これから就活する大学生に。実際に私が持っていて役立った持ち物を紹介する。

スポンサーリンク

会社説明会・面接の両方で必要な持ち物

就活の面接画像

就活では持ち物をカバンの中に入れておこう!

大学生の就活では『持ち物』が必要になる。特に初めての就活であるため大学生はわからないことも多いだろう。

 

そこで今回は大学生の就活の時に必要なものを紹介する。

以下は会社説明会と面接の両方で必要になる持ち物である。

 

折りたたみ傘

これは社会人になったらカバンに入れておきたい持ち物だ。もちろん傘でも良いのだが、先方(相手の会社)に伺うので折りたたみ傘の方が見た目が良い。

特に都市部の天候は急変しやすい。東京も高層ビルが乱立することで風の通り道が変わり、ゲリラ豪雨が起こりやすくなっている。春先や夏に都市部で就活する学生は必ず入れておこう。

携帯用スマホ充電器

日本の至る所にwifiに接続できるようになっては来たが、充電に関してはまだまだ実施している所は少ない。

また就活中は企業のホームページやアクセス方法などを調べることも多いため、スマホ電力を消費しやすい。

そのためカバンにはスマホの充電器を入れておくことをおすすめする。

また緊急時の方法としてはカフェなどで電源を使える場所があるため、そこで充電する方法もある。

google マップアプリ、または会場地図のスクリーンショット

東京や大阪などの都市部では同じような住所に複数の雑居ビルが乱立していることもある。

そのため大体の位置がわかっても、目的地にたどり着けないということが多々ある。

実際に私の友人も就活中に会社説明会の会場に辿り着けなかったということもあった。

会社説明会および面接では会場となる場所の『把握』を適切に行なおう。

方法としてはgoogle mapが1番で、できれば3Dモードにして「目的地は何色のビルなのか」まで前日には把握しよう。

またネット上で地図を保存するよりもスクリーンショットを取っておくと、ネットが繋がらない時でも確認できる。

 

乗り換えアプリ

Google検索でも良し。googleの場合は「○○駅から○○駅まで」と入力または音声入力すると経路が表示される。

 

現金・交通系ICカード・クレジットカード

就活では交通料金やコンビニなどで多額のお金を使用する。PASMOやSuica、Icocaなどは就活前に多めにチャージしておくと良い。

またクレジットカードを持っておいても良い。クレジットカードならポイントを付けることもできるため、持っているならそっちの方が良いだろう。

 

筆記用具

会社説明会では特にボールペンを忘れないこと。これは会社説明会を兼ねてエントリーシートを提出する可能性があるためだ。

後は常識の範囲内で構わない。

手帳・メモ帳

会社説明会では今後の日程などを説明される可能性がある。特に面接へ進む場合はメモをしておこう。

またメモ帳は、会社説明会の際に疑問に思ったことを質問の時間に聞いてみることや面接の時に話す時に役立つ。

ちなみにメモ帳も手帳も社会人としては必須アイテムになる。就活中から持ち運ぶ癖を付けておくと良い。

 

スポンサーリンク

会社説明会で必要な持ち物

会社説明会では面接のように個人の名前と顔が一致した形で認識されることはない。

どちらかと言うと「企業の話(情報)」を聞けるか、また質問で聞き出せるかという観点がポイントになる。

整理ファイル

就活生は一日で複数の説明会に行くことも多い。各説明会では会社資料などを貰うが、多くの説明会に行けば行くほど貰う資料も膨大になる。

そのため各企業ごとに貰った資料を整理するファイルが必要になる。A4サイズが入るファイルが良い。

 

スポンサーリンク

面接での持ち物

会社説明会と面接の違いは【人(面接官)と対峙するか】ということである。

会社説明会では話を聞くことがメインになるが、面接では目の前にいる面接官と会話をすることや大学生が質問をすること、また質問をされることもある。

距離も近くなり、名前や所属する大学も認識されるため身だしなみなどにも清潔感を持たないといけない。

腕時計

今では腕時計を持たない学生も多いが、社会人としては特に老舗企業や昔からある企業、一般企業では必須である。

腕時計は大学生では普段しないため忘れやすいが必ず付ける癖を付けると良い。

 

履歴書や提出を求められている作品など

面接先の企業から履歴書や作品等の提出を求められている場合は提出が必要だ。クリアファイルなどに入れて持ち運ぶと良い。

また一日に複数の企業の面接を受けることもあるため、念のため複数枚の履歴書を入れておくことも必要になる。

 

汗拭きシート

特に梅雨や夏場の汗をかきやすい時期には必須のアイテム。カバンの中に入れておきたいが、なくなればコンビニで購入すると良いだろう。

 

保湿剤

特に冬や春先の乾燥する季節に役立つ。肌が乾燥しやすい人はもっておくと良い。

 

ガム・口臭キット

ガムや口臭キットはどちらかを持っておいた方が良い。特に小規模な企業ではグループ面接より1つの机で対峙して行なう形(面接官との距離が近い)も多いため口臭は無い方が良い。

見た目は悪いが、企業へ向かう電車の中でガムを噛んでおくことなど口臭を減らせる形を取るといい。

化粧直しの道具(女性の場合)

女性の場合は化粧を簡単に直せる道具を持ち歩くと良い。

また面接が連続する日は企業に面接の時間を調整してもらい、面接時間の間隔を空けておくと余裕ができて良いようだ。

 

持病や薬

持病がある人は就活に限らず持つようにしよう。頓服用の薬は忘れやすいため多めに持っておくこととカバンにもストックしておくと忘れにくくなる。

面接で緊張しやすい人等は胃腸薬なども役に立つ。必要な人は持っておこう。

 

 

コメント