Googleでは、『真実』が検索上位に表示されるわけではない。

現在、どんなことにもGoogleの検索が利用されています。

「ググる」という言葉が定着したように、すでにインフラといっても文句はないでしょう。

 

しかし、Googleには1つ注意点があります。

それは検索で表示されるwebサイトや文言が真実とは限らないと言うことです。

 

 

2016年には、大企業のwebサイトがSEOを駆使して健康情報の上位を席巻しました。

その後、倫理上の問題もあり、サイトは閉鎖されました。

 

問題点は多くありました。医療や健康関連のWEBサイトで真偽が不明なことや薬事法に触れる可能性があったことや記事は素人が安い値段で書いていたことです。

これはSEOというテクニックで検索エンジン最適化などと言われています。

例えば、中古ドメインを購入してリンクを送ることや記事数を増やして内部リンクを増加させる方法など、ホワイトからブラックまで様々な方法があり、WEB関係者では知らない方はいないはずです。

だから、どこの誰が書いたかわからないキュレーションサイトが上位に表示されてしまうという現象が起きてしまいました。

特にこのサイトは健康や医療系のサイトであったため重要にすべきものだったわけです。

 

 

Googleはユーザーの役に立つコンテンツを上位表示させるようですが、その情報が真実とは限りません。

Googleの検索結果は必ずしも真実というわけではないという最大の問題があります。

今回の件のように、SEOが上手なサイトほど上位に掲載されてしまいます。

1番の被害者はユーザーであり、Googleで検索した情報を真実だと信じた人間になってしまいます。

実際に検索(SEO)界隈では、検索してみるとわかるように、「それがどうであるか」という『実』よりも「それをどうみせたいか」という「虚」が上回っています

だから、ネット広告を掲載した情報サイトは嘘がまかり通っているわけです。(以前はステマとも呼ばれて問題になっていました)

企業やビジネスでは、報酬(企業にとっての利益)の金額によって、ランキング操作などが行なわれることがあり、実際のシェアや統計データではなく、報酬額でランキングがされることもしばしばあります。

実際に、企業の広告担当者は代理店を通じて、検索上位サイトのランキング操作を依頼することもあります。

こうしたこともあり今やネットのwebサイトも信頼性が低くなっていることが現状です。

これらの情報を掲載したWEBサイトを参考にして損をするのはユーザーで、今後の最大の課題です。

(ステマやランキングの操作がなぜ起きるのか、については別に解説します)

 

話が少しそれてしまいましたが、WEBの情報やインターネットの情報は全部正しいということではないということです。

GOOGLEがアルゴリズムで判断して、上位に掲載しているということであり「事実かどうか」には現状のところ踏み込めていないわけです。

 

 

コメント