大学生が英会話を勉強したなら「外国人」と友達になると良い。

 

 

スポンサーリンク

目的は「ビジネス英会話」なのか「英会話」で選択肢は変わる

ビジネス英会話の場合は「英会話教室へ」通うこと

ビジネス英会話を学びたいなら、ビジネス用の英会話教室に通った方が良いです。

英語には日本語のような尊敬語・謙譲語のようなものはない、と言われますが、実はあります。

例えば、「Tell me your adress」だと「住所を教えろ」といった口調になります。ため口です。

こういった質問には「Could you」を先頭に付けたりすることで丁寧な言葉にすることができます。

「Could you tell me your adress?」では「住所を教えて頂けますでしょうか?」といったニュアンスです。

私の記憶では中学校で「Please」を付ければお願いになると習った覚えがありますが、「Could you」の方がより丁寧です。

 

これは外国人が正しい日本の尊敬語や謙譲語を覚えるのに苦労するのと似ています。

「食った」ではなく「召し上がった」「頂いた」といった言葉のように、英語にもこういったニュアンスや丁寧語などがあることを知っておかないと、将来ビジネスの取引先でタメ語で話すことになってしまいます。

 

日本の学校ではこういったところまで深く教えないこともあるので、しっかりと教えるビジネス専用の英会話に通った方が良いです。

 

英会話の場合は「外国人の友達を作る」こと

英会話程度の英語が喋りたいなら、「外国人の友人を作る」これが1番ベスト

外国人の友人を作ると、今まで習った英語がちょっと違うということがわかります。

 

日本の英会話では、「My name is ….」と言うけど、外国人だと「I’m ….」と話すので、日本で習う英会話と少し違うんですよね。

他にも「Do you like…?」と日本では習ったけど、「You like…?」でも通じるんですよ。

日本の英語の教科書だと「Where are you from?」と聞かれたら「I’m from Japan」と答えるように習っていますが、「from Japan」と省略しても伝わります。

こういったように実際に外国人と話すことで「どの表現で伝わるのか」「相手の国ではどのように話しているのか」を知ることができます。

もちろんビジネス英語には使えないんですが、英会話レベルの会話なら外国人の友達と話しみると勉強になります。

 

逆の立ち場から見るとわかります。

たまに片言の日本語で来る外国人がいますね。

「私の名字の名前は◯◯です。」と堅苦しく言う外国人もいますが、日本人なら「私は田中です」と自然な形で表現しますね。

これは本国で正確な日本語を習ったためだと思います。

問題はないのですが、日本人が聞いて思うことは「日本人であれば自然と省略するところを正確に伝えてしまう」ところだと思います。

日本人はずっと日本語を話しますから、どこを省略して良いのか、どこだけ伝えれば良いのか、そしてそれをどのように伝えれば良いのか自然とわかっています。

外国人の友人と英会話をすると、こういった「英会話の形」がわかってくるようになります。

ですから、外国人の友人がいると自然な英語が話せるようになるということです。

 

 

日本で習う英会話は、正確であるため堅苦しい表現になっていることもあるため、実際に外国人と話す機会を持ってみると面白いです。違いがわかります。

 

 

外国人の留学生が日本に興味を持つキッカケに「日本文化」「アニメ」「食べ物」「富士山」など色んな物があり、日本的な物を教えて上げると喜ばれます。

「神社と寺の違いは何か?」「なぜ日本ではそばやうどんはすすって食べるのか?」「寿司はいつ生まれたのか?」など外国人がまず知らないこと(日本人も知らないことが多い)を教えてあげると、意外と喜んでくれます。

私の個人的な感覚では、日本人よりも外国人の方が「文化に対する知的好奇心」が高いように感じます。

外国からわざわざ留学する中には、文化や日本語に興味を持った学生も多いので、友人になったらそういったことを話してみると会話が繋がると思いますね。

もちろん最終的には相手次第ですが。

 

スポンサーリンク

外国人留学生も色々な人がいるため相手に気をつけること

自分と同じ日本人の大学生であっても相手がどんな人なのか、話してみても本心まではわかりません。

もちろん真っ当な大学生もいますが、中には犯罪をしていたり、悪事を働いているような学生もいますから、それは忘れてはいけません。

大学はそういった不特定の人間が集まる場所であり、自分と似た友人が見つかる可能生もあれば、犯罪に巻き込まれる可能生もやはり多いです。

特にサークルの飲み会や勧誘がキッカケで変なサークルに入ってしまうことで、人生が台無しなることもあり、「大学生にとっては身の周りに常に危険がある」と思った方が良い。

 

大学の厄介なところは「同じ学力」、サークルでは「同じ嗜好」の人間が集まるから、「油断」が生まれやすい。

 

当然ですが、外国人に対しても相手がどんな相手かは分からない。これは日本人であっても外国人であっても同じように、友人を作る際には気をつける。

特に大学は「同じ大学の学生」ということで油断が生まれやすいですから。

 

■ 大学生になる時に「いるもの」「あると良い物」を少し紹介します。

 

コメント