「なぜSEはキツくて苦労が多いのか?」元システムエンジニアの端くれだった私が解説する

鬱病などの精神疾患も多い、給与もピンキリ、派遣契約かと思ったら業務委託契約だったなど問題が多いSE業界。

すでにシステムエンジニアで「この業界おかしいよな」と思われている方はうなずける内容でしょうし、「これからシステムエンジニアを目指す学生」には頭の片隅に入れておいて欲しいことを書いています。

全ての現場に当てはまることではありませんが、私が経験したいくつかの情報を元に「SE業界の問題」を軽く解説したいと思います。

スポンサーリンク

SEが受け取る給与以上の仕事を派遣先から求められる

SEには派遣として企業(現場)で働いている人も多くいます。

その場合は「特定派遣」(正社員で雇われて別の企業で業務に従事する)だと思いますが、この形態には大きな問題があります。

顧客としては「人月」としてに、「一人1ヶ月いくら」と払うのが一般的です。

この顧客が支払った報酬をSEが属する企業を通してSEに支払われます。

 

ここで言えることは「システムエンジニアの給与は属する企業に抜かれた後の分を貰う」ということです。

例えば、「大元の顧客は50万円を支払っているのに対して、SEの本人は25万円しか貰えていない」ということが発生します。

これは言い換えると、大元の顧客は最低でも50万円の仕事を求めているのに対して、SEは25万円で50万円の仕事をしなくてはいけません

この「25万円の差」がかなり致命的です。

ちなみに私も雀の涙のような給与だったことを覚えています。

私が実際に顧客との契約書の一部を見る機会が有ったのですが、そこには倍近い報酬額が提示されていたことを覚えています。

もしかしたら、このページを見ているSEやプログラマーの方で実際に貰っている金額がもっと少ないこともあるでしょう。

 

 

そうなるとシステムエンジニアは労働量、プレッシャー、対価というものを適切に貰うことができていないのです。

つまり、「SEの視点」から見れば「25万円しか貰っていないのに、50万円近い仕事を任されている」ということになります。

また顧客(現場の企業)から見れば「50万円も払っているのに25万円くらいの仕事しかしないか」と思われてしまいます。

 

そうなると、若い奴は優秀な奴から潰れて業界を去っていき、ベテランも疲弊していきます。

中には「案件の報酬額」を提示してくれる企業もあるかと思いますが、もし案件の報酬額を提示しない場合は「見られたら困る」のか「SEなんかに見せる必要はない」と考えているわけですから、転職なども考えた方が良いと思います。

SEを単価だけで判断して派遣する企業もありますから、そんな企業にはいない方が良いです。

これは本当、絶対に気をつけて。

 

スポンサーリンク

作った人間がシステムを管理せず、別の人間が管理する

SEには、大きく分けて「開発案件」と「改修案件」があります。

「開発案件」とは、俗にいう「デスマーチ」が発生しやすい案件で、1から仕様書の情報を元にプログラミングをしていきます。(仕様書がないところもあるかもしれませんが)

開発案件はわかりやすく言うと、「家を建てる」ということに似ています。

一方、「改修案件」とは、既にあるシステムの改修(マイナンバー対応や消費税対応など)がメインです。

これは「古くなった家をメンテナンスする、部分リフォームする」という例えが最適かもしれません。

 

開発案件の時は、多数のシステムエンジニアが集められ開発にあたります。そして、開発が終了すると人数は大幅に削減され、改修作業が主になります。

企業も「消費税増税」や「マイナンバー導入」などの際には社内SEだけでは足りないので、外部からSEを呼ぶことがあります。

システムエンジニアの方は特に案件ごとに関わっていることがあり、開発の案件が終わると別の現場(企業)の案件に行くというケースも多々有ります。

そのため開発時にコードや仕様書を書いたシステムエンジニアやプログラマーなど開発者がいないということがよく発生します。(これは作業する方からすると結構大変)

ですから、現場によっては「仕様書が参考にならない」「コメントアウトの意味がわかりにくい」といったことも普通です。

それに人によってコードの「クセ」みたいなものが存在します。

 

これを管理、改修していくことはとても難しく、「他人が書いた塗り絵にその人が想像した適切な色を塗る」ようなものです。

新しく現場に来たSEにとっては、その企業のシステムも知らないですし、システムも企業によって様々です。

ですから、SEが獲得できるのは「どこの企業でも役に立つスキル」ではなく「特化したプログラミング言語」と「その企業のシステム内容」ということが正確だと思っています。

もし特に新人のSEが別の企業に行く場合は、その企業内に開発がどこにいるのかを確認してわからないコードや内容を聞きにいった方が良いです。

 

