《受験生・大学生向け》実際に「学参プラザ」で赤本や予備校参考書を買取してもらったら部屋が片付いて便利だった!

学参プラザのトップ画像

 

学参プラザは「大学受験で使用した赤本や問題集、参考書や予備校テキスト」を買い取ってくれるサービスです。

 

私も約10年ほど前のひからびた赤本やマイルドなカビ臭い香りのする参考書などを実際に買い取ってもらいました。

私も大学1年生の時は河合塾のテキストや赤本、参考書や問題集があったのでもっと早く知っておけば良かったです(笑)

大学生のみなさんも、私みたいに押し入れをよくチェックしてくださいね(笑)

 

実際に最新版の赤本などは400円以上で買い取ってくれるようです

これは赤本を何冊か持っている学生さんは結構買い取って貰えるんじゃないかな、と思いますね。

 

最新版の赤本・青本は400円以上(医学部は800円以上)買取価格保証もしています。引用元:http://www.booksdream.com/

 

ですから、大学1年生や2年生ほど早めに受験の時の参考書や赤本を売ると良いですよ。

時間が経っていない分だけ値段が付く可能生がありますからね。

 

さらに「予備校の教科書(テキスト)」も買い取り対象ですから、代ゼミや駿台、河合塾、東進などに通っていた大学生は一緒に買い取りしてもらうと良いですよ。

予備校の教科書なんて自宅に置いてあってももう使わないですからね。

 

 

20点以上の送付で送料無料ですので、自宅に多くの受験参考書や赤本がある大学生ほど部屋の掃除になって便利ですし、買い取ってもらえば少しはお金にもなります。

やっぱり捨てるよりは買い取ってもらって、どこかの誰かの役に立ててもらうほうが良いですよね。

私も赤本や予備校の参考書、教科書はかなりスペースを取るので邪魔になってましたから、こういったサービスで早く買い取ってもらえば良かったです。

 

 

スポンサーリンク

ちなみに、みんな「¥いくら」くらいで買い取りしてもらっているの?

大学生のみなさんが気になるのは「値段」ですよね。

大体何円くらいで買い取りしてもらっているのか学参プラザのHPに掲載されていたので紹介したいと思います。

 

まず、こちらは代ゼミや駿台のテキストなどで「14,000円」。

学参ブックスの買い取り事例

引用元:http://www.booksdream.com/

こちらは赤本や問題集の100点で「21,000円」。

学参ブックスの買い取り事例

引用元:http://www.booksdream.com/

こちらは赤本や参考書など「9,500円」。

学参ブックスの買い取り事例

引用元:http://www.booksdream.com/column/column34.html

こちらは赤本や参考書、東進や駿台のテキストなどで「22,500円」。

学参ブックスの買い取り事例

引用元:http://www.booksdream.com/column/column34.html

最後にこちらは「10,500円」。

学参ブックスの買い取り事例

引用元:http://www.booksdream.com/column/column34.html

 

意外と高額で買い取りしてもらえそうですね。

それに予備校のテキストや参考書も買い取りしてくれるというのは便利です。

確かに上記のような値段が付くかどうかは私はわかりませんが、大学受験の赤本や参考書って基本的にもう使いませんから、部屋をキレイにするためにも買い取ってもらうのも良いと思います。

私は学生時代は押し入れに溜まっていた河合塾のテキストなどを捨ててしまったので、今思えば買い取ってもらえば良かったです。(笑)

スポンサーリンク

「学参プラザ」で買い取りできるものとできないもの

まずは買い取りができるものを紹介します。

  • 赤本や青本・緑本
  • 大学受験の問題集や参考書など全般
  • 大学別模試問題集
  • センター試験の過去問
  • 大学受験予備校のテキストや教材は書き込み可(駿台・河合塾・代ゼミ・東進・Z会・鉄緑会・河合塾マナビス・スタディサプリ(受験サプリ)早稲田予備校・四谷学院・秀英予備校・北九州予備校など)

赤本や参考書以外にも予備校のテキストや教材も買い取ってくれるようですね。

一方買い取りができないものは

  • 書き込みがあるもの
  • 使用感や傷みが多いもの
  • 付属品が欠品したもの
  • 学校のノートやプリント
  • 小中高の教科書など
  • 進研ゼミの教材

は基本的に買い取りができないようです。

スポンサーリンク

学参プラザの買い取りで必要な物

買い取りで必要なものを紹介します。

  • 身分証(保険証や運転免許証のコピー)
  • 銀行口座(口座振り込みを選択した場合)
  • 20冊未満の場合は郵送手数料

このくらいですね。

郵送手数料については、20冊未満では学生さんが手数料を負担することになるので「20冊以上で郵送」されることをおすすめします。

ちなみに赤本や参考書を買っていた方、予備校に通っていた大学生の方などは余裕で20冊をオーバーすると思います。

スポンサーリンク

注意点

学参プラザでの買い取りの注意点を紹介します。

  • 買い取り商品の返品には手数料がかかる
  • 返品時は全品返品になる
  • 20冊未満の郵送では要手数料
  • 値段が付かない商品もある

やはり持ち込みではなく郵送での買い取りになるため、返品時の条件が厳しいですね。返却してもらいたいものは送らない方が良いでしょう。

ですから、部屋をキレイにするつもりで「もういらない受験参考書や赤本」などを売却されると丁度良いです。

そうすればまず返品してもらうことはないですからね。

 

スポンサーリンク

「学参プラザ」での買い取りの方法

こちら大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」から公式HPにアクセスできます。

次に【買取申込】をタップします。

学参プラザの買い取り申し込み方法

 

