■《 Reluxに興味がある方が知っておきたい記事》
箱根

伊豆の海が見える『Relux』でおすすめの絶景温泉ホテル10選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

「Relux」で伊豆へ行くなら以下の宿はおすすめ

やはり伊豆と言えば「海」ですよね。

私も伊豆から見える海の景色や露天風呂、伊豆の海産物が好きでよく足を運んでいました。

私が実際に行った宿もあれば行っていない宿もありますが、Reluxに掲載されているホテルや旅館から伊豆の海が見られる宿をいくつか紹介します。

ATAMI 海峯楼

1日4組までしか宿泊できない隈研吾氏がデザインした宿。

上の画像はウォーターバルコニーで一部の宿泊客が夕食時にしか利用できないようになっています。

スイートルームの「誠波」は大きな窓が特徴で相模湾を一望できる他、専有の露天ジャグジーもあるため海を見ながらリラックスして過ごすことができます。

ATAMI 海峯楼をReluxで予約する

ATAMI せかいえ

ATAMI せかいえは熱海の伊豆山に位置する全室オーシャンビューの絶景ホテル。

特にオープンエアテラスは絶景で雄大な相模湾を眺めながらゆったりと過ごすことができます。

ATAMI せかいえをReluxで予約する

ふたり木もれ陽

「ふたり木もれ陽」は網代から伊東へ向かう国道沿いにある高級ホテル。

高台にあるためオーシャンフロントで初島や伊豆大島を望むこともできます。

注意点は建物が東〜南東に開けているためできるだけ東を向いている客室の方が海だけをキレイに見ることができます。

南東側の客室では森や道路が見えてしまうのでできれば東よりの客室を予約すると良いでしょう。

ホテル ふたり木もれ陽をReluxで予約する

風の薫

伊豆の伊東の国道を下田方面に走ると海岸沿いに見えるオーシャンフロントのホテルです。

もともとはリゾートマンションなどを改装したようで、本当に相模湾の目の前に佇んでいます。

客室には露天風呂が付いており、伊東や宇佐見方面また客室によっては初島方面を正面に見ることができます。

LUXURY和HOTEL 風の薫をReluxで予約する

月のうさぎ

海を望む伊豆の絶景といえば伊豆高原の高台にある「月のうさぎ」です。

目の前には伊豆大島と相模湾を望むことができ、朝早く起きれば海から昇ってくる朝日を見ることもできます。

また秋などの天気が良い日には月の光が海に映えるムーンロードを見ることもできる風情のある宿です。

客室は4種類ほどあるのですが、特に平屋である「良夜」が庭園が他の客室よりも広いため開放感がありおすすめです。

良夜の客室は1万円ほど他の客室よりも高額ですが、折角の旅行ならばこの客室をおすすめします。

絶景の離れの宿 月のうさぎをReluxで予約する

吉祥カレン

吉祥CARENは伊豆北川にある高級ホテル。

ちなみに伊豆北川は北川と書いて「ほっかわ」と読むので観光客によく間違えられるようです。(笑)

