独り暮らしの大学生が『節約しながらお金を稼ぐ』には『リゾートバイト』が良い

スポンサーリンク

まず最初に地方在住の大学生は「リゾートバイト」の方が時給が高くて稼げる

沖縄の海の画像

リゾートバイトは地方の求人よりも時給が高い。

東京や大阪、名古屋など都市部では時給が高いが、地方では最低賃金が700円と非常に低い。

もし地方に住んでいる大学生ならば「リゾートバイト」を検討してみると良い。

お金が貯めやすいだけでなく、諸費用が節約になるため非常に有意義なバイトでもある。

 

スポンサーリンク

まずリゾートバイトって何?

リゾートバイトとは、温泉地や観光地などのホテルや温泉宿、アウトドア施設でバイトをすることを差す。

ホテルでの室内清掃

接客や調理補助、客室清掃などを行なう

バイトをしている時期はずっと観光地の寮やホテル等に宿泊して働くことになる。

職種も幅広く、フロント業務や接客係、調理補助やアウトドアスタッフとなって働く。

期間はゴールデンウィークや年末年始などの連休や大学生や専門学生の夏休みや春休みの長期休みを利用してバイトすることが多い。

 

実はこのリゾートバイトを一人暮らしの大学生におすすめする理由は『節約になるAND稼げる』からだ。

都市部や地方都市にもバイトは多々有るが、リゾートバイトがどれくらい節約になるのかを解説して行く。

スポンサーリンク

リゾートバイトだとなぜ節約になるの?安くなるの?

リゾートバイトをすると節約になる理由は『住み込みで働くため寮やホテルの光熱費が無料(または安く)、まかないが出るため食費が浮く』からである。

都会や地方都市でバイトしてもまかないは出るかもしれないが、住み込みではないため自宅の光熱費は支払う必要がある。

しかし、リゾートバイトでは住み込みでありまたホテルや温泉宿で働くことも多いため『光熱費無料+食費無料』でバイトをさせてくれるリゾートが多いのだ。

リゾートバイトの節約ポイント

 

またスキーやスノーボードが好きで冬休みや春休みはスキー場へ行く人も『リフト券が無料で貰えること』が多い。

そのため冬休みや春休みにリゾートバイトをするとバイトが休みの日は無料リフト券をもらって宿泊先近くのスキー場で1日好きなだけ滑ることができる。

これは新幹線やバスを使って現地へ向かい、自費でリフト券を購入して宿泊施設を予約するよりも非常に節約になる。

スキーやスノーボード好きは「スキー場でのリゾートバイト」は本当におすすめだ。

スポンサーリンク

リゾートバイトが節約になる人とならない人

節約になる人・お得になる人

  • 一人暮らしをしている
  • 光熱費の従量制の部分が高い人
  • エンゲル係数が高い(食費が高い)人
  • スキーやスノーボードが趣味の人

上記の項目のいづれかに当てはまる大学生はリゾートバイトをすることで節約になる。

特に節約にならない人

  • 実家に住んでいる

実家に住んでいる大学生の場合はリゾートバイトでの節約のメリットはない。むしろアルバイトを集中してできるといったメリットがある。

スポンサーリンク

リゾートバイトは『節約』+『お得』ということを忘れずに

リゾートバイトをすると『節約』『お得』を同時に得ることができるためおすすめだ。

光熱費や食費がかからないため『節約』になり、無料で温泉に入れたりスキー場の無料リフト券を貰えたりする『お得』があるため一石二鳥だ。

つまり、お金の支出を減らしながら(節約しながら)お得を享受することができるわけだ。

 

スポンサーリンク

普通のバイトをするのと比べて何円くらいお得になる?

まずはいくら節約されるか

東京で一人暮らしをする大学生A君が1ヶ月普通のバイトをしたケースとリゾートバイトに行ったケースをシュミレートしてみると以下のようになる。

1ヶ月で計算 普通のバイト リゾートバイト
家賃 6万円 6万円
光熱費 1万円 0.5万円
食費 4万円 0万円
合計 11万円 6.5万円
1ヶ月あたりの差額 4.5万円

家賃はリゾートバイト中も支払う必要がある。

光熱費は従量制の部分(使用量に応じて支払う部分)が安くなるため基本料金だけを支払うことになる。

食費はリゾートバイトでは無料のところもあるためこの分が節約になす。

 

つまり、1ヶ月あたり4万5,000円ほど節約される。

もしリゾートバイトに3ヶ月間行けば13万5,000円も節約していることになる。

 

そしていくらお得になるか

では、どれほどお得になるかを計算してみる。

普通のバイトをしているケースをリゾートバイトをしているケースで比較してみる。

普通のバイト リゾートバイト
時給 700円〜1,000円が多い 1,000円前後が多い
温泉施設宿泊(交通費+入浴費+宿泊費) 東京〜熱海の場合( 1,940円×2+1,000円+1万円) 無料
スキーやスノーボード(交通費+宿泊費+諸費用(リフト券やレンタル用具)) 東京〜越後湯沢の場合(6,150円×2+1万円+1万円) 無料

時給についてはリゾートバイト先の地域で異なる。都市部に住んでいる大学生の場合は時給自体はやや下がってしまうということもあるだろう。

しかし、地方在住の大学生ではむしろリゾートバイトをした方が稼げるとも言える。

地方の最低賃金は700円代の地域が多い。リゾートバイトでは時給1,000円という求人も多数あるため地元でアルバイトするよりも少しリゾート地へ行った方が稼ぎやすい。

 

温泉旅行へ行って温泉に入る場合は合計で1万5,000円近くが必要になる。

しかし、温泉地でリゾートバイトをすれば無料で温泉に入れるだけでなく静かな観光地で過ごすことができる。交通費も規定に従って支給されるため旅行のような交通費がかかることもない。

つまり、温泉地でのリゾートバイトは温泉旅行をする内容と変わらないにも関わらず1万5,000円はお得になるといえるわけだ。

 

またスキー場でスノーボードをするために1泊する場合は合計で3万円近くかかってしまう。

しかし、スキー場でリゾートバイトをすると休みの日には無料リフト券をもらえる他、交通費は規定に従って支給される。また温泉があれば入れることもある。

つまり、スキー場でのリゾートバイトはスキー旅行と内容が変わらないにも関わらず3万円近くはお得になると言える。

 

つまり、普通のバイトをして温泉旅行へ行くよりもリゾートバイトをする方がお得であり、普通のアルバイトをしてスキー場へ行くよりもスキー場でリゾートバイトした方がお得になる。

 

そして上記で説明した『お得分(1万5,000円〜3万円)』+『節約した光熱費+食費(4万5,000円)』となる。

つまり、1ヶ月で6万円〜7万5,000円ほどお得になる。

そう考えると節約したい大学生やスノーボード好きには実は非常にお得なアルバイトだと言える。

 

最後に

リゾートバイトは確かにお得になる。上記の金額はあくまでもシュミレートであるため正確にいくらの金額が節約できいくらお得になるかは個々の状況やリゾートバイト先の雇用契約情報等によって異なる。

あくまでも参考にしてリゾートバイトはお得だということを覚えておいて欲しい。

 

以下の記事はリゾートバイトに関する記事である。リゾートバイトに興味がある人は参考に読んでみて欲しい。

 

コメント