女子旅で行きたい箱根のおすすめエリアと女子旅で使いたいカジュアルな温泉旅館を②軒紹介します。

 

女子旅で行きたい箱根のイメージ画像

「女子旅で箱根へ行きたいな〜」
「箱根旅行でカジュアルに泊まれる宿はないかな〜」
と悩まれている方が女性の方がいると思います。

 

そこで箱根の女子旅おすすめエリアとカジュアルな宿を2軒紹介します。
(ガッツリ高級旅館に泊まりたい方はこちら→箱根の高級旅館)

 

 

スポンサーリンク

女子旅で行きたい箱根エリアの解説

まず簡単な箱根エリアの説明です。
箱根には大きく「湯本」「塔ノ沢」「宮の下」「仙石原」「強羅」「小涌谷」「芦ノ湖」「元箱根」とあります。

 

その中でもおすすめは「湯本」「強羅」「芦ノ湖」「仙石原」です。
このエリアは箱根の中でも見所があり、栄えている地域ですから女子旅でもおすすめです。

気軽にサクッと行くなら湯本

 

湯本は新宿や東京からの交通アクセスも良く、サラッと女子旅をするには最適な場所です。
周辺を流れる須雲川と早川の景色がまた箱根らしい風情を感じさせます。

 

温泉目当てで訪れるならこの場所が良いかもしれませんが、観光地が少ないので旅行としては物足りないかもしれません。

 

箱根でゆっくりするなら強羅

女子旅で行きたい強羅のイメージ画像

強羅エリアは紅葉の綺麗な箱根美術館や強羅公園など見所が多くあります。
元々は別荘地であり、ケーブルカーが通っているため移動も楽ですから鉄道でもアクセスしやすいです。

 

強羅は高級旅館が多いため少し良い旅館に泊まりたい時に向いています。
女子旅だけではなくプライベートでの旅行もおすすめです。

 

ガッツリ自然を目当に行くなら芦ノ湖

箱根芦ノ湖から見える富士山

ガッツリ自然を目的にするなら芦ノ湖エリアがおすすめです。
芦ノ湖遊覧船や富士山と鳥居の見れる逆さ富士、成川美術館など見所が満載です。

 

箱根神社

また有名な箱根神社もあります。
ここはかつては鎌倉時代に源頼朝が何度も参詣したことで有名な歴史の深い神社です。

 

芦ノ湖エリアは鉄道だけでのアクセスが難しいので、可能ならば乗用車などで行かれると便利です。

 

美術館なら仙石原

仙石原のすすき野原

箱根の仙石原は開けており開放感のある温泉地です。
ススキ野原と箱根外輪山が見える自然の多い場所です。

 

ここの近くには「ガラスの森美術館」「ラリック美術館」「ポーラ美術館」「星の王子様ミュージアム」と観光に最適な施設が豊富にあります。

 

 

スポンサーリンク

箱根女子旅向けの旅館

女子旅向けの箱根の旅館を複数ピックアップしてみました。
宿選びの参考にどうそ。

箱根 はなをり(北芦ノ湖エリア)

インスタ映えする水中に入ったようなデザインで有名な旅館です。
ここは比較的カジュアルな値段で泊まれることからも若い人に人気の高い宿です。

 

画像では芦ノ湖が見えますが、ここは芦ノ湖の北部の箱根ロープウェイの桃源台駅付近にあります。
芦ノ湖というと箱根神社や成川美術館のある元箱根をイメージしますが、ここは姥子温泉エリアに近いので気をつけましょう。

 

箱根の最奥エリアでもあるので、アクセスは箱根ロープウェイ*かバス、乗用車が良いでしょう。
(*大涌谷の火山活動の影響を受けますので注意して下さい)

 

客室は山側や湖畔側、露天風呂付き客室など様々で、このあたりはそれぞれの好みがあるでしょう。
また食事はブッフェスタイルになることも自分で選べるので女性には嬉しいかもしれません。

 

⇒ Reluxで宿の詳細を確認する

 

箱根風雅(仙石原エリア)

箱根仙石原エリアの別荘地にある「大人の時間(とき)を愉しむ宿」をコンセプトにした宿。
高級旅館と比較してリーズナブルな価格で宿泊できることも魅力です。

 

客室は洋室ツインルームや和洋室など種類が豊富です。
一部露天風呂付きの客室もあり、女子旅をちょっと贅沢に過ごすこともできます。

 

⇒ Reluxで宿の詳細を確認する

 

スポンサーリンク

女子旅で箱根の高級旅館へ行きたい場合

もし女子旅で良い宿に行きたい方には箱根の高級旅館もおすすめです。
箱根には自家源泉掛け流しの露天風呂付き客室のある旅館やかつて「伊藤博文」や「夏目漱石」など著名人が宿泊された歴史の深い宿もあります。

 

こういった旅館で女子旅を過ごしたい方もいるでしょうから、用途に合わせて選ばれることをおすすめします。
以下のリンク先では箱根のおすすめの高級旅館を紹介しています。

⇒ 【箱根のおすすめ高級旅館14選!】いつかは泊まりたい宿を紹介

 

またこちらでは箱根の部屋食プランのある旅館を紹介しています。

箱根の部屋食プランのある旅館

 

旅行
スポンサーリンク
kei--keiをフォローする
慶太ブログ

コメント