箱根

就活生はだいたい【10月まで】に内定を取っておくと良いよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

私の実体験では、就活生は「10月までに内定を取っておく」とやっぱり楽ですよ。

これには実は理由があります。

1つは掲載される求人が減少するから

就活生の中には気づいた人もいるでしょうが、就活サイトで紹介されている求人は時間の経過と共に減っていきます。

就活サイトだとリクナビとかマイナビなどが当たりますね。

最初は数百件〜と求人サイトに掲載されていた企業が、時間が経つに連れて「掲載終了」となっていきます。

そうすると受けられる企業も減っていくわけです。

その時期が(私の場合)9月~10月なわけです。

今の就活生では10月~12月くらいでしょうか、大手の求人サイトの多くが「掲載(募集)終了」という文字に変わります。

対策としては

時間の経過ととも求人が減っていくことはしょうがないとはいえ、対策はあります。

それは利用する就活サイトを変えることです。

リクナビやマイナビは大量に就活生が動く、就活初期から中期では大変役に立ちます。

それ以後は中小サイトや臨時で開設されるような就活サイトを利用すると良いでしょう。(私も理由があり大学4年の時に使っていました)

【就活に苦しんだ俺が教える】2018卒の新卒学生におすすめする就活サイト《17選》でも紹介したように、秋からエージェント系(就活コンサルタントと一緒に活動するサービス)のサービスやイベント系の就活セミナーなどのサイトを利用して就活することをおすすめします。

2つ目は「季節」の影響があるから

10月くらいから急に日中の時間が短くなるのを体感します。

それに気温も下がって涼しくなってくる季節です。

実はこれが就活生にとっては曲者(クセモノ)で人によっては精神的に来ます。

私も色々な事情があり秋の就活をしましたが、地獄でしたね。

よく「冬期うつ」のような話があるように、「就活受からない」+「気温が下がる」+「日中の時間も短くなる」と精神面に響くということです。(分かる学生はわかるはず!)

これに上記で説明した「求人の減少」「これまでの就活の疲れ」も相まって、10月くらいからは就職活動の集中も落ちてきます。

人間って不思議で寒くなると活動が鈍ってくるんですよね。(笑)

私もこの時期は「もう一年就活しようか」と考え直すほどでしたから。

対策

対策としては、早めに就活を終えることしかありません。

実は私は学生の頃「就活サイトに掲載されている企業しか新卒を募集していない」と思ってましたが、そんなことはありません。

最近は昔よりもサービスが勃興していますから(特にSNSの普及が理由として大きかった)、上手く活用されることが早めに就活を終える1番の方法です。

最後に

2018卒や2019卒の就活生は特に「先輩と就活の採用フロー」が異なります。

面接の解禁時期が昔よりも遅いので、先輩世代(私など)よりも効率的に動かないといけません。

私の時も大変だった(東日本大震災で一気に不景気)のですが、今の就活生は活動時期が変わったので尚更大変でしょう。

特に就活は長引くと精神的な負担が増えるので、負担が減るような就活サービスも併用されると良いですよ。

私の時はSNSの黎明期だったので、こういったサービスがありませんでしたから。

上手く活用して下さい。

特筆記事:【就活に苦しんだ俺が教える】2018卒の新卒学生におすすめする就活サイト《17選》