私がよく聴いている夜におすすめのロマンチックなピアノジャズを紹介する

『すべての芸術は音楽に嫉妬する』とは、フリードリヒ・ニーチェの言葉である。

やはり音楽は素晴らしく、聴く者を感化させる。

今回は私がよく聴いている夜におすすめするロマンチックなピアノジャズを紹介する。

主にビージーアデールやビルエバンスだが。

スポンサーリンク

ビージーアデール(Beegie Adair)

ビージーアデールはアメリカのジャズピアニスト。

Here There and Everywere

これはビートルズの曲をカバーしたものだが、原曲よりも優雅な印象になっている。

Beegie Adair – My Piano Journey / 13 Here There and Everywere 2010

 

Autumn Leaves

有名な「枯葉」だが、ビージーアデールだとこれも少し印象が変わる。

Beegie Adair Trio – Autumn Leaves

 

I Can’t Make You Love Me

沁沁したい時に聴いて欲しい。また、カバーが多いため他の歌手の歌も聴いてみるといい。

Beegie Adair – Bonnie Raitt's I Can't Make You Love Me

 

in My Life

こちらもビートルズのものとは、全く変わったものになっている。

My Piano Romance – Beegie Adair / 4 in My Life

 

It Had To Be You

1924年に作られた歌。It Had To Be Youは日本訳では「(運命の人は)君だったんだ」となる。

It Had to be You

 

Misty

エロールガナー(ページ下部で紹介)の演奏とはやや違う。夜に聴いて欲しい。

Beegi Adair plays (Erroll Garner) Misty

 

Moments to Remember

元は1958年にリリースされたThe Four Lads’の歌らしい。

Beegie Adair -"Moments to Remember"-[Instrumental]

 

The Days of Wine and Roses

有名な「酒とバラの日々」。62年のアメリカ映画。オスカーピーターソンの演奏するものとは異なる。

Beegie Adair – The Days of Wine and Roses

 

When I Fall In Love

こちらも夜に聴いて欲しい。

Solo Piano / Beegie Adair – When I Fall In Love (Heyman, Young) – Quiet Romance 02

 

Because of You

Kelly Clarkson実話を元に作曲されたらしい。

Jazz Piano / Beegie Adair – Because of You (A.Hammerstein, D.Wilkinson)-Moments to Remember 02

 

The Nearness of You

夜のドライブなどでも良いかもしれない。

Beegie Adair . The Nearness of You / Portraits ArtWork . Artexpreso 2015

 

Embraceable You

1930年代の歌らしい。

Embraceable You – Beegie Adair

 

What a Difference a Day Makes

こちらは歌をジェイミーポール、ピアノをビージーアデール。

Jaimee Paul- What A Difference A Day Makes

 

Always On My Mind

エルヴィス・プレスリーが原曲。ピアノで弾くとまるで違う曲に聞こえる。

Beegie Adair Trio – Always On My Mind

 

As Time Goes By

こちらも夜に聴いて欲しい。

Beegie Adair – As Time Goes By

 

Over The Rainbow

『Over The Rainbow』は有名な曲。

Over The Rainbow – Beegie Adair Trio

 

Sweet Memories

こちら日本でもヒットした松田聖子の「Sweet Memories」。

Beegie adair – My Piano Journey / 15 Sweet Memories 2010

 

That Sunday That Summer

ナットキングコールが歌い、後に娘のナタリーコールがカバーしている曲。

Beegie Adair ~ That Sunday That Summer

 

My One and Only Love

「My One and Only Love」と言えば、ジョンコルトレーンとジョニーハートマンが有名だが、ビージーアデールのピアノも良い。

Jazz Piano / Beegie Adair – My One and Only Love

ちなみにオスカーピーターソンのMy one and only loveも良い。

Oscar Peterson – My One And Only Love

 

My Foolish Heart

ピアノではビルエバンスが有名だが、ビージーアデールも良い。

My Foolish Heart

 

こちらはビルエバンスのMy Foolish Heart。

Bill Evans-My Foolish Heart

 

A Time For Love

ビルエバンスのAloneに収録されている。

Solo Piano / Beegie Adair – A Time For Love (Mandel, Webster) – Quiet Romance 01

 

スポンサーリンク

以下はErrol GarnerやBill Evansなど

Errol Garner のMisty

エロルガーナーは飛行機の中でこの曲が浮かんできたらしい。

Erroll Garner plays Misty

 

以下はElla Fitzgeraldが歌う「Misty」。

Ella Fitzgerald – Misty

 

Laura

1944年?と昔の曲らしい。これについてはよく知らない。

Erroll Garner – Laura [Jazz 625]

 

スポンサーリンク

Bill Evans

Waltz For Debby

ビルエバンスといえば、『Waltz For Debby』。姪のデビーのために作ったと言われている。歌詞を聴くとぬいぐるみのクマさん、王子様、人形などが出てくることから、小さい子供(女子)から女性に成長する過程での変化が歌われている。きっと姪に書いた曲なのだろう。

Bill Evans – Waltz For Debby

 

Someday My Prince Will Come(いつか王子様が)

どこかで聴いたことがある人も多いのだろう。最近では若い人も知っている曲。

ビル・エバンス・トリオ いつか王子様が Evans Someday My Prince Will Come

 

My Romance

こちらもビルエバンスではおすすめな曲。

Bill Evans Trio at the Village Vanguard – My Romance

 

最後に

やはり音楽は素晴らしい。素晴らしい音楽が世の中に溢れれば世界ももう少し変わるはずだろう。

 

 

コメント