吉祥CARENは伊豆北川の国道沿いの高台にありますのでオーシャンフロントではなくオーシャンビューのホテルです。

客室からは絶景の相模湾の景色が見渡せるので朝日やムーンロードも見ることができます。

特に上の画像のような展望露天風呂付き客室は温泉に入りながら海を眺められるのでおすすめです。

吉祥CARENをReluxで予約する

浜の湯

浜の湯は伊豆稲取にある高級ホテルで特に料理が美味しいことでも評判が高い。

客室のほとんどに露天風呂が付いており、ホテルがオーシャンフロントなので温泉に入りながら海を眺めることもできます。

特に浜の湯は東向きに開けているので朝日やムーンロードなどを見ることもできることが特徴。

特に屋上にある大浴場の露天風呂が絶景で、客室に露天風呂が付いていても1回は入ってみることをおすすめします。

食べるお宿 浜の湯をReluxで予約する

稲取銀水荘 銀の栞

稲取銀水荘は稲取南部に位置する高級ホテル。

特別スイートの銀の栞には上の画像のような客室露天風呂が付いており伊豆の海を眺めることができます。

こちらは同じ稲取の浜の湯とは異なり、南向きに開けているため朝日を見ることは難しいですが、オーシャンフロントなので充分海を楽しむことはできます。

稲取銀水荘 銀の栞をReluxで予約する

ふたりとわに 縁

西伊豆の土肥にオープンした新旅館で客室には半露天風呂が付いています。

天気が良ければ富士山を望むこともできるほか、この地域は星もキレイに見ることができます。

西伊豆 ふたりとわに縁の予約はこちらから

いさば

いさばは西伊豆(正確には沼津市)の戸田の高台に位置するホテル。

ホテルの目の前には雄大な駿河湾の景色が広がります。

客室によっては窓の大きさが違うため、海の絶景を見たい方は上の画像の「藍の詩」の特別室紺碧の富士が良いかもしれません。

世界最大のカニである「タカアシガニ」が食べられるプランもあります。

海のほてる いさばをReluxで予約する

粋松亭

粋松亭は西伊豆の土肥にある高級旅館。

駿河湾のほぼ目の前にあるオーシャンフロントの旅館で西伊豆名物の夕陽がキレイに見えることも特徴です。

上の画像は特別客室の「やさしさに包まれて」という客室でもう1つ同じような間取りの客室に「ほほえんで見つめて」があります。

「ほほえんで見つめて」は上の「やさしさに包まれて」とは異なり、露天風呂が海側付いているため夕陽を見ながら温泉に浸かることも可能です。

煌びやかな内装をしているので家族向きというよりもカップルや夫婦向きの旅館です。

粋松亭の予約はこちらから

茜色の海 あるじ栖

比較的リーズナブルな価格で泊まれる西伊豆土肥のオーシャンフロントのホテルです。

目の前が小土肥海岸であり、夏は海水浴場としても賑わいます。

特に冬は駿河湾に沈む夕陽を眺めることができます。

客室に露天風呂が付いておりこの価格(一人2万円ほど)で泊まれるのでちょっとした旅行でも利用したいホテルです。

茜色の海 あるじ栖をReluxで予約する

松濤館

松濤館は沼津の内浦地区にある高級旅館で三津シーパラダイスのすぐ隣に位置しています。

富士山が淡島と山の間に望めることから人気が高く有名です。

私も実際に見たことがありますが、浜辺に建っているホテルというよりも海の上に経っているというようなホテルです。

一部の客室には露天風呂も付いているので富士山が好きな方はいつか訪れたい宿です。

松濤館をReluxで予約する

淡島ホテル

淡島ホテルは沼津から戸田へ向かう国道の最中にある小さな淡島にあるホテルです。

沼津の内浦へ向かう途中にあり、淡島へは船に乗って向かいます。

淡島ホテルは海の目の前で富士山が望めるほか、時期によっては夕陽、また夜には漁船の漁火を見ることもできます。

露天風呂からは駿河湾越しに富士山を眺めることもできます。

淡島ホテルをReluxで予約する

ちなみにReluxって何?

Reluxとは高級宿の宿泊予約サイトです。Reluxが独自の基準で選出して高級宿を紹介していますから、宿選びの失敗が少ないことが特徴です。

「じゃらん」や「楽天トラベル」だと高級ホテルから一般ホテル、民宿などが掲載されていますから高級宿を探す方にとっては探しにくいですからね。

またポイントも常時5%と高いだけでなく、クーポンなども頻繁に発行されます。

Reluxについては知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

関連記事:宿泊予約サイト『Relux』の基本を解説!高級宿の予約に必須のサイト!

Reluxについては初回¥5,000円OFFクーポンの紹介もしていますから、Reluxで予約を検討されている方は参考にして下さい。

関連記事:『Relux』の5,000円OFFクーポンコードを紹介!使い方も解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする