大学生はAT限定とMT限定のどちらを取ると良いか

 

スポンサーリンク

大学生はAT限定とMT限定のどちらを取ると良い?

mt車のシフトギア

私は通常の生活だけを考えればAT限定で問題ないと思っている。これは自家用車ではAT車を利用している家庭が多いだろうと推測するためだ。

そのため運転する機会が自家用車だけならば大学生でもAT限定で問題はない。

 

しかし、一部企業での求人などでは「要普通免許 AT限定は不可」というものがある。

これは業務で運転する車がMT車であるためAT限定の免許では求人内容を満たせないというわけだ。

MT車の商用車

商用車ではAT車よりもコストの安いMT車を採用している企業もある。

つまり、運転を必要とする職業に就く予定があるならばMT車の方が良いだろう。

 

スポンサーリンク

MT限定とAT限定の違いは?

運転が楽なのは間違いなく「AT車」

運転が楽な車はAT車なのは間違いない。クラッチ操作がないためエンストをすることもなく、初心者でも簡単に運転することができる。現在は多くの車がAT車で家庭用の車ならばほぼAT車だと言って良いだろう。

AT車のギア

MT車はクラッチがあるため峠や高原等のドライブは楽しいだろう。これはAT車では味わえない感覚でMT車ならではといえる。最近は減っているが、古い車にはMT車が多い。車好きならMT車で免許を取ると良いだろう。

MT車のシフトギア

MT車は操作が複雑

 

スポンサーリンク

「AT車限定」からMT車の免許も取りたいなら「解除」する必要がある。その方法は再度教習所に通って講習を受けること

もしAT車限定の免許を取った後にMT車の免許を取りたいと思った時には「AT限定解除」の教習を受ける必要がある。

教習所

これは再度教習所に通い、約4時間分の講習を受けることでMT車にも乗れるようになる。

実際にはMT車の操作は慣れるまでに時間がかかるものが多く、卒業までに6時間〜10時間ほどかかってしまう人がほとんどだ。料金は6万円近く必要になる。

 

乗りたい車がMT車だった場合は再度教習所に通ってAT限定解除をすると良いだろう。

 

以下は免許に関する関連記事だ。これから免許を取ろうと考えている大学生は参考にして欲しい。

 

 

コメント