なぜ買取価格がこんなに低いのだろうか、勝手に予想してみました。

スポンサーリンク

こんなにも買取金額が違う!駿河屋と他社Aの比較

実は以前「駿河屋」と「他社A」の同じ商品の買取価格の違いを比較したことがあります。

今はwebサイトで買取金額の査定をすることができるので、やってみることにしました。

 

その結果、駿河屋では150円、他社Aでは100円でした。

また他の商品を他社Bで査定してみたところ、駿河屋では¥1,000円で売れる商品が他社Bでは¥10円でした。

 

これほど買取業者によって買取金額が大きく違います。

そう考えると、商品を売却する側にとってはどこで買取してもらうかは実は大きな選択です。

では、なぜ買取は安くなるのでしょうか?

関連記事:【総まとめ編】売りたいジャンル別の買取業者のおすすめ

 

スポンサーリンク

郵送や宅配での買取は依頼主が買取商品の返送を面倒くさがることを理由にしているのかもしれません。

あくまでも憶測ですが、郵送買取で価格が低くなる理由には「買取金額が低いと利用者が返送を希望しない」ということがあるかもしれません。

つまり、商品の金額が低いということは返送してもらう価値も少ないため利用者としては返送を希望しないということです。

そうすれば買取業者としても安く買取をすることができます。

返送の送料を支払うのは買取を頼んだ方からすると無駄な出費です。普通は返送を希望しません。

そういった郵送買取の仕組みを上手く利用している可能生もあります。

つまり、足元を見られているということですね。

実際に高く売れる商品であっても、査定金額を公表していないならば届いた後は低価格で買取れば利幅が増えます。

 

買取金額が販売価格より高くなることはありません。買取業者も利益を出すために、買取金額を抑えないといけません。

もしかすると買取という仕組み上はしょうがないことかもしれません。

 

もし高価格で売却したいなら、ヤフオクやメルカリなどの個人間取引サイトを利用する方がおすすめです。

やはり買取ではその仕組み上、オークションなどの価格を抜くことができないのが実情です。

買取業者の全てがいい加減な取引をしているわけではありませんが、ある程度高額な金額で売りたいならば自分で売買されてみる方が良いでしょう。

買取業者でも当たり外れがあるので、そこを見極めないと買取金額が低くなります。

 

コメント