大学生が『合宿』で免許を取る時の教習所の選び方

地方合宿免許の画像

自動車免許を取る方法は大きく分けて「合宿」「通い」の2種類がある。

今回は合宿で免許を取る人のために『合宿所の選び方』を紹介する。

ちなみに『通い』で免許を取りたい場合は以下の記事を参考にして欲しい。

 

スポンサーリンク

『合宿』の教習所の選び方

まずは安いかどうか

合宿の料金プランには「学生の○○割引!」「夏休み限定の○○円引き!」などがある。

しかし、これらのプランを利用しても元の値段が高い場合はたいしてお得ではない。

 

合宿で免許を取る最大のメリットは『費用が安いこと』『早く免許を取れること』だ。

自宅近くの教習所と比較して料金がいくら違うかを見て高いか安いかを判断すると良い。

値段の目安としては5万円以上安ければその合宿免許に通っても良いだろう。

言い換えば、合宿と通で5万円未満の差額ならばその合宿所は対してお得ではない。

 

コンビニやドラッグストアが近くにあるか

コンビニの画像

地方の合宿で免許を取る場合には『コンビニやドラッグストアが近隣にあるか』を確認して欲しい。

合宿生活中は一人または友人などとホテルなどに泊まり込みになる。

その際にやはりお腹が空いたり、喉が渇いたりすることや人によっては頭痛がしたりすることもある。

そういった時にホテルや合宿する教習所の近くにコンビニやドラッグストアがあると必要なものを揃えやすい。

特に徒歩圏内で行ける範囲にこれらの施設があることは絶対条件だと言える。

 

交通費の支給金額

新幹線の画像

合宿免許では一定金額まで交通費という名目で支給される。

その支給される交通費で現地までの旅費がまかなえるかを確認しよう。

例えば、東京から静岡の教習所に行く場合は新幹線で片道6,150円(往復12,300円)する。もし交通費支給額が往復で15,000円ならば交通費をこの支給金額でまかなうことができる。

交通費<支給金額

つまり、自分の住んでいるところから教習所までの交通費がこの合宿所が負担する交通費より少ない方が良い。

多い場合は残りの金額を自己負担となってしまうからだ。

 

泊まる部屋のタイプを確認する

個室部屋の画像

合宿に行く時に注意して欲しいことは『部屋タイプには「相部屋」「一人部屋」などが種類があること』だ。

「相部屋」ではその名の通り相部屋になる。独り部屋は独りということだ。

友人同士ならば相部屋でも良いだろうが、1人でいくなら独り部屋の方が楽な人もいるだろう。

意外と見落としがちなことなのでどんな部屋に泊まるかということも考えて欲しい。

シュミレーターよりも『高速教習』を行なった方が良い

高速教習の画像

できれば「シュミレーターで教習を行なう教習所」よりも「高速道路教習をしてくれる」教習所が良い

高速道路教習とは、実際に高速道路でスピードを出してその走り方を覚える教習のこと。

シュミレーターとは、実際に高速道路を走るのではなく、特殊な機械に乗って高速教習をシュミレートしたものを操作する。

シュミレーターの機械には実際にハンドルやアクセルも付いている。

わかりやすい例ではゲームセンターにあるレーシングゲームのようなものだ。

 

合宿所では高速教習ではなくシュミレーターで代用する教習所もある。

何故かというと地方の教習所によっては近くに高速道路がないため教習ができないからだ。

 

しかし、シュミレーターでの教習には問題がある。

シュミレーターでの問題はやはり実際に高速道路を走れないということ。

実際の高速道路の感覚はシュミレーターよりも自分が運転して覚える方が良い。

特に合流や車線変更、スピード感などは実際に運転してみないとわからないことが多いため、シュミレーターだけの教習をした場合は本当の高速道路に出る時に非常に恐怖心が高まるからだ。

私の友人も高速教習はシュミレーターだったらしく、高速道路に乗ることは不安があるらしい。

 

もし免許取得後に高速道路を使って旅行や遊びに行きたいと考えている大学生は「シュミレーター」よりも「実際に高速教習」をしてくれる教習所を選ぶと良い。

 

保証内容はあるか?期限はどれくらいか?

保証内容とは、技能教習や宿泊をいつまで保証してくれるかのことである。

保証されている期間はその内容が保証されている。

例えば、宿泊で言えば「卒業まで保証」や「教習を始めてから1ヶ月間保証」などがある。前者の場合は卒業までは宿は泊まることができるし、後者の場合は1ヶ月間を過ぎると宿は自分で予約しないといけない。

技能教習の場合はその保証期間を過ぎてしまうと追加料金などがかかってしまう。追加料金には目安として

  • 技能教習(約5,000円/1時限)
  • 終了検定(約4,000円/1回)
  • 卒業検定(約4,000円/1回)

ほどかかってしまう。

そのため合宿所を選ぶ時には『保証内容が卒業まで保証』になっている教習所を選ぶと良い。

 

 

コメント