忙しい人は「メルカリ」より「買取」の方がメリットが大きいかもしれない。

忙しい人はメルカリよりも「買取」の方がメリットがあります。説明していきます。

スポンサーリンク

買取のメリットとデメリット

買取のメリットは「手間がかからないこと」これに付きます。

WEBで買取の申請をして、段ボールに身分証のコピーを入れて、郵便局や集荷サービスを使って配送、そして後は連絡を来るまで待つだけですから、実際に行なう作業は少ないです。

入金までに業者によって時間がかかりますが、引っ越しや部屋の整理を考えれば1番手っ取り速い方法です。

また業者によっては買取に至らなかった本(例えば、買取ができない汚れがあったなど)も一緒に処分してくれるところもあるので、上手に使うと買取だけでなく部屋の掃除にも使えます。

 

しかし、その分買取価格は低くなります。買取業者も売却された本等を販売するので、そこでの販売額よりも高い値段で買取しれくることはありません。

手間がかからない分、売却価格は少し下がってしまうというデメリットがあります。

スポンサーリンク

メルカリはやはり「手間」がかかるため、買取の方が負担が少ない

高値で売る方法には「メルカリ」「ヤフオク」などのサイトを利用する方法があります。

こちらは直接取引なので手数料が取られますが、高値で売れる傾向にあります。

 

しかし、全て自分で手続きを行なうため「手間」がかかります。メルカリでは自分で商品発送をしないといけませんし、価格交渉をしてくる相手もいます。

1つの商品にかける手間が大きいので、売りたいアイテムが多ければ多いほど手間と時間がかかります。

また必ず売れる保証もないので商品が半分売れて、半分残ってしまったということも有り得ます。メルカリでは相手が欲しい商品が限られているので、あなたが売りたい商品全てを買ってはくれません。

 

買取業者は「商品数」や「買取金額」によって送料を設定しているので、売却する商品数が減れば買取してもらう時に送料が発生します。

中途半端にメルカリなどで売れてしまうと、送料が発生してしまいメルカリでの利益が送料に消えてしまうということも有り得ます。

こうなると最初から買取業者を使った方が時間も手間もかからなかったということも有り得ます。

 

高く売るならばメルカリなどはおすすめですが、その場合は以下の時に売られると良いかもしれません。

  1. 売りたい商品に需要があり、高値が付く場合
  2. 売りたい商品数が少ない場合
  3. もし商品が残っても自宅に保管できる場合

事前にこういった状況が把握できる場合は、メルカリやヤフオクで勝負してみると面白いと思います。意外な高値が付くこともあります。

 

「そんなんメンドイよ、時間無いし」という方は買取の方が圧倒的に楽です。

買取業者を利用する場合について説明します。

ここで、重要なことは適切な買取業者を選ぶと意外と高値で買取ってもくれるということです。

「専門書なら専門書を扱う買取サービス」「CDやDVDなら映像ソフトに強い買取業者」を選ぶことが高く売るための方法です。

 

関連記事:【総まとめ編】売りたいジャンル別の買取業者のおすすめ

 

 

コメント