次に買い取り申し込みフォームの中に必要事項を記載します。

学参プラザの買い取り申し込み方法2

 

希望の支払い方法があります。

これは買い取りした金額をどのように貰うかということです。

私は以下の画像のように銀行振込を選択します。

その場合は振り込み口座情報も入力します。

学参プラザの買い取り申し込み方法3

査定方法も選択できます。

査定自動承認を選択すると査定金額が5%アップしますし、査定完了までの日数も少なくなります。

一方、個別査定にすると買い取りの商品のそれぞれの買い取り価格がわかります。

学参プラザの買い取り申し込み方法4

 

学参プラザでは「段ボールの無料配送」も行なっています。

段ボールが欲しい人は下記の画像のように「段ボールの送付を希望する」を選択してください。

学参プラザの買い取り申し込み方法5

 

そして、申し込みを決定し「送信」をタップします。

その後、以下のように「買い取り受付番号」が画面に表示されるので控えておきましょう。

「買い取り受付番号」は商品発送時に必要になります。

学参プラザの買い取り申し込み完了画面

また確認メールにも「買い取り受付番号」は記載されています。

学参プラザの受付確認メール

 

メールから約2日後に段ボールが到着。なんと早い!(笑)

学参ブックスから届いた段ボール

では、これから本を詰めていきたいと思います。

 

こんな感じに緩衝材(本が傷つかないように新聞紙やチラシを詰める)を入れます。

段ボールに入れた赤本

 

そして『健康保険証や運転免許証などの身分証のコピー』を入れて封をします。

段ボールに入れた健康保険証のコピー

 

 

学参プラザの配送方法を解説します。「ゆうパック」「ヤマト」「佐川急便」の3つの配送方法があるようです。

私は楽そうな「ゆうパック」で配送することにします。

学参プラザの配送方法

出所:http://www.booksdream.com/send/send.html

 

「専門書アカデミーでの大学教科書の買い取り」で解説したように、ゆうパックでは「自宅への集荷サービス」もあります。

「郵便局が近くにない」「荷物が重くて持ちたくない」大学生の方は集荷サービスがおすすめです。

上記の画像の電話番号に電話すると「住所や氏名、元払いか着払いか」を聞かれます。

この際に着払いの方は着払い伝票を、元払いの方は元払い伝票を貰うようにしましょう。(伝票が無いと郵送できないので無い方はもらいましょう。)

20冊以上で送料が無料(着払いで送れます)ですから、できれば20冊以上で送ると良いですよ。

●20冊以上をご発送の方→ゆうパック(郵便局)着払いまたは佐川急便着払いでご発送ください
本州・中国・四国・九州から5箱以上をご発送の場合はゆうパック(郵便局)着払い、佐川急便着払いだけでなくヤマト運輸のヤマト便着払いでも発送可能になりました
●19冊以下をご発送の方→恐れ入りますが元払いお客様送料負担でお送りください(発送業者はご都合のよいものをご使用いただいて問題ありません。)引用元:http://www.booksdream.com/flow/

 

今回、私は20冊未満なので「元払い」で支払いたいと思います。(20冊以上で送った方が良いですね)

元払いでは関東から大阪までは¥1,000円近くかかりますからできればお金を考えると着払いが良いですね。

 

20冊以上の方は「着払い」伝票に書いて下さいね。私は20冊以下なので元払い伝票です

ゆうパックの元払い伝票

ちょっと字が汚いけど、これで大丈夫です!(笑)

 

ちなみに、こちらが学参プラザの住所です。

学参プラザの住所

出所:http://www.booksdream.com/send/send.html

 

 

そして、郵送後は荷物の到着のメールが来ます。字が汚かったのですが無事届きましたね(笑)

学参プラザからの商品到着メール

そして数日後「買い取り金額のメール」が来ます。

買い取り料金に納得できる場合は「承諾のメール返信」をしましょう。

これで買い取りまで完了です。とても情報を入力して、まとめて送るだけなので買い取りと言っても意外と簡単ですね。

 

予備校の参考書やテキスト、赤本や問題集は大学受験をするとやはり溜まりますよね。

こういったサービスで買い取りしてもらえば、捨てる必要もありませんし、少しはお小遣いになりますからね。必要な方は上手く活用して下さいね。

もちろんですが、「参考書に囲まれると幸せを感じる」という学生さんは売らない方が良いですよ。(笑)

 

大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」で買い取りをしてもらう方はこちら。



 

 

スポンサーリンク

学参プラザは公安の認可を受けているため安心でしょう。

本などの買い取りをホームページで行なう業者は「古物営業法」の関係でURLの届け出などをしないといけません。

大阪府公安委員会で学参プラザの「621060131046」の許可証番号を検索したところ、学参プラザのURLで確認できました。

つまり、公安委員会に届け出を出しているため安心して利用できる買い取り業者と言えます。

中にはホームページなどを通して無許可で営業しているところもありますから、そういった業者には気をつけて下さい。

 

スポンサーリンク

ちなみに高額で赤本を売るならメルカリやヤフオクの方が向いているけど面倒い

ちなみに赤本はヤフオクやメルカリの方が高く売れる可能生があります。

ですが、赤本や参考書を一本一本メルカリで売るのも面倒です。連絡が来たらそれに合わせて手配しないといけませんから。

「商品の郵送を忘れていた」なんてあると大変ですからね、ああいったサービスは。

そう考えると一括でどこかに売る方がやはり楽ですね。

学参プラザは赤本や参考書、予備校のテキスト(駿台や東進、代ゼミや河合塾など)も一緒に売れるので便利だと思います。

私ももっと早く売っておけば良かったと思いますね。

 

 

大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」での買い取りはこちらから。



 

コメント