《知らないと損する》社会人が申請やサービスで貰えるお金や得するお金

スポンサーリンク

社会人になると社会には様々な制度や仕組みがあることに気づいてくる。

その中でも行政や組織、企業が行なっている支援サービスなどを今回簡単に解説する。

今回は以下の人を対象として『申請や対象サービスを利用すると貰えるお金』を紹介する。

  • 就職や転職
  • 休職、退職
  • 病気、怪我
  • 医療費用
  • 結婚や出産
  • 転居や改築

紹介する中に自分が対象になっているものもあるため、確認して検索してもらいたい。

 

スポンサーリンク

就職や転職

転職サイト・アルバイトサイトの祝い金

最近ではこの「お祝い金」を支給する転職サイトやアルバイトサイトが増えている。

元々はリブセンスというベンチャー企業が始めたサービスで今では多くの企業で実施されている。

転職やアルバイトが決まった際に「一律で◯万円支給する」という形式で安価なところで数万円、高価なところでは30万円などのところもある。

転職やアルバイトに応募し合格しただけでは貰えず、その後に必要な手続きを取ることで貰えるサイトが主なようだ。

特に転職サイトへのこだわりが無い場合はこういったお祝い金を貰えるサイトを利用しても良いはずだ。

 

休職、退職

傷病手当(休職期間があれば

特にうつ病や精神病の患者が370万人近くを超えている現在、会社員は覚えておかないといけない制度だ。

傷病手当金とは、全国協会保険協会のケガや病気等で会社を休職、退職した時に貰えるお金である。

そのため自営業者は対象外になる。

傷病手当金は条件があり、健康保険に1年以上加入していることや休職日数が連続する3日間を含み、4日以上仕事に就けなかったなどに条件に制限がある。

病気が治らない場合や働けない状態ならば毎度申請することで最長で1年6ヶ月支給される。

支給される金額は目安として月給の6割程度(*1)で、休職期間中(退職後も)に収入があった場合はその金額を差し引いて支給される。

健康保険の任意継続者は対象にならないことにも注意しよう。

*1、正確な算出方法は公式HPで確認をしてほしい。

失業手当

失業して再就職する時の手当。再度働く意思がある場合で就職活動を行なう就業希望者に支給される。

失業手当は病気で辞めると

失業手当は病気で会社を辞めるなどした者に対しては特定として最大3年まで適用を待ってくれる。そのため病気をしっかり治してから働くことも出来る他、改善してから再就職に望むこともできる。

 

専門実践教育訓練給付金

雇用保険の被保険者がハローワークで申請することで貰うことができる。

厚労省が指定した講座や授業を受ける人が対象になる。上限があり受講費用の4~6割前後が給付される。

 

病気、怪我

障害年金

これは障害認定される障害を負ってしまった時に貰える年金のこと。年金を払っていないと受けられない。

年金を払っている人でもこの障害年金の制度を知らない人が多い。

海外医療費

全国協会健保では、海外旅行中や海外赴任中にやむを得ず現地の医療機関で診察を受けた場合の一部払い戻しを行なっている。

対象は日本で保険診療となるもののみ。美容治療のような保険外治療は対象にならない。

詳細は健保のページを見て欲しい。

医療費用

医療費控除

医療費控除金額とは確定申告で控除され、10万円を超えた分に関しては一部が還付される。

申告には領収証が必要になり、確定申告の時期に行なう。

医療費控除の対象としては「治療」であり、ワクチン接種など「予防」は対象外となる。

所得税の還付になるため所得が無い人は医療還付を受けることはできない他、課税所得によって還付される金額も異なってくる。

 

結婚や出産

出産育児一時金

申請をすることで国保や健康保険組合から42万円が貰える。家族(被扶養者)や被保険者が妊娠4ヶ月以上(85日)で出産をしたことが対象になる。

早産や死産、流産や人工妊娠中絶も対象になるようだ。詳細は国保や健康保険組合で確認して欲しい。

 

出産祝い金

子育てに力を入れている自治体では「出産祝い金」というものも支給している。

これは各自治体で行なっているお祝い金で支給条件がそれぞれ設定されている。

市税や町税の滞納がないことやその自治体に住民登録がされていること、今後も半年以上その自治体に居住することなどが条件として挙げられる。

支給される金額は各自治体によって異なるが、一例として

  • 第一子の場合、3万円
  • 第二子の場合、5万円
  • 第三子(またはそれ以上)の場合、10万円

ほどの金額が支給される。

申請には印鑑や母子手帳が必要になる。

各自治体によって支給条件や金額が異なるため、ホームページなどを参照して欲しい。

転居や改築

住宅リフォーム助成

各市区町村が実施している住宅リフォーム時の助成金。

助成対象としては

  • 市内に住民登録がある
  • 居住している
  • 市税の滞納が無い

ことなどが挙げられる。

市内の施工業者を利用することや期間内に工事が完了するリフォームなど各自治体によって制約がある。

最後に

こういったサービスは基本的に誰かが教えてくれるというものではなく、自分から申請が必要になっている。

知っていれば貰えるサービスもあるため、該当する方は確認してみて欲しい。

 

コメント