA
あらゆる社交手段を突然遮られたら、人はいったいどうなるのか? そんな実験に挑んだ女性がいる。サラさん、36歳。誰にも接しない状態を5日間味わう企画に挑んだ彼女は、不安と錯乱の果てに、幻覚症状を起こすようになった。■“完全孤独の5日間”は天国か地獄か? 元気いっぱいの8歳児の子育てに追われるサラさんが...

 

大学の近くに住むと100%ではありませんが、こういった悪影響も受けやすいのです。

 

もちろんこれには個人差があります。怠けているから大学近くに住むのか、大学の近くに住むから怠けてしまうのかわかりません。

因果関係なのか相関関係なのか定かではないのですが、この傾向は私の経験ではかなりあると思います。

 

スポンサーリンク

もちろん大学の近くに住む利点もあります。

大学の近くには「コミュニティー」があります。

つまり、大学近くに住む大学生も多いわけですから、同じように自宅を離れた学生が近所に住んでいる可能生が高いわけです。

そうすると結構仲良くなる傾向があります。

心理学には自宅が近い方が仲良くなりやすいという心理もあり、同じように一人暮らしをしている境遇から意気投合もしやすい。

 

他にも友達が出来た場合は大学近くの自宅が溜まり場になりやすいということもあります。

都心の大学であっても埼玉や神奈川、千葉など四方八方から大学生が通学します。

そうなると友人と集まる時に「大学近くの一人暮らしの家」になりやすいわけです。

 

交通費が安い、無料

また「交通費がかからない」という利点もあります。

大学まで徒歩ですから無料です。

大学生の4年間は通学の費用が高く、定期券を購入しても対して安くなりません。

特に関東でもJRや新設された路線(例えばモノレールや本線を外れた支線)では、乗車券の値段が高くなります。

私の友人にはJRでも私鉄でも通える友人がいましたが、安い料金の私鉄で通っていました。

やはり定期券の値段も4年間で見るとバカになりません。

私の場合は大学へは1回乗り換えの電車通学で、半年間で10,000円くらいでした。4年間では8万円ほどかかっていたことになります。

交通費を安くしたいなら大学徒歩圏に、交通費が気にならないなら電車で通勤できる圏内で一人暮らしをした方が良いです。

 

■ 大学生になる時に「いるもの」「あると良い物」を少し紹介します。

 

コメント