大学生になる時に「いるもの」「あると良い物」を少し紹介します。

 

 

スポンサーリンク

大学生になったら「要るもの」

大学生になったら「必要な物」と「あると良いもの」を紹介します。

私が大学生の頃と今ではやや異なっていることもありますが、大きく変わってはいないので簡単に紹介します。

*今後も追加していきます。

電子辞書

大学に入ると語学の授業があります。

通常は「英語」と「第二外国語」を選択するので、この両方に対応した辞書を持っておくことをおすすめします。

今はスマホで翻訳もできるような時代ですが、まだどうしてもスマホのアプリなどでは少しおかしな表現になったり、また授業中に使いにくい(教授が許さない)ということがあります。

私の時代もスマホのgoogle翻訳などを使いましたが、上手く翻訳はできていませんでした。

まだ電子辞書は必要な時代です。

しかし、あまり高価なものでなくても構いません。語学の授業は大学によっては必修が1~2年生の頃のみなのでほどほどの電子辞書でいいでしょう。

 

判子(実印は要らない)

大学生になると多くの学生が18歳以上または成人になっています。

アルバイトを始めたり、一人暮らしをしたりと個人での活動やそれに伴う責任も生じてきます。

 

ですから、大学に入った頃には判子も作っておくと良いです。

実印は役所に登録が必要ですし、まだそこまで必要ではありませんが、判子くらいは作っておいた方が良いです。

私も若い頃、大学生になって書類に判子を押す機会があったのですが、判子を持っていなくて買いに行った記憶があります。

大学生の頃から判子は使うようになりますから覚えておきましょう。

 

A4サイズが入るリュック・カバン

大学に入っても大体のプリントはA4サイズです。

最低でもこれくらいは入るものにしておいた方が良いです。

 

それと大学は「教科書を毎日持ち運び」します。

これを知らない高校生や受験生が多いです。

高校生の時は机の中に教科書やノートを置いて行けましたが、大学では自分の机は基本的にありません。

だから出来れば、しっかりとした素材で濡れないもの(雨が染み込まない物)が良いです。

 

 

リュックかカバンかという話ですが、これは人により異なります。

電車はリュックの方が楽です。特に朝の満員電車はカバンだと乗降の際に巻き込まれる可能生があります。

しかし、リュックは後ろに背負うので「スリ」のリスクは高いです。

男子大学生はリュックを背負っても、財布やスマホはポケットで管理する方が良い。

盗まれることがありますからね。

 

女性は長財布を使うのでポケットで管理できませんから、カバン(バッグ)の方が良いと思います。

しかし、通学時のひったくりには気をつけた方が良いです。

ひったくりはカバンを狙いますから。(リュック狙う奴は聞いたこと無い)

 

クレジットカード(apple pay対応が良い)

大学生になったらクレジットカードは作っておくべきです。

高校生は作れないのですが、大学生であれば18歳以上から作ることができます。

学生さんのおすすめクレジットカード!【基礎知識も全解説!】では、三井住友カードやライフカードなどが大学生では良いかもしれません。

私も手持ちが無い時は現金で支払えないのでクレジットカードで支払っていました。クレジットカードは「後払い」ですから、様々な時に役に立つんですね。

現金で支払うとポイントは貯まりませんが、クレジットカードは利用に応じてポイントも貯まりますからお得です。

また店舗によっては、そのカードならではのサービスも受けられます。(例:エポスカードなら丸井のセールで10%OFFなど)

 

また信用情報として支払い履歴が残ります。

簡単に言うと、「クレジットカードを代金をしっかりと支払ったか」という履歴です。

こういった履歴が将来自動車や住宅のローンを発行する時に審査されます。

その時の年収や勤務状況だけでなく、それまでの信用情報をチェックしてローンなどは審査するんですね。

大学生の頃からクレジットカードのようにお金をしっかりと管理できる習慣を付けておくべきです。

社会人になってからカードを作ると、お金が入るので使いすぎてしまうクセができます。

お金があまり無い学生の頃こそ、お金の失敗は少ないんです。

 

また大学生ならApple pay対応のクレジットカードが良いと思います。

大学生ならiPhone使う方も多いですし、お財布ケータイのように支払うことができます。

 

定期入れ

高校生でも使っていたと思いますが、定期入れは必須です。

定期券は財布か定期入れで管理すると良いです。

 

できればスマホと一体型は気をつけて下さい。スマホと定期券カードの磁気が反応して、クレジットカード機能や電子マネー機能が飛ぶ可能生があります。

 

ですから、スマホと一緒ではなく、「定期入れか財布」で管理することをおすすめします。

 

大事なアレを破壊する!?手帳型スマホケースの意外な落とし穴 - NAVER まとめ
iPhoneやAndroidなどのスマホのケースの中で最近人気な手帳型。カード入れ付きの便利なものもありますが、クレジットカード(磁気カード)やICカードを入れ...

 

 

URL:amazon定期入れ

 

くつ磨きのセット

本当に「靴磨き」は大学生の時に習慣としてやっておくべきです。

もう大学は宿題にして良いレベルです。(笑)

 

社会人になると大体の方は「革靴」を履きます。

しかし、正直に言うと「あまり磨いていない人」が多いです。

靴が汚いと社会人としてあまり良く思われないです。

特にね、新規営業とかコンサルタントは絶対汚い靴はダメだよ..これ本当に。

 

これは「相手の情報を得るには靴を見るとわかる」と言われており、細かな所まで手入れが行っている人はできる社会人だ!ということです。(笑)

働いてみると、「確かにその傾向は有るかな」と思います。

革靴が綺麗な人は、気配りが出来たり真面目だったり人からどう見られるか、マナーなどを気にしています。

 

業界や職種によっても異なりますが、人と会わない内勤ほど以外と靴は気にしていない傾向にあると感じています。

ちなみに、営業マンや広報はみんな革靴がキレイですが、システムエンジニアはあまり気にしていない人が多い。私のかつての上司は化石みたいな革靴を履いていましたから。(笑)

 

大学生の方は「今のうちに靴を磨く習慣」を付けておきましょう。

若い頃にやっておけば習慣は付きます。

綺麗な革靴を履いていると、社会人としての印象は良いです。間違いない。

みなさんも就活して働く時には「靴」の手入れは欠かさずに。

 

スポンサーリンク

「あると良い物」

「講義のメモに」持ち運びができるノートパソコン

最近は大学の授業でもノートパソコンを持ち運ぶ大学生が増えています。

私も経営学などの講義はパソコンを使って、メモを取っていました。今やパソコンは学生に1台は必要な時代です。

スマホでは文字を入力しにくいことや画面が小さいので授業のメモには向きません。

できればパソコンの方がメモを取りやすい。

 

しかし、スマホも使うことがあります。それはプロジェクターを使って試験範囲を発表する時です。

大学は人数が多く大教室であるため、教授がプロジェクターを使って試験範囲を発表します。

大体は授業の最後に発表されるので、ここで学生はスマホを出してプロジェクターに表示された試験範囲の写真を撮ります。

この時にスマホは必要です。

スマホは授業中にいじれないことは多いのですが、パソコンであると授業中でも許可してくれる教授は沢山います。

 

 

 

コメント