そろそろ東洋医学・代替療法・西洋民間療法にも健康保険を適用させるべき

世の中には「医学」と現代の時代に呼ばれているもの以外にも「東洋医学」や「代替療法」「民間療法」というものが存在します。

このところ思うのですが、現代医学の主流である「西洋医学」にはやはり欠点があるのではないかと思います。

西洋医学は「治らない」ということが最大の欠点だと思います。

しかし、頭痛や腹痛、花粉症等の慢性症はその時は良くなっても、またしばらくすると症状が出るということを見れば、「治している」というよりも「抑えている」という方が正しいのではないかと思います。

 

実際に「完治」という言葉があり「寛解」という言葉がありますが、西洋医学の場合は「寛解」が用いられるのではないかと思います。

寛解は、症状が出なくなるということで治ってはいないわけです。

私がこれを1番実感したのでは東京にある整体(カイロプラクティック)に行ったときに、背骨を触診してもらいました。

その時に過去の椎間板ヘルニアが治っていないと言われたことです。その整体師から整体方面の知識として「人は痛みが出ないように体自身が調整をしてくれる」という話を聞いたのですが、それを聞けば自分の体が確かに治っていなかったと頷けます。

そうはいっても椎間板ヘルニアになった時に、あれだけ整形外科に通ってよく分からない体操やストレッチをしたのに治っていないとは何なんでしょうか(笑)

私自身の体験をもって西洋医学は基本的には対処療法なのだと感じました。

 

これは西洋医学が要らないと言っているわけではありません。

今は普通の診察であれば保険で診てもらえますし、西洋医学も急性症や外科手術、抗生物質など強い分野があり、西洋医学は必要です。

しかし、慢性症や難病には手が出しにくい現実があるようで、実際に私も原因不明の症状が出た時には、西洋医学を捨てて代替療法に走るということになりました。

薬では治せない症状などがあるんですよね、人間には。以下の記事でも触れていますが、人間の体って一種の機械のようなもので、機械本体の不備を薬で何とかしようという考え方には限界が有るんだと思います。

参考:

かつてエジソンは将来の医術者は薬を使わずに人間の骨格構造や栄養、病気の予防や原因に対して注意を払うようになると言っていたようですが、これとは全く反対の方向に現代社会は突き進んでいます。

 

代替療法にも保険を効かせる方が良い

ここで思うことは、西洋医学だけでなく必要な代替療法や東洋医学にも保険を適用させた方が助かる国民が多いわけです。

代替療法の分野では、まず保険が効きません。そのため高額な治療費になり、これが払えないために治療(施術というべきか?)を出来ない人も多くいます。

慢性症患者や難病患者、不定愁訴を訴える人や精神的不調や様々な人が代替療法を受けていることを私は自分が受けるようになって初めて知りました。

ニートや引きこもりと言われる人の中には、こういった傷病によって働けない人も多いのではないかと思います。

体の状況は精神状態にも影響を与えますから、体が辛いと仕事も遊びも頑張れないという状況になるんですよ。

 

かつて国会では鍼灸などの保険適用について小泉内閣時代に議論があったようですが、それ以降こういった話は聞きません。

現在は、鍼灸でも一部の症状に対しては保険が利くようですが 、それでも適用症の範囲は非常に狭く6症状くらいだったと思います。

現在、代替療法の世界では保険が効かない、使えないというところが実情です。

日本で代替療法が保険として使えない理由に、民間資格という事が有ると思います。

アメリカではカイロプラクティックやオステオパシーは大学で習う学問で、カイロプラクティックの医師はD.Cと呼ばれているようです。

しかし、日本では大学ではなく民間の団体などで資格を取ります。このカイロプラクティックを教える団体も数多くあります。

日本ではまだ民間資格というところに保険が効かない理由が有るのだと思います。

 

現在の医療では、人が毎日薬を飲まないといけないという状況が発生します。

だから、「薬漬け」といった言葉が生まれてしまうんですね。

ちなみにですが、この記事によれば、大富豪の方は代替療法に走っているようです。つまり、庶民だけが薬漬けになり、製薬会社などの株を持っているような大富豪は薬を飲んでいないと。

参考:なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由

 つまり、薬を売る方は薬で治らないことを知っており、それがあたかも人を治す崇高な医療だという宣伝がされているということでしょう。

代替療法に保険を効かせることは難しい

一点、どんな東洋医学や代替療法に対して保険を利かせるかということについては、難しいと思います。

代替療法の中には効果が怪しい物もありますし、まずどうやって効果や効能を測るかという点も難しいでしょう。

私も数多くの代替療法は受けて来た人間ですが、代替療法は【原因と結果が結びつかないといけない】という特徴がありました。

それが上手くいかないとただの慰安になってしまいます。

こういった「原因と結果を診断する機関」が代替療法の世界には少なく、さらに自分で探していくことも非常に困難です。

 

また本当に東洋医学や代替療法を全ての人に保険適用させるかというと、保険料の問題も出てくると思います。

そこで必要な人だけ選択制で選ばせるような制度があれば良いと思います。

健康な人の場合は薬で抑えて、代替療法や東洋医学の世界に行くこともできるという制度です。

事故や事件をキッカケに薬が効かない状態になった場合はほとんどの人がジエンド状態になります。

これは上記で述べたように、保険が利かないため高額な施術費用が必要になること、さらに自分に適した施術を効果が出るまでの期間だけ受けないといけません。

交通事故などに多いのですが、現代医学では分からないため因果関係がハッキリとしないことから補償されない人もいるわけです。

そういう西洋医学では回復が見込めない人の場合は、代替療法が必要になることも事実なのです。

 

西洋医学で治らない人は東洋医学や代替療法を受ける際に「保険を適用させる」という制度は今後必要になると思います。

 

 

コメント