本や専門書、CDやDVD、ゲームソフトを高く買取してもらうコツは?

スポンサーリンク

買取前に知っておきたい高めに売却するコツ

いらなくなったら早めに売ること

 

特に一過性のブームなどの商品は時間が経つと安くなる傾向があります。こういった商品は早めに売られる方が良いでしょう。

昔ベストセラーだった本も今では1円でamazonで購入できる時代です。価値が高い間に売られる方が得です。

 

限定品は時間が経ってから売ることも考える

実は今「ジャズレコード」の値段がかなり高騰しています。

最近ではジャズのレコードなどの生産が終わってしまったためもう中古品以外入手できなくなったことに加えて、レコードならではの温かみが再評価されているようです。

若い人を始め、iTunesのようにデジタル化された音楽を聴くことが一般的になったため、人間らしさを感じるアナログにも音楽を聴くということ以外の魅力があることに焦点が当たったのです。

 

歌手やアーティストが無くなった後にプレミアが付くこともあります。例えば、今はビートルズの一部のレコードには1枚数万円〜数十万円という値段が付いています。これはもう入手できなくなったことと当時人気があったことが関係していますね。

 

このように「時間の経過」によって価値が高まることがあります。もちろん希少価値や当時人気があった商品かどうかという点も値段を高めるポイントです。

ここではレコードを紹介しましたが、他にも廃車になった鉄道模型や昭和の時代に人気があったウルトラマンや仮面ライダーの人形などもプレミアが付いていることがあります。

 

スポンサーリンク

買取前にすること

 

埃や汚れは掃除しておくこと

買取前にはCDやDVDなどのパッケージやフィギュアなどは表面に付いた汚れを落としておくこと。少しでも保存状態が良い方が買取金額も上がります。

反対に、カビだらけだったりすれば買取しないところもあるでしょうし、買取をされても売却価格が大幅に下がってしまうこともあります。

これは買取業者次第ですから何とも言えませんが、できる限り綺麗な状態で売ると良いでしょう。

 

説明書や箱などの付属品は捨てない

付属品は捨てない方が買取価格は安定します。特にゲームの説明書などは捨てない方が良いです。

買取業者の公式ページにも記載されていますが、これらは減額の対象になります。

 

段ボールで郵送する場合は、緩衝材などを入れて保護する

郵送買取の場合、輸送時に買取商品が破損してしまうということがあります。

特にCDなどは、ゲーム機のように重い商品と一緒に梱包(段ボールに入れる)すると、揺れ等により傷がついたり、破損してしまうこともあります。

段ボールに商品を入れる際には「緩衝材」を入れて買取商品を保護して下さい。緩衝材には新聞紙やチラシで良いので、段ボールと商品の隙間や商品同士の隙間を埋めるようにします。

例えば、この画像のように。

本の入った段ボール

またCDなどを輸送する際には、ワレモノ指定もして下さい。

 

スポンサーリンク

重要:買取業者の選び方

最後に「どんな良い商品でも買取業者を間違えば安く」なってしまいます。

この買取業者の選定が1番難しい。

 

私もある商品を売りましたが、A業者では10円でB業者では100円と価格の差がありました。

同じ商品でも業者によって、値段に天と地の差があります。

 

そう考えると、どの業者を選ぶかが高値で買取って貰えるかを左右するわけです。

 

実際に私が売ってみて良かったと思える買取は

  • 専門書なら「バリューブックス」
  • CDやDVD、ゲームソフトは「駿河屋」
  • 赤本や参考書・問題集・予備校テキストは「学参ブックス」
  • 大学教科書は「専門書アカデミー」

でした。

 

 

上記以外の買取業者でも、新作の商品や人気作品は比較的高値で売れます。

しかし、その場合は業者が公開しているWEB査定で簡単に査定されて比較されると良いでしょう。

その方が少しでも高値で買ってくれる業者を見つけやすいからです。

 

関連記事:■ 買取の事前WEB簡易査定なら駿河屋・ブックサプライ・gdなどが便利です。

 

コメント