赤信号を左右確認もせずに自転車で横断する人って何者だ? 死んでも良い命はないが、死んでも仕方ない行為はある

車を運転している時々こういった人に遭遇します。

歩行者も自動車も赤信号なのに、なぜか悠々自適と自転車で横断歩道を渡ろうとする人。

特におじさんに多いんですが、あれは一体何を考えているんでしょうか。

私が見た時には、そのおじさんはフラフラと運転をしながらなんだか「スルメ?」みたいなものを口にくわえていました。とても気分が良さそうだったことを覚えています。

あれ危ないんですよね、こちら側の信号は青なので通行しようとするといきなり飛び出してくるわけですから。

それにこちらの存在に気が付かないのか、或いは自動車が止まるものだと思っているのか、赤信号なのに左右も確認しません。

これじゃあ、信号の意味はありませんね(笑)

 

 

なぜ赤信号を渡ってしまうのかと考えると、公的な意識がないんじゃないかと思います。

つまり、道路も街も「自分の庭」のように思っているのではないかと。

このケースでは信号のある道路ですから、おもいっきり公的な場所です。

自分の庭なら好きにして良いのですが、公的な場所では「ルール」があり、それを大勢の人が守ることで社会秩序が保たれているわけです。

信号も同じで、皆が信号機のその誘導に従うことで歩行者は歩くことができ、自動車も運転できる。

自動車の運転も教習所では青信号で「進め」と習っているから、それを崩されると大きな危険性があるわけです。衝突事故になってしまったり、死亡事故になることもあります。

ぶつかったら車の責任になります。車も安全運転が必要ですから、止まらないといけません。

運転者も同時に「公的」な場所を走っているわけですから、安全運転をしないといけません。

それも大事なわけですが、本当に赤信号の横断はやめて欲しいですね。

 

 

人の命って大事なものではあります。優劣もつけることもできない。比べることもできない。

しかし、やったら死んでしまう行為っていうのもあります。今回のようにわざわざ赤信号で渡ると車にひかれてしまうことがありますから。

命は大事というのは間違いないでしょう。しかし、危険な行為をすると死んでしまう可能生やケガをしてしまう可能生があるということを覚えておかないといけないでしょう。

 

コメント