商品も業者によって値段が違う?!買取金額が安くなる理由とは?

スポンサーリンク

業者も販売して利益を出す必要があるため買取金額が安くなる

実際に買取をすると「なんでこんなに買取金額が安いの?おかしくないか?」と思われる方もいると思います。

 

その理由は、業者が利益を出すためです。買い取った本をamazonを始めとして様々なサービスで売却し利益を出すためです。

例えば、新品で買った¥2,000円の本を買取してもらうと、¥1,000円くらいで売却できますが、買取業者はその本を¥1,000円でも¥2,000円でも無く¥1,500円前後で売りに出します。

簡単に考えて、この¥500円が利益になります。(¥1,500円-¥1,000円=¥500円)

このように買取業者も利益を出すために、買取価格は安くなってしまうわけです。

 

ですから、必ず言えることはその商品を中古市場に出した際に付く値段以上で買い取って貰うことはまず有り得ないということです。

言い換えれば、高値で売りたいならば自分で中古市場に出品するのが良いと言えます。

 

スポンサーリンク

同じ商品でも買取金額は業者によって異なる

同じ商品の買取でも業者によって「買取金額」が大きく違います

 

これは実際に私がある商品を検索した時です。

 

 

上の買取業者の「gd」では赤枠の値段(¥3,145円)が買取価格です。

しかし、駿河屋で同じ商品を検索すると、

 

 

こちらの駿河屋の方が買取価格(¥3,800円)が高いことがわかります。

 

両業者とも高値で買い取ってくれる業者ですが、同じ商品でも買取価格は異なります。

商品Aは◯◯業者が××業者よりも高値で買い取ってくれる一方、商品Bは××業者の方が◯◯業者よりも高く売却できるということもあります。

つまり、業者によって買取価格が異なるため、一概に全ての商品を高く買い取ってくれるということでもありません。

 

1つ言えることは、その業者が得意としている分野では「高値で買い取ってくれる傾向」にはあります。

ですから、高く売りたい時には商品を詰める段ボールを分けて、それぞれの業者が高く買い取ってくれる分野の物を売却される方が高く売れます。(例:専門書はバリューブックス、CD,DVDは駿河屋などに分けて売却する )

 

スポンサーリンク

1番高く売れるのはメルカリやヤフオクだが…

「安く売りたくない。」という方にとってはヤフオクやメルカリなどの個人間取引のサイトを利用される方が高く売れると思います。

しかし、こちらにも「売れないリスク」「価格交渉の手間」「販売作業の手間」「運営サイトに支払う手数料」などのデメリットがあります。

そう考えると、「すぐに売却したいなら多少安くなるけど買取業者」を選択し、「高値で売りたいならばサイトで売却」されることがベストだと思います。

 

 

コメント