箱根

大学生は教科書代が高いから「中古教科書」を利用すると良いよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

大学生は中古教科書で節約

大学生の教科書なんですが、結構高いですよね。

教科書の裏に記載されている値段を見ると「¥2,500」とか書いてあります。

日本の最低賃金は714円、全国平均でも823円(*1)ですから、教科書代のために4時間は働くと言うことですね。(笑)

これだけ高いので「大学教授って印税で結構儲けてんじゃないか?」と私も疑っていました。(笑)

まあ確かに専門的な内容ですからそれだけの価値はあると思いますが、大学生のバイト代収入などから考えると少し高いですよね。

さて、大学生ですが新品で教科書を買うのは高く、使う期間も限られているので少しもったいないですよね。

確かに新品で買わないといけないものもあるかもしれませんが、そうでなければ「中古」で購入するという方法もあります。

これはネット等のオンラインを利用しても良いですが、他にも「中古本屋」を利用すると中古の教科書は見つけやすいです。

どこの中古本屋でも良いわけでなく、「大学の近くの中古本屋」または「通っている大学の学生が一人暮らしをしている町の中古本屋」が様々な教科書の品揃えが良いです。

大学生みんな考えることは同じで、いらなくなった教科書は売却します。

隣町に行って売る必要はなく手軽な近所の中古本屋で買取してもらいますから、必然的に大学近辺の中古本屋や大学生が一人暮らしをしている町の中古本屋には安い教科書が売られています。

私が実際に買っていた時は「定価2,000円」の大学教科書が「500円」くらいで売られていました。(笑)

これを知った時は「今までなぜ新品で買ってたんだ」と思いましたね。

それくらい中古教科書の価格を知ったときの破壊力は凄まじかったわけです。

中古の教科書には他にも利点があります。

中古の教科書は中に書き込みがされていることがあります。

その本の前の利用者が書いた内容だと思いますが、テスト範囲が書き込まれていたり重要語句がマーカーされていたりもします。

教授によっては毎回同じテストを出す教授もいますから、書き込みの内容によってはどこからテストが出るのか結構ヒントになることもあります。

まとめると、中古教科書は誰かが使っていたからこそメリットがあるということですね。

また価格も新品の半分くらい(中には4分の1くらいもある)ですから、科目数が多い時ほど重宝されます。

私もかなり節約になったので大学生のみなさんも中古教科書で事足りる場合は中古で済ますという方法もありますよ。

*1.出所:厚生労働省:地域別最低賃金の全国一覧平成28年度地域別最低賃金改定状況より