買取とヤフオク/メルカリはどっちが良い?

スポンサーリンク

商品を売りたい時にどのサイトを使うべきか

ヤフオク・メルカリを使うべき人→【希少価値のある商品を持っている人】

ヤフオクやメルカリは「需要のある商品」「希少価値の高い商品」は高値で売れます

特に昔の限定商品などはすでに販売が終わっているため、ヤフオクなどでは需要があれば価格がつり上がります。

買取業者を利用するよりも高値で売れるので、少しでも高値で売却したい方はヤフオクやメルカリの個人間取引を利用されると良いでしょう。

 

買取業者を使うべき人→【とにかく楽に売却したい人・大量の品を処分したい方】

買取業者はヤフオクやメルカリなどと違って、売却が簡単です。一商品ごとに購入者との交渉、発送作業などを行なう必要がないため、手間も時間もかかりません。

また価値が低い本などの商品も10円などの値段で買い取ってくれるため、商品を大量に処分したい引っ越しや進学、就職の時には大変便利です。

売りたい商品と買取業者が得意としている(高値で買い取る)ジャンルが一致していれば、買取でも比較的高値で売却できます。

しかし、メルカリやヤフオクで売却するよりは多少安くなってしまいます。

私も時間がもったいないので買取業者で一括で買い取って貰います。もちろん希少価値の高い商品があればメルカリなどで出品しようとは思っています。

 

スポンサーリンク

もう少し買取業者と「メルカリ」「ヤフオク」の違いを解説。

買取と「メルカリ・ヤフオク」の違い
  • 買取は楽だけど、やや売却金額が低い
  • メルカリやヤフオクは手間や時間が掛かるが、高く売れる可能生がある

 

買取業者を利用すると、楽に売ることができますが、売却金額は低めです。これは仕組み上どうしても仕方ないことです。

しかし、一品ごと出品する手間が無い分とても楽に買い取って貰えます。

 

メルカリとヤフオクなどのサイトは「高値で売れる」というメリットがあります。本来は買取業者などが受け取る利益分が自分に入ってくるからですね。

しかし、自分で行なう作業なので郵送作業や価格交渉などの手間が発生します。

また例えば、メルカリでは10%の手数料を取られてしまうので、手数料を引かれても儲かるかどうかを考えないといけません。

もし商品Aが¥3,000円で売れても¥300円の手数料がかかり¥2,700円です。買取業者がその商品を¥2,000円で買い取ってくれる場合、差額の700円がメルカリ出品をすることの利益になります。

つまり、この700円のために自分で取引をできるならばメルカリを利用すれば良いですし、700円よりも時間が欲しい方にとっては買取業者を使った方が良いわけです。

 

他にも、自分が何を売るのかによってサイトを選ぶ必要もあります。

中古市場でも人気が高い商品(最新作のゲームや売り切れになっている物)は、ヤフオクやメルカリなどで売れるでしょう。しかし、ただの古本などは売り手が付かないこともあります。

オークションサイトやメルカリと買取業者の違いは、こういった売れない可能生の物を買い取ってくれるかどうかです。

買取業者は10円で買ってくれても、メルカリなどでは買い手がつかないことがあります。

つまり、買取業者の方が「自宅を整理する」「引っ越しで処分したい」という時には向いています

 

スポンサーリンク

まとめ

買取業者と個人間取引のサイトはメリットとデメリットが大きく異なります。

自分がどんな商品を売るのかによって、どちらを使うべきかを分けてみると良いでしょう。

 

コメント