スポンサーリンク

なぜか根性論が一般的

IT業界であるはずのシステム会社でなぜか根性論が横行します。

具体的には「現場」ではなく「SEの仕事を取ってくる営業や所属する企業とSEの間で」が適当です。

SEの求人は営業が他社の営業と情報交換を行なう中で、取り交わされることがあります。

私も実は少し営業の方に動向したことがあるのですが、紹介という形で求人を紹介してもらうことがあります。

中にはSEの経歴やスキルにピッタリの案件があることもあるのですが、そういった求人が入ることは少ないわけです。

 

そうするとSEを「行って何とかやっていけそうな現場」の求人に応募させることがあるわけです。

企業としては案件が終わったSEを自社で賄うことは少なく、むしろコストと考えています。

ですから、早く別の案件に行かせたいのですが、こういった合わない案件に行かせるために「根性論が横行」するのです。

「◯◯先輩もそうだった」「合わなくても何とかなる」などと言われますが、合わない案件に行くことはかなりSEにとってプレッシャーと負担になります。(上記で説明したように給与も低いですからね!)

 

スポンサーリンク

顧客がITを理解していない、ITを「魔法」だと思っている

私の時もありましたが、顧客(発注元の企業)がITのことを理解しておらず、「魔法」か何かと思っていることがありました。

SEは工程表という作業時間と作業内容の見積もりを顧客に提示します。

私もこの工程表を提出したのですが、なぜか「見積書の作業時間を短くして欲しい」といった要望が来ました。

プログラムの改修に必要な時間を確保したというのにそれを削れというわけです。

営業が取引先と交渉してコストダウンを計ることはわかりますが、残念ながら無理なものは無理なわけです。

プログラムは「完成しないと動かない物」であり「不完全でも8割できていれば0K」というものではありません

 

プログラムは非常に繊細で「:」を「;」に間違えただけでもエラーを起こし止まってしまいます。

1プログラムあたりの文字数も少ないもので1,000文字、長いのでは1万字もあります。(笑)

改修でも1つのプログラムの「単体テスト」を行い、様々なケースを想定して「漏れ」がないかどうか潰していく必要があります。

「単体テスト」の後には「結合テスト」さらに最終的には「総合テスト」と言って全体のチェックをしていき、また様々なデータを想定してテストを行ないます。

例えば、ある値を入れて想定された値が返ってくるかどうかテストをするわけです。

企業のシステムには数百それ以上のプログラムが稼働しており、それらが連動して動いているので1つのエラーで多くのシステムがダメになってしまうこともあります。

 

顧客はシステムエンジニアが作り、改修するプログラムをせいぜい『Word』や『メール』程度にしか理解していません。

システムエンジニアのこれらの苦悩を「何か呪文を唱えれば解決する問題」のようにしか思っていないのでしょう。

顧客は『ITを魔法』のようなもの、プログラムやシステムは「やればすぐ完成するもの」と思っています。

だから、無理な納期の短縮や作業内容の変更を途中で言い出してきたりするわけです。

経済学の「情報の非対称性」では、情報を持っている方(いわゆる情報強者)が情報を持っていない方(いわゆる情報弱者)を騙すことがあります。

しかし、システムにおいて情報が少ない方(顧客)が情報が多い(SE)側よりも強い立ち場にあるこの場合では、無理な納期の要請などのこういった不具合が発生するのです。

 

プログラムやシステムは上記のように「複雑×複雑」です。

このシステムエンジニアの仕事は「間違いが出ることが当然」なのです。

プログラムの改修でもエラーが出たらそれを直して、今度は違うエラーが発生して…と直していくことが基本で、それができて完成に近づきます。

これが他の業界の仕事とはやや異なるところで、予期せぬエラーやトラブルで業務時間分の作業量が補償できないのです。

 

オフィスワークなのに意外と他の業界よりも「泥臭い」部分がシステムエンジニアの仕事には多いのです。

IT企業というとWEB事業やアプリ事業なども含めて「華やか」な印象がありますが、システムという裏方について言えばそれは当てはまりません。

お客さん(発注元企業)も業界や職種が違うため、理解できないことはもちろんわかります。

しかし、こういった事実があることも知って欲しいのです。思い出せばもっとあると思いますが(笑)

 

やはりこういった理由でシステムエンジニアが「大学生が就職先として選びたがらない」「SEから異業種に転職したい」という理由になっているはずです。

実はSEは現場によっては天国のような環境で仕事ができることもあり(私が一度経験しましたが本当です)、「現場次第」ということも言えます。

もし「自分に合わない」「不遇にあっている」「業界から抜けたい」と思っている場合は早めに決断すると良い職業です、これは本当に。

 

 

コメント